ダイエット料理レシピ−太らない外食の食べ方とお酒の飲み方:宴会・ビール

料理の種類から探せます こんな時はこんなもの食べたい! ダイエット、栄養情報が満載! マロンと一緒に食べ歩き お得な情報が満載です! マロンの掲示板
ダイエット料理レシピ集
ダイエットページ > 4.食べ方でカロリーダウン


>>宴会・外食での食べ方へ

ワインの効用は?

ポリフェノールの多いワインの選び方は?

赤ワインに肥満抑制効果があるって本当?

食事中にワインを飲んでもいいの?





赤ワインは室温で飲もう

白ワインの特徴は?

白ワインは冷やして飲もう

シャンパン、スパークリングワインの効用は?

ビール酵母って何?

ビール酵母には強い消臭効果があるって本当?

ビールにビール酵母の効用はあるの?

ビールの効用って?

ビールは体を冷やす?

太りにくいビールの飲み方は?

ビールを飲むとトイレに行きたくなるのは何故?

ビールはたくさん飲めるので注意?

生ビールとラガービールの違いは?

日本酒を飲むなら冷やより熱かん

甘いカクテルに用心

カクテルより焼酎を飲もう

水割りの太りにくい飲み方は?

中華料理ならビールより紹興酒

食前酒の選び方は?

アルコールで胃を元気にして冷え性対策?

お酒をすすめられて困る

飲酒後ラーメンを食べたくなるのは何故?

二日酔いには2種類ある?

アルコール残存型に有効な二日酔い対策は?

脳むくみ型に有効な二日酔い対策は?

女性の方がアルコール依存症になりやすいって本当?

妊娠中、授乳中は絶対飲まない

おつまみの選び方は?

おつまみはよく噛んで食べる?

おつまみには良質のたんぱく質

おつまみにはビタミンB1とB2を摂ろう

塩っ辛いおつまみは避けた方がいい?

ナイアシンで二日酔い防止?

お酒のおつまみにナッツを食べちゃだめ?

アルコールはエンプティーカロリーなのに何故太る?

では、お酒だけ飲んでりゃ太らない?

アルコールと油の組み合わせは太る?

脂肪の合成を進める酵素リポ蛋白リパーゼ(LPL)とは?

>>お酒&おつまみへ

夜は宴会だから昼食は抜いた方がいい?

宴会では黙々と食べない

宴会では笑ってカロリーを消費しよう

宴会のカラオケソングで消費するカロリーは?

和食なら、味噌汁付きの定食を注文する

和食なら、白米より玄米や雑穀米を食べよう

おにぎりは、海苔が多いものを選ぼう

回転寿司での食べ方は?

丼ものを食べるときの注意は?

牛丼で気をつけることは?

うなぎ丼よりあなご丼にしよう

外食を鍋料理にするメリットは?

すき焼きは注意

うどんよりそばを選ぼう

中華料理での注意点は?

中華料理はテーブルに置かれているお酢を利用する

中華料理はニンニクの入った料理を選ぶ

四川料理など唐辛子のきいた料理を注文する

飲み物はウーロン茶を注文しよう

中華のデザートにゴマ団子を選ばない

イタリアンの注意点は?

前菜のバーニャカウダはちょっと油が…

バルサミコ酢を使った料理を注文する

パスタはトマトソース系を選ぼう

ペペロンチーノがシンプルでいい?

焼肉の食べ方は?

焼き肉を食べると幸福感があるって本当?

焼き鳥の食べ方は?

焼き鳥のつくねが大好き

ラーメンの注意点は?

お好み焼きは野菜たっぷりヘルシー?

居酒屋では唐揚げに添えられたレモンを使おう

居酒屋における揚げ物料理の注意点は?

居酒屋では貝汁を注文しよう

コースの最後はホットコーヒーを飲もう

デザートはフルーツやゼラチンを選ぶ

コンビニのサンドイッチの注意点は?

おせち料理の食べ方は?

おせち料理の餅の食べ方は?

年越し蕎麦の食べ方は?


ワインの効用は?

ワインはブドウに含まれている成分がほとんどワインに取り込まれているので、多くのビタミン、ミネラル、ポリフェノールが含まれています。 抗酸化作用
ワインポリフェノールの強力な抗酸化作用は、動脈硬化やガンの予防になるといわれています。

アルツハイマーや認知症予防
ワインの中には数多くのミネラルが含まれていますが、特にマグネシウム、カリウムが多く含まれています。マグネシウムは脳細胞の活性化に役立ち、アルツハイマーや認知症の予防効果が期待されています。

高血圧予防
カリウムも多く含まれていることから、高血圧に対しての予防効果も期待されています。

新陳代謝が活発
カリウムの利尿作用により、新陳代謝も活発になります。

加熱に強い
アルコールが苦手でワインが飲めない人は、料理に使いましょう。ポリフェノールは熱に強く、加熱しても壊れません。

カロリー
赤ワインのカロリー100mlが73kcal。白ワインのカロリー100mlが75kcal。

ポリフェノールの多いワインの選び方は?

ワインポリフェノールの種類
赤ワインの中には、渋みであるタンニン、赤色色素であるアントシアニン、味覚成分であるカテキン、フラボノイドなど多種類のポリフェノールが含まれている。

ヴィンテージの古いもの
製造年の古いものの方が、ポリフェノール含量が高い。シャトーポンテカネ 90 やマーカムカベルネ 83、バローロ 82 が多く含まれています。

カベルネソーヴィニヨン
ブドウ品種では、ボジョレ−をつくるガメイ種よりは、カベルネソーヴィニヨンの方がポリフェノール含量が高い。

フルボディー
色が濃く、渋みの強い「フルボディー」と呼ばれるワインほど、ポリフェノール量は多いとされる。

赤ワインに肥満抑制効果があるって本当?

日本肥満学会
赤ワインに肥満抑制に関係する働きがあることが日本肥満学会で発表されました。この働きは、大分大学医学部の島田、吉松研究室、三和酒類の共同研究で分かりました。

褐色脂肪組織を活発に
この報告では、マウスを使った実験を実施し、赤ワインが脂肪を代謝して熱を発生させる褐色脂肪組織(BAT)を活発にし、細胞内の脂肪の粒を小さくすることを初めて明らかにしました。

食事中にワインを飲んでもいいの?

動物性脂肪吸収抑制
赤ワインにはポリフェノールが多く含まれているので、動物性脂肪分が腸で吸収されるのを防ぐと言われています。ほどほどであれば飲んでも大丈夫。

チーズ、肉料理にワイン
肉、バター、チーズ料理には赤ワインをたしなみましょう。

炭酸ガス
炭酸ガス入りのミネラルウォーターと交互に飲むと満腹感を得やすい。

赤ワインは室温で飲もう

赤ワインは辛口
赤ワインのほとんどが辛口です。白ワインよりもタンニンを多く含み、渋みや酸味がある。冷やすと苦味が増すので、冷やさない方がよいとされる。

ボジョレー・ヌーボー
しかし、赤ワインでも軽いタイプのものは、13度前後に冷やすと、飲みやすくなります。一般的に肉料理に合うとされる。

白ワインの特徴は?

高血圧予防
白ワインに多く含まれるカリウムは、体内の余分な塩分を排泄して血圧を下げる効果がある。

利尿作用で新陳代謝アップ
またカリウムの利尿作用により、新陳代謝を活発にし、肥満防止になる。

骨そしょう症の予防
カルシウムマグネシウムが同程度含まれています。ミネラルバランスが良いので、カルシウムが効率良く吸収され、骨そしょう症の予防になる。

大腸がん予防
酒石酸(しゅうせきさん)、リンゴ酸など有機酸を多く含みます。有機酸は悪玉菌の増殖を抑制し、ビフィズス菌を増やして、腸内細菌のバランスが良くなります。

抗菌作用
食中毒予防白ワインは、大腸菌、サルモネラなどに対する抗菌力が高い。

ポリフェノールは赤ワインより少ない
白ワインでは、ポリフェノールの含有量は赤ワインの約10分の1しかなく、ロゼでは半分くらいです。白ワインでは、ブドウの果皮と種を使いません。ポリフェノールの量はブドウの種に最も多く、全体の65〜70%、果皮は25〜35%、果肉には2〜5%と少ないため、赤ワインに比べて少なくなります。

白ワインのカロリー
100mlが75kcal。

白ワインは冷やして飲もう

白ワインは、5〜8℃程度に冷やした方が適温。一般的に魚料理に合うとされる。サルモネラ菌と大腸菌に対する抗菌効果は白ワインが高いとされます。魚など生ものを食べるときに白ワインというのは、味覚だけでなく理にかなっている。

シャンパン、スパークリングワインの効用は?

カロリー
シャンパンのカロリーは、 ワインに準じます。甘口になるにつれ、カロリーが少しアップします。シャンパン100mlが73kcal。

二日酔いしにくい
他のアルコールよりカロリーはひかえめで、二日酔いしにくい。

満腹効果
炭酸が入っているので、満腹効果で食べ過ぎ、飲みすぎをセーブします。

血行促進
炭酸ガスには血行促進、疲労回復の効果もあるといわれています。

ストレス解消
スッキリとした爽快感があるので、ダイエット中のストレスを緩和。

便秘に
胃の中で炭酸ガスが発生すると、脳は消化が始まったと勘違いし、腸が活発にぜん動運動を始める。

食前酒
油っこい料理の食前酒に向いています。シャンパンに含まれている炭酸が、アルコールの吸収を促進。胃のぜん動運動を活発にして体熱がアップするからです。詳しい情報は食前酒の選び方は?(おもいっきりいいテレビ)

ビール酵母って何?

ビールは、麦汁(小麦や大麦を分解した液体)を発酵させて作りますが、その発酵のために使われるのがビール酵母。微生物が栄養を体内にとり込んで、増殖しながら糖を分解し、炭酸ガスとアルコールを作ります。発酵直後には麦汁の栄養分がたっぷり含まれている。ビール酵母にはタンパク質食物繊維、ビタミンB群、ミネラル、核酸などが豊富に含まれています。中でもタンパク質には必須アミノ酸全てが含まれています。

疲労回復
疲労回復や免疫力の向上、血圧降下などの効果がある。

老化防止
また、有効成分、グルタチオンには抗酸化作用があり、老化防止に効果があるとされている。

膨らむダイエット
食物繊維が豊富に含まれているため、お腹の中で膨らむとしてダイエット食品としても用いられている。

豊富なアミノ酸
50パーセントがアミノ酸、30パーセントが食物繊維です。残り20パーセントに多くのビタミン、ミネラルなどが含有されている。

注意
ビール酵母には細胞新生の材料となる核酸も多く含まれます。核酸にはプリン体が含有されるため、痛風の方はご注意。

ビール酵母には強い消臭効果があるって本当?

強い消臭効果
ビール酵母には強い消臭効果があるといわれています。酵母がにんにくなど強力な臭気分子を吸着し、臭いを抱き込んで体内で分解し、同時に腸内の消化酵素を活性化させ、口臭や体臭さえも弱めるという。

ビールにビール酵母の効用はあるの?

一般的なビールにはない
一般的なビールは、ろ過したうわずみを使用。沈殿したビール酵母は取り除くため、ビール酵母の効用は期待できません。

ビール酵母入りのビールもある
ただし最近では地ビールなど、無濾過で熱処理していない生きたビール酵母入りのビールも出回っている。

ビールの効用って?

骨密度減少を抑制
ラットによる実験ですが、北海道大学において、ビールの骨密度減少抑制作用に関する研究が報告されました。ホップに含まれるフィストロゲンという成分が、大豆に含まれているイソフラボン同様に、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするというもの。

美肌作りに役立つビタミンB群
他の酒類と比べると、ビールにはビタミンB群、ナイアシンが多く含まれ、肌を健康に保ちます。特にビタミンB2は、脂肪を燃焼させてエネルギーに変えるのに役立ちます。

便秘の解消
ビール酵母は便秘の解消にも役立ちます。

利尿作用
ビールの約90%が水分で、浸透圧が人間の体液に近いため、利尿作用がある。尿路結石の排出には有効。ただし、飲みすぎは危険。

胃の働きを活発に
ビールに含まれている炭酸ガスは、胃壁を刺激して胃液の分泌を促し、胃の働きを活発にさせる作用がある。

食欲増進効果
炭酸ガスによって胃の働きが活発になる。またホップ独特の苦味も消化を助け、食欲増進効果がある。さらに殺菌作用もある。

ビールのカロリー
ビールは、大びん(633ml)1本当たり230〜250キロカロリーの熱量があります。

痛風
痛風は尿酸値が高くなる病気。ビールは尿酸の原料となるプリン体が多いので、痛風の方はご注意。

ビールは体を冷やす?

ビールは体を冷やす陰性の働きが強いので、冷え性の方は、ビールの飲みすぎに注意しましょう。

太りにくいビールの飲み方は?

ビールを飲むときは、合間に発泡水(スパークリングウォーター)を飲みましょう。炭酸で飲み過ぎを防ぐことができます。レモンを入れれば、クエン酸がビールの分解も促してくれます。なければウーロン茶でもお水でもOK!

ビールを飲むとトイレに行きたくなるのは何故?

抗利尿ホルモンの抑制と大量の水分
アルコールを飲むと、脳下垂体で作られる抗利尿ホルモン(尿の出を妨げるホルモン)の分泌が抑えられます。そのため、ビールを飲み始めて1、2時間はしきりに尿意を催します。その上、ビールには大量の水分が含まれているため、短時間で多量の尿が排泄されます。

カリウムで老廃物の排出
さらに、ビールに含まれているカリウムの利尿作用によっても尿意を催します。新陳代謝が活発になって、体内の老廃物を排出します。

ビールはたくさん飲めるので注意?

アルコールを含んだ水は、胃壁でも腸でも吸収されます。さらに、アルコールに炭酸ガスや糖分が入っているものは一層吸収が早くなるので、ビールはどんどん体に吸収されます。その上、利尿作用の働きで飲むそばから出すことになるので、かなりの量が飲めることになります。ビールの飲みすぎには注意しましょう。

生ビールとラガービールの違いは?

できたばかりで、殺菌をしていないものが生ビール。これをビンや缶につめた後、低温殺菌を行ったものがラガービール。

黒ビール
淡色のビールよりも、黒色(焙煎した麦を使用)の方が、ビタミンB群やミネラルの量が若干多く含まれている。

色の違いはメラノイジンとカラメル
麦芽を乾燥、焙煎するとき、アミノ酸と糖分が反応して、ビールの色と香気のもとになる「メラノイジン」という褐色色素が発生します。メラノイジンが多いほどビールの色は濃くなります。高温で麦芽を焙煎すると、カラメル反応が起きて香ばしい焙煎香が生じる。香気成分の含有も増え、色の濃いビールほど、香りが強く複雑になる。

日本酒を飲むなら冷やより熱かん

冷やより、熱燗を選びましょう。体温が上昇してエネルギー代謝が活発になります。また、酔いも早くなるので酒量も抑えられます。

ひれ酒を飲もう
ふぐひれ酒などは、80℃以上と、とても熱い熱燗なので特に体を温めてくれます。

日本酒は体を温める食品
日本酒はお米から造られるので、体を温める食品です。水分も約86%と、ビールの93%よりもずっと少なめ。
冷やを飲む場合
冷たいお酒を飲むときは、温かいお茶などと交互に飲んで、体を冷やさないようにしましょう。

ちびりちびりとゆっくり飲む
お酒は一気飲むと、飲む量も知らない間に増えてしまうので、ゆっくり飲みましょう。

飲み過ぎに注意
飲みすぎないようにしましょう。アルコールの作用で放熱が増えると、体温を下げてしまいます。

甘いカクテルに用心

カクテルは甘くて口当たりがよい分、糖分を摂取しすぎる可能性があります。できるだけ柑橘系のフルーツをふんだんに使ったものを選びましょう。

カクテルより焼酎を飲もう

甘いお酒はカロリーが高いので避けましょう。焼酎など蒸留酒にすればカロリーをダウンできます。蒸留酒はブランデー、ウイスキー、焼酎など。

蒸留酒とは
蒸留酒とは、醸造酒を蒸留器に入れて加熱・蒸留し、アルコール分を高くしたもの。ウイスキー、ブランデー、焼酎などが代表的なものです。

フルーツ系酎ハイは高カロリー
焼酎自体は低カロリーですが、フルーツ系酎ハイとなると、添加された糖分で、かなり高カロリーになります。

水割りの太りにくい飲み方は?

ウィスキーなど、水で割る飲み物は、量が減ったらアルコールを足すのではなく、お水か炭酸水を注ぎましょう。

中華料理ならビールより紹興酒

紹興酒は体を温める
紹興酒(しょうこうしゅ)は体を温める作用があります。18種類のアミノ酸を豊富に含み、その量は中国黒酢を上回るといいます。動物性脂肪を分解する酵素も入っているので、代謝アップに役立ちます。ざらめを入れずに、少しずつ、中国茶と交互に飲みましょう。

食前酒の選び方は?(おもいっきりいいテレビ)

食前酒で胃を元気にして体熱アップ
胃は消化以外に、体の熱を作る働きをします。食前酒を飲むことで、胃のぜん動運動が高まり、体熱が作られやすくなります。食べ物に合わせた食前酒を選ぶことで、よりスムーズに消化が行われ、冷え性予防になります。
おもいっきりいいテレビ2008年1月17日放送より
詳しい情報はアルコールで胃を元気にして冷え性対策?

肉料理にはワイン
ワインはアルコール度数が高いので、特に消化しにくい肉料理の消化促進に向いている。さらに、ワインに含まれているポリフェノールには、コレステロールを下げる働きがある。

油っこい料理にはシャンパン
シャンパンに含まれている炭酸が、アルコールの吸収を促進させるので、油っこい料理にはオススメ。少量でよい。 魚料理には梅酒
魚料理には梅酒が合います。
ビールはどの料理にも合う万能の食前酒
ビールは、ホップとアルコールの相乗効果でさらに消化を良くし、体を温める。 特に冷えが気になる人には薬酒がおすすめ
ハーブや生薬をアルコールで抽出した薬種を食前酒として飲む。健康に役立ち、消化吸収をスムーズにする。

※それぞれおすすめ量は、ショットグラス1杯。

アルコールで胃を元気にして冷え性対策?

食前酒を料理に合わせて選ぶ
食前に「アルコール」を吸収させることで、「ぜん動運動」が高まり、消化の時に胃が広がり、スムーズに栄養が吸収され熱が作られやすくなります。食べ物に合わせた食前酒を選ぶことで、よりスムーズに消化が行われ、冷え性予防になります。
おもいっきりいいテレビ2008年1月17日放送より

お酒が苦手な人は?
お酒が苦手な人は、「炭酸入りのミネラルウォーター」がおすすめ。炭酸ガスが、胃を刺激。胃を広げて消化の準備を始めます。味付きの炭酸飲料よりも、炭酸水の方がよい。

胃の働き
胃は消化以外に、体の熱を作る場所でもある。

胃の動きや形が悪いと?
食べたものが溜まりやすく、なかなかスムーズに出て行かないため、体熱を作りにくい。

胃の形
牛角胃は普通の胃の形状。消化がスムーズに行われ、体熱を作るエネルギーが多い。

鉤状胃(こうじょうい)は胃の底部が折れて物が溜まりやすい形状。食べ物が溜まりやすく、消化不足で体熱を作るエネルギーが不足する。(日本人女性に多い形で、年末年始で胃が疲れると、鉤状胃に一層なりやすく、冷え性を助長してしまう。)

アルコールを飲むと?
胃にアルコールが吸収されると、胃のぜん動運動が高まり、消化の時に胃が広がる。食べたものがスムーズに送り出され、体熱が作られやすくなる。

食べ物に合わせた食前酒を飲むと?
食べ物に合わせた食前酒を選ぶことで、よりスムーズに効果的に消化が行なわれる。

食前酒の選び方は?
詳しい情報は食前酒の選び方は?

肉料理にはワイン

魚料理には梅酒

油っこい料理にはシャンパン ビールはどの料理にも合う万能の食前酒

特に冷えが気になる人には薬酒がおすすめ

お酒をすすめられて困る

お酒をすすめられるとなかなか断られないもので、ついつい飲みすぎてしまいます。つぎにくく感じるように、グラスは空にしないで、いつも満たしておきましょう。ストレートのアルコール類は避け、たっぷりの水で割ったものや、大きな氷を浮かべておきましょう。

飲酒後ラーメンを食べたくなるのは何故?

炭水化物
アルコールを飲むと、お腹いっぱい食べたはずなのに、しめに、ラーメンやお茶漬けなどの炭水化物が食べたくなります。詳しくは飲酒後、ラーメンを食べたくなるのは何故?をご覧下さい。

二日酔いには2種類ある?

アルコール残存型
二日酔いには2種類あります。ひとつはまだお酒が残っているケース。アルコールを分解した有毒なアセトアルデヒドも体内に残っており、頭痛やだるさの原因になります。(ためしてガッテンより)

脳むくみ型
もうひとつはお酒は残っていないのに頭痛がするケース。アルコールの浸透作用によって体内にあふれだした水分で脳がむくみ、頭蓋骨が圧迫されて頭痛がおこるのです。

アルコール残存型に有効な二日酔い対策は?

アセトアルデヒドの濃度を薄めるために水分の補給が有効。残っているアルコールを分解するためにはとにかく寝ることです。お風呂や運動は危険です。(ためしてガッテンより)

1水を飲む
2寝る

アルコール残存型に効く食品
アルコールやアセトアルデヒドの分解を促進する「果糖」や「システイン」を含む食べ物が有効です。おつまみにもおすすめ。

おすすめ一位グレープフルーツ(果糖)
おすすめ二位卵焼き(システイン)
おすすめ三位ごま(セサミン)、(果糖)

脳むくみ型に有効な二日酔い対策は?

余分な水分を体外に追い出すには。お風呂や運動が効果的です。また、お茶やコーヒーなどの利尿作用がある飲み物もおすすめです。(ためしてガッテンより)

脳むくみ型に効く食品
利尿作用のある飲料や、有害物質の「ケトン体」を代謝する「クエン酸」を含む食品が効果的です。

コーヒー(利尿作用)
お茶(利尿作用)
梅干(クエン酸)

女性の方がアルコール依存症になりやすいって本当?

一般的に女性は男性に比べて、肝臓が小さく、体重も少なく、酵素活性も弱いので、アルコールの吸収・代謝が遅い。さらに、女性ホルモンがアルコールの代謝を抑制するので、男性よりも少量のアルコールで、また短期間でアルコール依存症や肝障害になる危険性があります。

男性の半分の年数
例えば、男性の場合アルコール性肝硬変は3合以上を15年飲み続けるとなるといわれていますが、女性はこの半分の年数でアルコール性肝硬変になるといわれています。

妊娠中、授乳中は絶対飲まない

妊娠中
妊娠中の女性がお酒を飲むと、胎盤を通じてアルコールが体内の赤ちゃんに入り、胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。胎児性アルコール症候群(FAS)という病気が発症すると、胎児の出生前後の低体重、中枢神経系の障害(発達遅滞、知能障害)、頭部、顔面奇形などの先天性の奇形や障害が現れることがあります。

早産や流産
また、妊婦がお酒を飲むことで、早産や流産、分娩異常の原因になることもわかっています。

授乳中
また、授乳中も飲酒は控えるべきです。母乳を通じてアルコールが赤ちゃんに入ります。

おつまみの選び方は?

揚げ物よりは焼き物、煮物よりは蒸し物、醤油味より塩味、中華や洋食より和食を選びましょう。

酢の物
酢の物などの酸味のあるものや和え物。枝豆、豆腐きのこ、海草、野菜、魚がおすすめです。

おつまみはよく噛んで食べる?

よく噛んで満腹感
よく噛むと、脳内ヒスタミンが満腹中枢を刺激して食欲を抑制。満腹感が得られます。

ヒスタミンは内臓脂肪の分解
ヒスタミンは、交感神経を活発にして、体内の脂肪、特に内臓脂肪の分解を促します。

野菜スティック
柔らかいものばかり食べないで、野菜スティックなど噛み応えのある野菜を先に食べましょう。食べ過ぎを防止します。

おつまみには良質のたんぱく質

良質なたんぱく質は、アルコールの吸収度を穏やかにします。ささみやレバー、枝豆豆腐など。

おつまみといえば枝豆
枝豆は、アルコールの分解を促したり、アルコールによって傷つけられた胃粘膜の再生を早めたり、血流をよくするアミノ酸も多く含まれています。コレステロールを低下させる食物繊維も大変多い。大豆にはない、ビタミンCも摂取できます。

動物性たんぱく質の注意
肉や乳製品は、たんぱく質は豊富ですが、動物性脂肪が多く、肝臓の負担になります。ヒレやササミなど脂肪の少ないものを選びましょう。

解毒作用を高めるタウリン
牡蠣やエビ、アサリタコイカふぐなどの魚介類は、低脂肪で高たんぱく質。タウリンも豊富に含まれています。タウリンは、胆汁酸の分泌を促し、肝臓の解毒作用を助けたり、肝細胞の再生を高める働きがあります。 お刺身
タコイカは、最初にお刺身など、生の状態で食べるとさらに効果的です。

牡蠣がおすすめ
牡蠣は、たんぱく質やタウリンの他にも、肝臓の栄養源であるグリコーゲンが豊富。アルコール分解酵素の働きを助ける亜鉛も多く含んでいるので、おすすめです。

DIT反応
たんぱく質を食べると、DIT反応が高くなり、基礎代謝を上げる効果もあります。

おつまみにはビタミンB1とB2を摂ろう

ビタミンB1はアルコールなどの糖質を、ビタミンB2は脂肪を代謝します。豚肉やレバー、鮭に豊富に含まれます。豆類もビタミンB1が豊富なので、アルコールの糖分の代謝を助けてくれます。ビタミンB群は悪酔いも防ぎます。

アルコールを飲むとビタミンを大量消費する
逆に言えば、アルコールを分解するときに、大量のビタミン類を消費するということです。ビタミンBlB2Cカルシウムマグネシウム、カリウムなどを体内から排出します。

ビタミンB2で脂肪肝予防
肝臓でアルコールが分解され、エネルギーとなる時に、脂肪の分解を邪魔するため、脂肪酸が貯まりやすくなります。ビタミンB2をしっかり摂りましょう。

塩っ辛いおつまみは避けた方がいい?

塩っ辛いおつまみはのどが乾くので、自然とアルコールの量も増えていきます。また塩分の摂りすぎは体の浸透圧にも影響を与え、水分の排出機能が低下し、むくみを引き起こします。醤油味より塩味。さらには酢の物などの酸味を選ぶようしましょう。

ナイアシンと亜鉛で二日酔い防止?

ナイアシンビタミンB群のナイアシンは、アルコールや二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの発生量を減らす働きがあります。ナイアシンが多く含まれている食品には、鶏ササミやレバーマグロブリイワシサンマふぐなどがあります。

亜鉛も摂ろう!
亜鉛は、肝臓で働いている多くの酵素の働きに必要です。アルコールの分解に必要な脱水酵素や、抗酸化作用が強く、脂質の酸化を抑える抗酸化酵素(SOD、スーパーオキシドジスムターゼ)の作用を助けます。亜鉛牡蠣やナッツ類に多く含まれる。

緑茶のカテキンで二日酔い防止
カフェインはアルコール分解に役立つ成分なので、お酒の前に熱めの緑茶をたっぷり飲んでおけば、二日酔いの防止になります。

冷え性にもナイアシン
ナイアシンは血行を良くして体を温めるので、冷え症にも効果的。

お酒のおつまみにナッツを食べちゃだめ?

美肌のために
例えばピーナッツ1粒が5.9kcal。食べ過ぎれば太りますが、適量なら大丈夫。ナッツには良質な脂肪分があります。ダイエット中に油を制限すると、肌がカサカサしてしまいます。気になる人は、適量摂りましょう。

殻つきを食べる
ピーナッツの皮をむいて食べれば、時間がかかって食べすぎを防ぎます。

ピーナッツは薄皮ごと食べよう
ピーナッツの赤い皮には、ポリフェノールの一種であるレスベラトールが含まれていて、血液をサラサラにする効果もあります。ぜひ、うす皮ごと食べましょう。

体を温める
ナッツのビタミンEは血行をよくして体を温めます。

アルコールはエンプティーカロリーなのに何故太る?

エンプティーカロリー
アルコールは、エンプティーカロリー(見かけだけのカロリー源)と呼ばれています。全くゼロというわけではありませんが、アルコールのカロリーは、すぐに血行の促進や体熱の上昇に多く消費されるため、グリコーゲンや脂肪となって体に蓄えられることは少ないといわれています。

原因はおつまみの食べすぎ
アルコールが肥満の直接の原因ではなく、アルコール、炭酸ガス、ホップ成分などで食欲が増進。ついついおつまみを食べ過ぎることによって太るので、食べ過ぎに注意しましょう。

では、お酒だけ飲んでりゃ太らない?

確かにアルコールはエネルギー源として真っ先に消費されます。続いておつまみに含まれる糖質、たんぱく質、脂質の順で消費されます。なので、アルコールは体脂肪に変わりにくいとはいえますが、アルコールがエネルギーに利用された分、一緒に食べたおつまみの栄養が体脂肪になって蓄積されてしまうことになります。

肝臓を傷める
おつまみを食べずにお酒だけを飲んでいればあまり太らないかもしれませんが、それでは肝臓を傷めてしまいます。絶対にやめましょう。

アルコールと油の組み合わせは太る?

アルコールは脂肪の合成を進める酵素を活性
アルコールは肝臓で分解され、最終的には水と二酸化炭素になって排出されます。アルコール自体は問題ないのですが、アルコールが肝臓で分解されるとき、脂肪の合成を進めるLPLという酵素の生成が活発になります。つまりアルコールを飲むと、肝臓は脂肪を作るモードに入ってしまうのです。酒を飲みながら、空揚げやフライドポテトのような脂肪分の多いものを食べると、どんどん肝臓で中性脂肪の合成が進んでしまいます。

また、肝臓に負担をかけると、小さい中性脂肪が増加して、大きい中性脂肪の分解も阻害され、中性脂肪値をさらに上げてしまいます。

高脂血症
それゆえ、お酒をよく飲む人は高脂血症になりやすいといわれています。

脂肪の合成を進める酵素リポ蛋白リパーゼ(LPL)とは?

食事から摂った油はどこへ行く?
食べた物の脂肪は、小腸で脂肪分解酵素のリパーゼによって脂肪酸に分解され吸収されます。吸収された脂肪酸は再び中性脂肪に合成され、血液の中に入ります。血中脂肪と呼ばれ、大切なエネルギー源となります。

脂肪の合成を進める酵素リポ蛋白リパーゼ(LPL)
しかし、血液中に中性脂肪が余分にあると、リポ蛋白リパーゼ(LPL)という酵素によって脂肪酸に分解されます。脂肪酸は、脂肪細胞に取り込まれ、再び中性脂肪に合成されて蓄積されます。

アルコールがLPLを活性して太る
アルコールが肝臓で分解されるとき、このLPLが活性。酒を飲みながら、脂肪分の多いものを食べると、体内で脂肪の蓄積が起こりやすくなります。

夜は宴会だから昼食は抜いた方がいい?

食事を抜くと、体は飢餓に備えて脂肪をため込むモードになり、逆に太りやすくなります。抜くのではなく、朝食と昼食はカロリーを控えめにしましょう。そのためにも、昼食は外食ではなく、手作りのお弁当にしましょう。

少し食べて血糖値を上げる
事前におにぎりなどを少し食べておきましょう。血糖値が上げると食欲が抑えられるので、食べすぎが防げます。

すきっ腹は悪酔いの原因に
また、すきっ腹にお酒を飲むと胃壁を痛めたり、お酒のまわりが早くなって悪酔いしたり、肝臓を傷めることにもなりかねません。飲む前に、牛乳やチーズをお腹に入れておけば、胃の粘膜の保護してくれます。 アルコールの吸収率
アルコールは胃から小腸の間で体内に吸収されます。胃に食物がない時には、より効率よく吸収されます。胃で20%、腸で80%が吸収される。

宴会では黙々と食べない

ゆっくり食べる
早食いすると、満腹中枢が働く前に食べすぎてしまいます。黙々と食べないで、会話を楽しんでゆっくりよく噛んで食べましょう。

箸を置く
一口に20回噛み、一口ごとに箸を置けば、ゆっくり食べることができます。

DIT反応
グルメと評判の店で、気の置けない仲間と楽しく食事をしましょう。ワクワクするような食事への期待感や、楽しい交わりで、交感神経が活発になり、DIT反応も強く出ます。

おしゃべりのカロリー
おしゃべりによるカロリー消費も侮れません。
1時間のおしゃべりで約70kcal。
立ち話で約100kcal。

宴会では笑ってカロリーを消費しよう

アメリカの研究者によると、1日に10〜15分間笑うと、約50キロカロリー消費されるそうです。30分歩くのと同じカロリーです。笑っている時の消費カロリーは、退屈な時間の消費カロリーに比べ、20%増しになるそうです。

笑う…約11kcal/3分半
ウォーキング(やや早く)…約17kcal/3分半

笑いは腹筋
笑いは、「腹直筋」「僧帽筋」「外腹斜筋」「大胸筋」の4つの筋肉を刺激します。その他、「表情筋」といわれる、20種類以上もの顔面の筋肉も同時に刺激します。

血行促進
笑いは複式呼吸を促します。通常の胸式呼吸に比べ、一般成人の場合、1回の呼吸量が最大で約4倍の2000ccにもなり、老廃物を身体の外に多く排出し、血行を促進するそうです。

大声で笑う
腹筋や横隔膜を意識して、声を出して笑いましょう。全身運動になるので、さらにエネルギー消費量が増えます。

宴会のカラオケソングで消費するカロリーは?

消費カロリーの高いカラオケソングのランキングによると、

1位
コブクロの「桜」18.7キロカロリー

同じく1位
DREAMS COME TRUEの「未来予想図II」も同じ18.7キロカロリー。チョコレート約1粒分のカロリーに相当し、散歩10分程で消費されるもの。

ロックよりバラード
激しいロックよりは、熱唱型のバラードの方が消費カロリーは大きいようです。

和食なら、味噌汁付きの定食を注文する

できれば、酢の物やお漬物、お味噌汁のついたランチを注文しましょう。赤味噌のメラノイジンは新陳代謝を活発にします。

酢の物から食べる
そして酢の物から食べましょう。その後食べたものの血糖値の急激な上昇を抑えます。 ぬか漬けは便秘に
お漬物のコリコリした食感は噛むダイエットに。また、ぬか漬けのお漬け物は発酵食品なので、便秘に効果的です。

ツマを残さない
ツマや大葉も飾りと考えないで、残さず食べましょう。

和食なら、白米より玄米や雑穀米を食べよう

選べるのであれば、玄米や発芽玄米を食べましょう。麦ご飯や雑穀米でもOK。白米より血糖値が上がりにくく、食物繊維やビタミン、ミネラルも豊富です。

おにぎりは、海苔が多いものを選ぼう

海苔は、ご飯の糖をエネルギーに変えるビタミンB1が豊富です。食物繊維やミネラルも豊富。海苔がたくさん巻いてあるものを選びましょう。

具は昆布
中の具が昆布であればなおいいです。

回転寿司での食べ方は?

いきなりお寿司を食べない
いきなりお寿司を食べるのではなく、まずガリを食べましょう。代謝が上がってカロリーが抑えられます。生姜に含まれるジンゲロールという成分は、新陳代謝を活発にして体を温めます。

ネタはかたよらない
ネタは一種類に偏らず、バランスよく食べましょう。

緑茶を飲む
一皿食べるごとに、熱い緑茶を飲みましょう。お腹がふくれて食べ過ぎ防止になります。ビタミンCも摂取できます。

貝汁を注文
貝汁を注文しましょう。貝は低カロリー。貝殻が入っていると時間がかかって食べすぎも防止します。お寿司に不足しがちな大豆たんぱくも摂れます。 大トロはマグロに
大トロのところをマグロに。ねぎとろでもいいです。ねぎ海苔が代謝を助けます。

板前さんにネタをオーダーして時間をかける
回転している寿司皿をとるのではなく、板前さんに欲しいネタをオーダーしましょう。時間がかかることによって食べ過ぎや、早食いを防ぐことができます。

回転する寿司をいつまでも見ない
回転寿司はついつい食べ過ぎになるので、もう食べないぞと早めに決意。いつまでも回転する寿司を見つめないこと。

寿司ネタのカロリー
寿司ネタのカロリーの詳しい情報は、小樽食べ歩きをご覧下さい。

丼ものを食べるときの注意は?

セットものを注文
どんぶり単品を注文するのではなく、酢の物やお漬物、お味噌汁をつけましょう。

酢の物から食べる
そして酢の物から食べましょう。血糖値の急激な上昇を抑えます。お酢の酢酸は、体内でクエン酸に変わり、クエン酸回路を活発にして疲労回復効果もあります。 ぬか漬けの整腸作用
お漬け物のコリコリした食感は噛むダイエットに。また、ぬか漬けのお漬け物なら発酵食品なので、整腸作用も期待できます。

ご飯を減らす
どんぶりものは多目のごはんがつがれています。(約茶わんの1.5倍程度のご飯)ご飯の量を減らしてもらうか、ご飯を残すなどしましょう。

レンゲで食べない
丼はレンゲで食べがちですが、早食いを防ぐため、箸でゆっくり食べましょう。

牛丼で気をつけることは?

単品ではなくセットで注文
牛丼は他の丼ものに比べてのせる具の種類が少なく、摂取できる栄養素も少ないですが、味覚障害を改善する亜鉛が多くとれます。サラダやお漬物、お味噌汁をつけてセットにして食べましょう。

紅生姜
トッピングの紅生姜もしっかり食べましょう。紅生姜の辛味成分、ジンゲロールには、新陳代謝を活発にしたり、体を温める作用があります。

うなぎ丼よりあなご丼にしよう

うなぎ丼よりあなご丼にしましょう。ウナギよりカロリーが低く、ビタミンAが豊富なので、肌荒れ予防にも役立ちます。

外食を鍋料理にするメリットは?

体が温まる
鍋料理は身体を温め、代謝を上げます。生姜ねぎ類の薬味も体を温める。

少量で満腹感
水分を含んでいるので、少量で満腹感を得やすい。野菜は煮込むことで水分が出てかさが減り、サラダなどの生の状態より、2倍もの量を食べることができます。

快便
野菜の食物繊維がたっぷり摂れるので、翌日は快便。

肉の脂肪が落ちる
しゃぶしゃぶなら、肉の余分な脂肪分を落とすこともできる。

カプサイシン効果
キムチ鍋のように赤唐辛子がきいた鍋は、辛味成分のカプサイシンが、褐色脂肪細胞を刺激して体脂肪を燃やす。 数種類のたれ
お醤油などの濃い味つけのたれでは、ご飯やビールがすすんでしまいます。濃い味は、すばやく味を感じるため、よく噛まずに飲み込んでしまいがちにもなります。ポン酢やごまだれなど、数種類用意してある鍋を利用するとよい。

すき焼きは注意

すき焼きは、牛脂を溶かします。牛肉も霜降りです。砂糖も多めに使われます。野菜も少ないです。その分、肉を多く食べてしまいます。生卵もつけて食べます。鍋といっても、カロリーが高くなります。

うどんよりそばを選ぼう

十割蕎麦
そばには食物繊維ビタミンB1B2Eが豊富。血糖値の上昇が緩やかで、うどんよりダイエット向きです。特に、そば粉の割合が高い十割蕎麦ならその効果はさらに高まります。

セルライト予防効果
そばには、血液をサラサラにしてセルライト予防効果のあるルチンも豊富。

そば湯を飲む
ルチンは水溶性なので、そば湯にたっぷり溶け出しています。忘れずに飲みましょう。

中華料理での注意点は?

中華料理は、揚げ物や油を使った料理が多いので注意しましょう。

チャーハンも高カロリー
チャーハンはたっぷりの油で卵やご飯を炒めます。シメで食べるなら半ライスで。 焼き餃子より水餃子
焼き餃子や揚げ餃子より、油を使わない水餃子や蒸し餃子の方が低カロリーです。 セットメニューを選ぶ
1品料理だと栄養のバランスが悪くなります。皆で行っていろいろなものを頼むようにしましょう。1人の場合は、セットメニューを活用しましょう。 比較的低カロリーなメニュー
イカのミルク和え、酢豚、マーボー豆腐、中華どんぶり

中華料理はテーブルに置かれているお酢を利用する

酢の酸味は、血糖値の急上昇を防ぎます。味が変わらない程度にお酢をかけて食べましょう。

中華料理はニンニクの入った料理を選ぶ

ニンニクのアリシンが、ビタミンB1の吸収を5〜6倍にまで高めて糖の代謝をアップし、血行もよくします。翌日が休みなら臭いを気にせず、たくさん食べましょう。

口臭予防にはビール酵母
ダイエットより口臭が気になる方は、ビール酵母入りビールがおすすめ。錠剤でもOK。

緑茶のカテキンは消臭作用
緑茶のカテキンは、消臭作用があります。口臭、体臭、便の悪臭も抑えます。

四川料理など唐辛子のきいた料理を注文する

四川料理
唐辛子のきいた料理四川料理など、唐辛子のきいた料理を注文する。カプサイシンが血管を拡張して新陳代謝を活発にし、体脂肪の燃焼を促します。

飲み物はウーロン茶を注文しよう

油っこい中華料理を食べるときは、ウーロン茶やプーアル茶を飲みましょう。食品中の脂肪を流してくれます。

ホットで飲む
ウーロン茶もプーアル茶も発酵しているので体を温める作用もあります。温かい方が代謝をさらに上げてくれるので、できればホットで飲みましょう。

ウーロン茶
油っこいものを食べたとき、ウーロン茶を飲むと、口の中がさっぱりします。血液中で中性脂肪を減らしたのではありません。ウーロン茶ポリフェノールは分子量が大きいために、腸から吸収されにくいのです。ウーロン茶ポリフェノールが油を吸着し、腸で吸収されるのをブロックしたからだと考えられています。

プーアル茶
プーアル茶は、腸内で脂肪の吸収を抑え、腸内のコレステロールや老廃物も取り除いてくれます。

中華のデザートにゴマ団子を選ばない

ゴマ団子は、揚げてあるので太りやすいです。マンゴープリンや杏仁豆腐にしませんか。マンゴーはビタミン類や食物繊維が豊富で、基礎代謝を高める働きがあります。

イタリアンの注意点は?

真っ先にパンを食べない
真っ先にパンを食べるのはやめましょう。サラダなどの前菜を先に食べて代謝を上げてからにしましょう。パンに塗るなら、バターよりオリーブオイルにしましょう。

パスタの注意
パスタは調理の際に、油の割合が多くなりがちです。お店では麺がくっつかないようにオリーブオイルやバターたっぷりで炒めたり、からめたりします。オリーブオイルを仕上げにまでかけることも多いです。

全粒粉パスタ
パスタはできるだけ全粒粉のものを選ぶようにしましょう。全粒粉にはビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれていて、少量でも満腹感が得られやすい。パンも同様。

前菜のバーニャカウダはちょっと油が…

最初に野菜を食べておけば代謝が上がります。オリーブオイルは、控えめにつけます。オリーブオイルはコレステロール値を下げたり、便秘解消にも役立つと考えて適量を食べましょう。

バルサミコ酢を使った料理を注文する

バルサミコ酢クエン酸は、血糖値の急上昇を抑えます。体を温める作用も強いので、バルサミコ酢を使った料理を食べましょう。ソースとして使われることが多く、デザートにもジェラートなどにかけられます。

パスタはトマトソース系を選ぼう

クリーム系パスタはNG
クリーム系はバターや生クリームがたっぷり入って高カロリーです。

トマトソース系
トマトソース系なら、トマトのクエン酸が血糖値の急激な上昇を抑えたり、パスタの糖をエネルギーに変換して、エネルギー消費を高めてくれます。糖質を分解するビタミンB1と一緒に摂ると効果的。野菜や魚介類など、具材が多く入ったものならさらにバランスがよくなります。

ペペロンチーノがシンプルでいい?

たんぱく質、野菜不足
唐辛子が褐色脂肪細胞を活発にして脂肪燃焼を促しますが、たんぱく質や野菜も必要です。シーフードサラダなどを付け合せましょう。

ボンゴレは野菜不足
ボンゴレなら、貝のたんぱく質が入りますが、やはり野菜が不足するので野菜サラダを注文しましょう。

焼肉の食べ方は?

赤身の肉
タン、カルビ、ロースより、脂肪の少ない赤身を選びましょう。レバーミノもOK。牛肉の赤身には鉄分が豊富に含まれていて、貧血予防に役立ちます。

ジンギスカン鍋
カルニチンが豊富な羊肉のジンギスカン鍋にすると太りにくい。

カルニチンの多い肉
肉の中でカルニチンを多く含むのは、羊肉(マトン)子羊(ラム)、鹿の肉、次いで牛肉です。比較的脂肪の少ない赤身肉に多く、特に活発に動く足などに多く含まれます。

緑茶を飲む
緑茶のカテキンとカルニチンの相乗作用で脂肪燃焼がアップします。

硫化アリルで糖質分解
ジンギスカンは、玉ねぎにんにくねぎなど、臭い成分の硫化アリルを含む食材を多く使います。硫化アリルは、肉のビタミンB1の吸収を高めて、糖質をエネルギーによく変換します。ビタミンB1が増えると、カルニチンもパワーアップします。

焼き肉を食べると幸福感があるって本当?

アナンダマイド
焼き肉を食べると満足感や幸福感が得られます。肉類に含まれるアラキドン酸という脂肪酸から、快感物質「アナンダマイド」が生成されるからだといいます。ダイエットにやる気を起こさせる機会としましょう。

ドーパミンも同様
生ハムたけのこ等、アミノ酸のチロシンから作られるドーパミンの働きも同様な働きをします。

焼き鳥の食べ方は?

野菜や酢の物を先に食べる
いきなり焼き鳥を食べないで、まずはサラダや酢の物を食べてエネルギー代謝アップさせる。

七味をふる
焼き鳥には七味唐辛子をかけて脂の燃焼をアップさせる。

串の数をチェック
食べた串を数え、常に食べた量をチェックしておくと、食べすぎをセーブできる。

焼き鳥のつくねが大好き

つくねは高カロリー
つくねは脂肪分の多い皮もミンチにされてできているので、高カロリーです。できるだけ避けましょう。

ねぎ間はOK
鉄分が豊富なレバーハツセンマイなど内臓系がおすすめ。ねぎ間もOK。野菜が摂れるからです。

つくねは塩味で
どうしてもつくねを食べたいときは、タレより塩でいただきましょう。七味を少しふって代謝をアップさせるのも効果的。

ラーメンの注意点は?

ラーメンのスープは残す
スープは全部飲みほさないで残しましょう。ラーメンは塩分が多く、体は体内の塩分濃度を薄めるために、水分を溜め込みます。むくみの原因になるので、注意しましょう。スープに浮いている油分もカロリーカットできます。

餃子・ライスセットに注意
お得セットとしてご飯や、餃子がついてくることが多いですが、炭水化物や油の摂りすぎになります。

野菜の入ったラーメン
五目そばやチャンポン麺など、野菜がたくさん入っているラーメンを食べましょう。バランスの良い定食系でもいいです。

お好み焼きは野菜たっぷりヘルシー?

キャベツの繊維とビタミンC
お好み焼きは、キャベツを蒸し焼きにするので、水分が蒸発してかさが減ります。その結果たくさんのキャベツを食べられます。キャベツの繊維やビタミンCを摂ることができます。

トッピングに注意
お好み焼きは、トッピング次第で高カロリーになります。マヨネーズをたっぷりかけるのはやめましょう。ソースのかけすぎにも注意します。

ねぎをたっぷりトッピング
トッピングには、生のねぎをたっぷりかけましょう。ねぎのアリシンは、豚肉のビタミンB1の吸収をアップして、エネルギー代謝を促進します。

居酒屋では唐揚げに添えられたレモンを使おう

唐揚げに添えられたレモンは飾りと考えず、肉に絞りましょう。クエン酸エリオシトリンの働きで、脂っこいものを食べるとき、脂肪の吸収を抑えてくれます。

居酒屋における揚げ物料理の注意点は?

脂身は残す
肉類の脂身は残しましょう。

衣をはぐ
フライや天ぷらであれば衣を一部はぎます。

鶏皮をはぐ
鶏肉の皮はカロリーが高いので、はずして食べる。

居酒屋では貝汁を注文しよう

タウリンでストレス解消
貝に豊富に含まれるタウリンは、ストレスによる緊張をやわらげたり、ストレスに強い体を作ります。疲労回復効果も。

タウリンで脂肪肝予防
タウリンは、肝臓での脂肪代謝を高め、脂肪の分解を促します。

亜鉛で味覚障害予防
亜鉛は、たんぱく質の代謝を促進したり、味覚障害を改善します。ダイエット中は食事を減らすため、亜鉛不足になり、味覚障害が起こりやすいといわれています。

コースの最後はホットコーヒーを飲もう

ブラックをホットで
カフェインには脂肪分解促進作用があります。温かい飲み物は体の代謝を上げてくれるので、食後には、ホットコーヒーをブラックで飲みましょう。

止めの一杯
濃くいれた緑茶コーヒーは、それ以後はもう食べないという「止めの一杯」のサインです。口の中がさっぱりするので、 食べすぎを防ぐことができます。 

デザートはフルーツやゼラチンを選ぶ

デザートには、フルーツやゼラチンを使っているものを選び、バターが多く含まれるタルト類は避けましょう。ベイクドチーズケーキもNG。チョコレート系や栗を使ったデザートも、高カロリーになりがちです。

コンビニのサンドイッチの注意点は?

腹もちが悪い
コンビニのサンドイッチは、高カロリー。消化も早く腹持ちが悪いので要注意です。

食べ過ぎる
口当たりがやわらかいので、たくさん食べられます。食パン(炭水化物)の摂りすぎとなります。

ごぼうサラダ
サンドイッチは、軽くて消化が良いので胃腸があまり働きません。DIT(食事誘導性熱代謝)反応と言って、内臓のエネルギー消費量が少なくなります。ごぼうサラダなどを食べて、胃腸に運動させましょう。

食事時間が短い
サンドイッチは手でつかんで食べるので、食事の時間が短くなり、満腹感を感じる前に食べ過ぎることになります。

軽くすませない
軽くすませようとして、おにぎり2個とサンドイッチ1個を買うことがありますが、炭水化物の摂りすぎになります。炭水化物は体に脂肪として付きやすくなります。

もう1個買い足しはNG
お弁当を買う時、ついつい、おにぎりやサンドイッチを買い足してしまいがちです。カロリー、しかも炭水化物の摂りすぎで太りやすくなります。お弁当を1つきちんと食べた方がいいです。

ライ麦や全粒粉パン
サンドするパンが、食パンやフランスパンであればGI値が高くなります。ライ麦パンや全粒粉パンであればGI値は低くなります。ライ麦パンや全粒粉パンは、ビタミン、ミネラル、食物繊維も摂ることができます。ごまパンでもいいでしょう。堅めのベーグルもOK。

カツサンド、コロッケサンドに注意
トンカツやコロッケを具にしたサンドイッチは、高カロリーになります。野菜たっぷりのサンドイッチを選びましょう。 ミックスサンドに注意
パン屋やコンビニのミックスサンドは、トンカツやコロッケ、魚フライなどの揚げものがよく入っています。またツナや卵もマヨネーズたっぷりで和えてあるので、高カロリーになります。注意しましょう。 付け合わせ
付け合わせに野菜サラダやヨーグルト、低脂肪牛乳をチョイスすればビタミン、ミネラル、カルシウムも補給できます。

菓子パンよりサンドイッチを選ぶ
菓子パンや総菜パンは、糖質や脂質に栄養が偏りがちです。サンドイッチの方が生野菜やたんぱく質、食物繊維を摂ることができます。パンが食べたくなった時は、フライ物やマヨネーズ和えのサンドイッチは避け、レタスやキュウリやトマト、ハム、ツナ、卵などが入ったサンドイッチを選びましょう。

おせち料理の食べ方は?

おすすめは煮しめ
おせち料理は三の重のお煮しめを中心に食べましょう。里芋のヌメリは水溶性食物繊維のペクチン。ヌメリを取らずに煮ましょう。

栗きんとんは食べすぎない
栗きんとんや黒豆など甘い料理は少量でも高カロリーです。特に栗きんとんはデザート並み。正月太りの原因の一つです。控え目に食べましょう。甘さ控えめの栗きんとんや黒豆を手作りしましょう。 巻き寿司はご飯がたっぷり
巻き寿司は見た目にご飯の量が少なそうですが、海苔ですし飯をギュッと巻いてあるので相当な量があります。具の甘い味付けや、すし飯にも砂糖がたくさん使われているので、食べ過ぎに注意しましょう。ガリや酢の物を先に食べて血糖値の上昇を抑えましょう。

おせち料理の餅の食べ方は?

お雑煮のお餅は一つに。もう一つ食べたかったら、焼いて磯辺巻きにしましょう。腹持ちもよくなります。

年越し蕎麦の食べ方は?

そばの量を半分にする。天ぷらは衣を少しはがす。ねぎをたっぷり入れ、七味唐辛子も多めに振って代謝の促進をよくする。
トップ | ブログ | 種類別検索 | 食べたい時別検索 | ダイエットページ | 食べある記 | お買いもの | お問い合わせ

Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.     免責事項Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Hatenaブックマークに追加

カスタム検索