栗の渋皮煮 - レシピ [ 作り方 ]

料理の種類で探す 食べたい時で探す ダイエット情報 食べ歩き ショッピング マロンの掲示板
ダイエット料理レシピ集
栗の渋皮煮
栗の渋皮煮

栗は乾燥すると割れてしまいます。常にお水に浸けながら作業しましょう。

栗の渋皮煮の材料


(栗500g分)
栗‥‥500g
重曹‥‥適量
砂糖‥‥250g
醤油‥‥小さじ2
あればブランデーか赤ワイン‥‥大さじ1

栗ご飯
栗おこわ(白)
栗おこわ(赤飯)
焼き栗
栗赤飯(栗の甘露煮)
栗の皮のむき方
栗きんとん(茶巾絞り)
栗きんとん(おせち料理)
マロングラッセ
モンブランケーキ

栗の渋皮煮の作り方


栗の渋皮煮のレシピページには手順写真や動画もあります。どうぞご覧ください。

  1. 【皮をむく】
    栗を熱湯に15分つける。(皮がむきやすくなる。)

  2. 渋皮を傷つけないように、座(ザラザラした部分)を残して鬼皮(ツルツルした部分)をむく。この段階で座を取ると、渋皮がはげるので、残しておいて後から取ります。

  3. 鬼皮をむきながら、すぐに水を張ったボウルに入れていく。乾燥して栗が割れるのを防ぐためです。

  4. 【アクを抜く】
    鍋に栗とかぶるくらいの水を入れる。 重曹(タンサン)を使うので、下ゆでの際は、アルミの鍋は使わないで下さい。黒ずんだり変色したりします。ホーローかステンレスの鍋を使いましょう。

  5. 小さじ1の重曹を加えて火にかける。お湯から煮はじめると重曹の効果がなくなるので、必ず水から煮始めて下さい。

  6. 沸騰したら火を弱め、栗が踊らないようにコトコトと10分ほど煮る。沸騰すると破裂します。その間浮いてきたアクをとる。

  7. ザルに上げてゆで汁を捨てる。

  8. ボウルに入れて水洗いする。

  9. 【筋を取る】
    座の部分を除く。渋皮にはできるだけ傷をつけないようにします。煮ている間に煮崩れるからです。

  10. 流水にさらして指の腹でやさしく渋皮の表面の筋を取り除く。(初回は取れるだけでいい。)

  11. 栗に入り込んでいる太い筋は竹串などを使って取り除く。(初回は取れるだけでいい。)

  12. 再び鍋に栗を戻して2〜3回繰り返す。(しだいに筋が取れやすくなる。)

  13. 【重曹を抜く】
    栗を鍋に戻して水をはり、2〜3分間沸騰させて重曹けを抜き、ゆで汁を捨てる。この作業をもう1回繰り返す。

  14. 【甘く煮る】
    再び鍋に栗とヒタヒタの水をはって火にかけ、煮立ったら砂糖を入れる。一度に入れると栗が固くなるので、2〜3回位に分けて入れる。(艶を出したい時は水飴で)

  15. 穴を開けたクッキングシートをかぶせて、栗が踊らないように弱火でコトコト煮る。

  16. 汁が半分くらいになったところで醤油を加えて火を止める。お好みで赤ワインかブランデーを入れると、よい香りがします。

  17. 一晩置いて味をしみ込ませる。(冷蔵庫より室温の方が味がしみ込みやすい。)

  18. 【保存方法】
    煮汁ごと容器に詰めて冷蔵庫に置けば、一週間位もちます。瓶詰めすれば、冷蔵庫で1ヶ月位保存できます。煮沸消毒した瓶に、出来たての熱い栗とシロップを入れ、ふたをして瓶を逆さまにして置いて荒熱を取ります。
このレシピを印刷する 

Yahoo!ブックマークに登録 このレシピをYahoo!ブックマークに登録する

Top  免責事項  Blog
Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.