もちもちパンドーナツ - レシピ [ 作り方 ]

料理の種類で探す 食べたい時で探す ダイエット情報 食べ歩き ショッピング マロンの掲示板
ダイエット料理レシピ集
もちもちパンドーナツ
ふわふわのパンドーナツ

揚げたての熱いうちならもちもち、冷めたらふわふわの食感が楽しめます。上記のカロリーは、シナモンシュガー。アイシングは157kcalです。

もちもちパンドーナツの材料


(8個分)
強力粉‥‥200g
塩‥‥小さじ1/2
バター‥‥15g
水‥‥90cc
ドライイースト‥‥小さじ1
砂糖‥‥大さじ2
全卵(溶いたもの)‥‥1/2個

【フィリング材料】
アイシング(8個分)
粉砂糖‥‥大さじ5
卵の白身‥‥大さじ1

シナモンシュガー(8個分)
グラニュー糖‥‥大さじ2
シナモンパウダー‥‥小さじ1/2

もちもちパンドーナツの作り方


もちもちパンドーナツのレシピページには手順写真もあります。どうぞご覧ください。

  1. ボウルに強力粉、塩、バターを入れる。

  2. 耐熱容器に水を入れ、ラップをかけずに電子レンジ強で30秒加熱し、ドライイーストを入れる。

  3. 砂糖を入れて混ぜる。

  4. 3を1のボウルに入れる。

  5. さっくり混ぜた後、卵液を加えて混ぜる。

  6. 力を入れてよく練る。

  7. 生地がまとまってきたら、時々ボウルの中にたたきつける。

  8. 表面がツルツルしたらこねあがり。

  9. 【一次発酵】
    大きな鍋にたっぷりの湯を入れ、40度に沸かす。

  10. 生地をビニール袋に入れ、口を閉める。膨らむのでゆとりをもたせる。

  11. お湯が入らないように、二重にビニール袋に入れる。

  12. 鍋に浮かべてふたをする。

  13. 30〜40分置いて、およそ2倍に膨れたらOK。(冷めたら時々沸かして40度を保って下さい。)

  14. まな板に軽く小麦粉をふる。

  15. ビニール袋から生地を取り出し、まな板にのせる。

  16. 【ガス抜き】
    手に薄く粉をつけ、軽く押えてガスを抜く。

  17. 【分割】
    包丁で生地を傷めないようにスパッと6等分する。

  18. 【丸め】
    生地の切断面を中に入れるようにして側面の生地を引っ張り、中心に折り込んでいく。

  19. 閉じ目をつまんでしっかりくっつける。

  20. 閉じ目を下にして、底部を台の上にこすりつけるように、のの字に回転させる。(集めた生地が開かないように、閉じ合わさればOKです。)

  21. 【ベンチタイム】
    天板か皿にクッキングシートを敷き、生地をのせる。後で揚げる時に便利なので、クッキングシートを1個サイズにカットしておきましょう。

  22. 乾燥しないようにぬれ布巾か、ぬれたキッチンペーパーをかけて15分休ませる。(分割すると生地が傷みます。休ませることで生地が少し膨らみ、その後の成形がしやすくなる。)

  23. 【型抜き】
    手で型抜きよりやや大きくなるくらいに広げていく。

  24. 型抜きに粉をつける。

  25. 型を抜く。型抜きがない場合は、お茶碗とかペットボトルのふたを代用できます。

  26. 余った生地は、集めて丸めなおしましょう。2個分できます。小さいまま揚げると、油を吸う表面積が大きくなります。

  27. 【二次発酵】
    ドーナツをのせる。(パン生地であれば、乾燥しないようにここで霧吹きをかけますが、ドーナツはかけません。乾いている方が、カラッと揚がって給油率が低くなるからです。)

  28. 生地に触れないように、レジ袋をかぶせる。

  29. 鍋の温度を60度に温め、28をのせて蒸気で温める。

  30. 1.5倍くらいに膨らんだら二次発酵の終わり。目安は15分〜20分。(発酵によって気泡が大きくなり、中はふわふわ、外側はカラッと揚がります。)

  31. 【フィリングを作る】
    アイシング:粉砂糖と卵白を手でよく練る。粉砂糖がない場合は、ヨーグルトに添付されている砂糖を、ミルサーにかけてもできます。

  32. シナモンシュガー:シナモンパウダーと、グラニュー糖を混ぜ合わせておく。

  33. 【油で揚げる】
    150度の油で片面約2分揚げる。(温度が高いと焦げます。中弱火くらいで。)

  34. きつね色になったらひっくり返してもう約2分。

  35. 揚げたての熱いうちに好みのフィリングをつける。アイシングは、サラサラしていると白い色がつきにくく、ドロッとした濃度だと白くなるのですが、たくさんついてしまいます。お好みで加減して下さい。

  36. アイシングの場合はお好みでスプレーチョコ等をかけてもきれいです。熱いとチョコが溶けるので、少し冷めてからアイシングしてもいいです。

  37. シナモンシュガーは、熱いうちにまぶさないとつきません。
このレシピを印刷する 

Yahoo!ブックマークに登録 このレシピをYahoo!ブックマークに登録する

Top  免責事項  Blog
Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.