自家焙煎コーヒー・家庭用 - レシピ [ 作り方 ]

料理の種類で探す 食べたい時で探す ダイエット情報 食べ歩き ショッピング マロンの掲示板
ダイエット料理レシピ集
自家焙煎コーヒー・家庭用
自家焙煎コーヒー・家庭用

コーヒーを入れるときは、粉が呼吸をするように上下動をするのを意識しましょう。

自家焙煎コーヒー・家庭用の材料


(適量)
家庭用自家焙煎器炒る炒る
生豆‥‥適量
ペーパーフィルター
ドリッパー
サーバー
注ぎ口の細いポット

コーヒー関連レシピ
コーヒーの入れ方・ためしてガッテン流

ダイエットティー関連レシピ
杜仲茶
梅醤油番茶
紅茶のおいしい入れ方
生姜紅茶

ケーキのまとめ・レシピ集
ケーキのレシピ集

自家焙煎コーヒー・家庭用の作り方


自家焙煎コーヒー・家庭用のレシピページには手順写真もあります。どうぞご覧ください。

  1. 【炒る炒るで自家焙煎】
    メジャースプーンで生豆を「炒る炒る」に入れる。1人前1杯約10g。5人分が入ります。

  2. ガス台にかける。左右に振りながら(豆が踊るように)、強火で加熱する。2分位すると色がつき、3分位でパチパチとはじけ始める。

  3. ガス台から離し、振りながら予熱で好みの煎り具合を見る。焙煎が浅いものほど酸味が強く、ローストが深くなるほど苦味が強くなります。下の写真を参考にしてみて下さい。

  4. 【生豆】
    焙煎前の生豆です。

  5. 【シナモンロースト・浅煎り】
    シナモンローストは浅い焙煎で、アメリカンに向いています。深煎りに比べてダイエット効果の高いクロロゲン酸が多い。

  6. 【シティロースト・中煎り】
    ブレンドなど普通のコーヒーなら、中くらいのロースト加減のシティローストがおすすめ。日本人好みの標準的な焙煎。

  7. 【フレンチロースト・深煎り】
    カフェオレやアイスコーヒーのように、コクのあるしっかりしたコーヒーを入れたいときは、深炒りのフレンチローストがおすすめ。浅煎りに比べてリラックス効果が高い。

  8. 焙煎が終わったら取っ手の穴から皿に取り出し、風通しをよくして急速に冷ます。

  9. 【豆を挽く】
    お手持ちのミルでお好みに挽いて下さい。

    細挽き…細かいほど豆の間をお湯が通過する時間がかかるので、しっかりと濃い目に出る。

    中細挽き…ペーパードリップ向き。

    粗挽き…粗いものだとえぐみが出にくく、さらっとした飲みやすい味になります。

  10. 【お湯は90〜95度】
    やかんにお湯を沸騰させ、ポットに入れる。するとお湯が95度位に下がる。ポットは口が細くてどばっとでることがなく、お湯が細く、静かに注げるものがおすすめ。やかんは口が太いので、少量ずつ注ぐのには不向きです。

  11. 【ペーパーをセットする】
    ペーパーの底、側面の圧着部を互い違いに折り返しておくと、浮き上がりにくくなります。

  12. 指で押しつけるようにペーパーをドリッパーに密着させます。

  13. コーヒーの粉を人数分入れる。1人分は10g、カップ1杯分、140ccが抽出できます。たくさん入れる場合は少し量を減らします。

  14. トントンとフィルターを軽くたたいて平らにととのえる。

  15. 【粉全体にお湯を含ませる】
    少量のお湯を豆の中心に細く静かにおとし、「の」の字を描くように、周囲へ回しかける。湯が粉全体に行き渡るように少量注ぐのがポイント。高い位置からドバドバ入れません。この時お湯がペーパーに当たらないようにします。

  16. コーヒー液がサーバーに数的落ちてきたらやめる。

  17. 【蒸らす】
    粉がふっくらと膨らんできます。そのまま30秒待って蒸らす。この間ガスが抜けている。

  18. 2回目のお湯を注ぐ。1回目と同じように中心から周囲へ向かって「の」の字を描くように細くゆっくり注ぐ。

  19. 泡が消えないうちに3回目のお湯を注ぐ。ここからは早め、早めに。お湯の量も少しずつ増やす。クリーミーな泡がどんどん出てきます。

  20. 4回目のお湯を注ぐ。予定の抽出量まで繰り返す。抽出液が全部サーバーに落ちないうちに次のお湯を注ぐことが大切。全部落とすと雑味、渋味までが落ちるからです。

  21. 【最後の苦味は入れない】
    泡はコーヒーの雑味成分なので、最後まで落ちきらせず、早めに取り去って苦味を入れないようにします。

  22. サーバーを振り回してかき混ぜ、温めておいたカップに、人数分注ぎ分ける。

  23. 【終わった時の状態】
    コーヒーのかすが均一な厚みの層になっていて、細かな泡が残っていればOK。コーヒーの雑味成分を残して良い成分だけを抽出したことに成功した証。

  24. 【NGな入れ方】
    コーヒーの壁面からお湯を注ぐのはやめましょう。周囲の壁が崩れると、お湯が落ちて薄いコーヒーになります。

  25. 【紙を洗う】
    コーヒーの粉を入れる前に、お湯をたっぷり注いでおく方法もあります。紙の臭いを取る目的と、サーバーを温めたり、紙をドリッパーにピッタリとフィットさせることができます。

  26. 【カフェオレの作り方】
    カフェオレは、お湯を入れて温めておいたカップの1/3量までコーヒーを入れる。

  27. ふっとうさせないよう弱火で温めたミルクを注いで完成。
このレシピを印刷する 

Yahoo!ブックマークに登録 このレシピをYahoo!ブックマークに登録する

Top  免責事項  Blog
Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.