秋刀魚の塩焼き(七輪の使い方) | レシピ・火の起こし方・食べ方

料理の種類で探す 食べたい時で探す ダイエット情報 食べ歩き ショッピング マロンの掲示板
ダイエット料理レシピ集
サンマの塩焼き(七輪焼き)
サンマの塩焼き(七輪焼き)

網を七輪の上に10〜15センチほど浮かせて、遠火の強火で焼くのがコツです。

サンマの七輪焼きの材料


(3人分)
生サンマ(中1尾150g)‥‥3尾
塩‥‥小さじ1と1/2
大根おろし‥‥150g
スダチ‥‥適量
醤油‥‥適量

【炭火の道具】
    七輪
    焼き網
    BBQ用黒炭500〜600g
    着火剤(木材繊維質)
    チャッカマン
    火バサミ
    うちわ
    軍手
    野菜くず
    油
    火消し壺

炭火の起こし方
さんまの塩焼き・ためしてガッテン
さんまの焼き方・はなまるマーケット

サンマの七輪焼きの作り方


サンマの塩焼きのレシピページには動画や手順写真もあります。どうぞご覧ください。

  1. サンマの下準備
    包丁でうろこを削る。

  2. 流水でうろこや汚れを洗い流す。

  3. キッチンペーパーで水気を拭き取る。

  4. 30cm高さからサンマに塩をまんべんなく軽くふる。サンマは脂が多いので、焼く直前に塩をしてもなかなか塩味が入っていきません。焼く20〜30分前に塩をして身全体に塩をまわしておきましょう。

  5. 炭火を起す
    七輪の底に火皿を置く。

  6. 七輪の空気窓を開けて風上に向けて置く。

  7. 着火剤を入れ、チャッカマンで火をつける。石油系液体着火剤は引火してやけどする危険があるので、アルコール系固形タイプがおすすめです。紙は火がついたまま舞い上がり危険です。

  8. 黒炭のかすや小さなかけらを入れる。(小さいほど表面積が大きく、着火しやすい。)

  9. 空気が通りやすいように隙間をあけて炭を置く。分散しないで一箇所にまとめる。ピラミッド状か、炭が大きい場合はハチの巣状に置くとよいでしょう。

  10. うちわであおいで空気を送る。(炭は花火のようにはぜることがあるので顔を近づけない。)

  11. 炭が赤くなったら炎がおさまって灰をかぶるまでしばらく待つ。着火後およそ30分。火のつきかけた炭を移動させると、熱が分散して火力が弱くなります。いじらないでうちわであおぎながら待ちましょう。

  12. サンマを焼く
    石かレンガ、なければ大きめの炭を支えにして網を七輪の上から10〜15cmくらい浮かせる。(遠火の強火が原則)動画では専用の上置きを使いました。

  13. 焼き網を載せ十分に熱する。網をよく焼いておかないとサンマがくっつきます。一枚物の網が一般的ですが、今回は2枚合わせの網を使いました。

  14. 網に油を塗る。油も塗っておかないと皮が網にくっつきます。二巡目にサンマを焼く時は、最初に焼いたサンマの脂が付いているので油を塗る必要はありません。

  15. 大根の輪切りや、野菜くずを炭の真ん中に置いてサンマの脂が落ちるのを防ぐ。(サンマの脂が炭に落ちると炎が出てすすけ、上手に焼けません。)

  16. 焼く直前ににじみ出た水分をキッチンペーパーでふきとっておきましょう。臭みが取れ、皮もパリッと焼けます。

  17. 表になる方を先に下にして焼き始めます。皿に置いた時、頭が左に来る方が表です。裏側から出た脂や水分が、せっかくきれいに焼けた表に流れて汚れるのを防ぐためです。

  18. 網をずらして頭部分と尾の部分も焼いておきましょう。

  19. 脂が炭に落ち、炎や煙が出ます。炎で焼くと美味しくありません。網ごとよけたり、うちわをあおいで炎を消して下さい。

  20. 表側を7割方じっくり焼く。焼け具合が気になってもいじらないようにして下さい。サンマの目が白くなったらひっくり返すサイン。一枚物の網の場合、ひっくり返すのは一回だけ。合わせ網は持ち上げて下から焼き加減を確認できますし、何度ひっくり返しても身崩れしないので便利です。

  21. ひっくり返して裏側を3の割合で焼く。

  22. 頭が左側、腹が手前側になるように盛りつける。 大根おろしとスダチを添え、お醤油をかけていただく。

    身を食べて残った骨は、再度炭火で焼いて「骨せんべい」にすると美味しいですよ。炭火が十分残っており、この後、もう一回サンマを焼くことができました。

  23. 消火
    炭火焼きが終ったら炭を火消し壺の中に入れてふたをし、完全に冷ます。酸素が遮断されるので自然消火します。消し壺がない場合は、バケツに水をはって炭を投入し、確実に消化する。

    火消し壺で消した炭は、次回も使用できます。火がつきやすいので火起こしが楽です。水を使って消火した炭は湿っているので、火がつきにくく、爆ぜる危険性もあります。完全に天日干しすれば再利用できますが、よく干したつもりでも水が残っていることがあって危険です。
このレシピを印刷する 

Yahoo!ブックマークに登録 このレシピをYahoo!ブックマークに登録する

Top  免責事項  Blog
Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.