いちじくジャム(低糖度:砂糖2割) - レシピ [ 作り方 ]

料理の種類で探す 食べたい時で探す ダイエット情報 食べ歩き ショッピング マロンの掲示板
ダイエット料理レシピ集
いちじくジャム(低糖度:砂糖2割)
低糖いちじくジャムの作り方

未熟な固いいちじくより、よく熟した実を使いましょう。

いちじくジャムの材料


(完成品約300g分)
いちじく(皮をむいて)‥‥400g
グラニュー糖(皮をむいたいちじくの2割)‥‥80g
レモン汁‥‥1/2個分

いちじくの関連レシピ
いちじくコンポート

ジャムの関連レシピ
夏ミカンマーマレード
いちごジャム
いちごジャム(電子レンジ・パルスイート)
いちごジャム(電子レンジで作る)
梅ジュースの残りで作る梅ジャム

いちじくジャムの作り方


いちじくジャムのレシピページには手順写真や動画もあります。どうぞご覧ください。

  1. 【いちじくの下準備】
    皮をむいて400gくらいの分量のいちじくが作りやすいと思います。ジャム瓶大1個(250ml)位の分量です。大きいいちじくなら5個位、中位の大きさのいちじくなら、6〜7個準備して下さい。

  2. いちじくは、軽く水洗いする。

  3. 薄く皮をむく。

  4. いちじくの皮をむいたら重さを計ります。

  5. 4の重さの20%のグラニュー糖を計る。今回はいちじくが433gだったので、86gの砂糖を使いました。夏ミカンジャムなどでは、同量の重さ〜8割の砂糖が入ります。低糖でも6割のところが、いちじくジャムは、果実自体が甘いので、砂糖を2割に減らしても十分甘いジャムになります。多くても3割までがベストな甘味だと思います。

  6. 白い部分が肉厚なら、そいで細かく刻み煮えやすくしておきましょう。

  7. 皮をむいたいちじくを、縦に4つに切る。

  8. ステンレスかホーローの鍋にいちじくを入れ、上から砂糖を振りかける。

  9. 1時間ほど置くと、いちじくの水分で砂糖が溶けてきます。水分が上がることで、加熱しても焦げにくくなります。煮詰める時間も短くて済むので、きれいな色に仕上がります。ポイントです。

  10. 【煮る】
    いちじくが焦げ付かないように、ヘラでよくかき混ぜたり、つぶしたりしながら、中火で15分ほど煮る。弱火で長く煮ると、固くなったり色が抜けたり、香りも悪くなります。強めの火で短時間で煮るのもポイントです。

  11. 途中で、浮いてきたアクと種を取り除く。

  12. いちじくはペクチンが多いので、あまり煮詰めないでも、すぐにジャムのとろみがついてきます。目安は15分。冷めると固くなるので、まだゆるいかなというくらいで大丈夫です。全体に透明感も出てきます。

  13. 最後にレモン汁を加え、ひと煮立ちさせる。

    いちじくは酸味が少ないので、レモンの酸味を加えます。また、アントシアニンという色素が発色して、色が鮮やかになる効果もあります。

  14. 【ビンに詰める】
    ジャムを、煮沸消毒した保存ビンに入れる。まだジャムとビンが熱いうちに瓶に詰めましょう。火傷しないようにゴム手袋をはめましょう。

  15. ふたを閉めてビンを逆さまにして冷ます。フタの消毒になります。

  16. ジャムが冷めたら、ビンについた汚れを洗い流す。水気をふきとり、冷蔵庫に保存。低糖ジャムなので、2週間を目安に食べましょう。
このレシピを印刷する 

Yahoo!ブックマークに登録 このレシピをYahoo!ブックマークに登録する

Top  免責事項  Blog
Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.