天然酵母パン・レーズン - レシピ [ 作り方 ]

料理の種類で探す 食べたい時で探す ダイエット情報 食べ歩き ショッピング マロンの掲示板
ダイエット料理レシピ集
天然酵母パン・レーズン
レーズンで作る天然酵母パン

レーズンにオイルコーティングしてある場合は、お湯で洗って小さじ1のハチミツか黒砂糖を入れてみて下さい。

天然酵母パン・レーズンの材料


(適量)
レーズン(ノンオイルコーティング)‥‥80g
水‥‥250cc

【A】 強力粉‥‥50g
       酵母液‥‥80cc

【B】 強力粉‥‥50g
       酵母液‥‥100cc

【C】 強力粉‥‥50g
       酵母液‥‥適量

酒粕で作る天然酵母・種おこし
酒粕で作る天然酵母パン・焼き方
天然酵母・ココアシナモンベーグル
天然酵母・ライ麦入りベーグル
ホームベーカリーで作る天然酵母かぼちゃパン

天然酵母パン・レーズンの作り方


レーズンで作る天然酵母パンのレシピページには手順写真もあります。どうぞご覧ください。

  1. 【酵母液を作る】
    レーズンを軽く水洗いする。熱湯消毒した瓶にレーズンと水を入れる。

  2. 瓶にふたをして30度程度の温かいところに置いておく。(夏は涼しいところで。温度が高くなりすぎると酵母菌が死滅します。)

  3. 一日一回瓶のふたを開けてガスを抜き、ゆすっておく。

  4. 3〜4日するとシュワシュワと炭酸水のような気泡が出始める。この頃からは、日に何回か瓶のふたを開けてガスをよく抜く。

  5. 5〜6日するとレーズンが上側に浮き始める。

  6. レーズンをこして酵母液を取り出す。(冷蔵庫で約1 ケ月保存可)

  7. 【中種を作る】
    一回り大きめの瓶に【A】を入れてスプーンでかき混ぜる。温かいところに置いて2倍になるのを待つ。(目安は半日くらい。30度くらいに保てれば2〜3時間でOK!

  8. 【中種を熟成させる】
    中種に【B】を入れてかき混ぜ、2倍になるまで置く。(30度くらいに保てれば2〜3時間でOK!)

  9. 【元種を作る】
    熟成した中種に【C】を入れてヨーグルト状になるようかき混ぜる。酵母液が足りなかったら水を足して下さい。2倍になれば元種の完成。(酵母は小麦粉(糖分)を餌にして増殖し、元気になります。3回継ぎ足すことで発酵力がアップし、パンがよく膨らむようになります。)

  10. 元種を加えてパンを焼く。

  11. (人によって中種の固さはパン生地、やわらかめのパン生地、ヨーグルト状の固さと様々。粉の量を多くしたり、水分量の方を多くしたりして色々と試してみて下さい。ちなみにレーズン酵母の場合、粉1に対して酵母液1の割合で3回継ぎ足す方が多いようです。)

  12. 残った酵母液と元種は冷蔵庫で保存し、早めに次のパン作りに利用しましょう。

    焼き方は酒粕天然酵母パンをご覧下さい
このレシピを印刷する 

Yahoo!ブックマークに登録 このレシピをYahoo!ブックマークに登録する

Top  免責事項  Blog
Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.