シャンパン・モエ - レシピ [ 作り方 ]

料理の種類で探す 食べたい時で探す ダイエット情報 食べ歩き ショッピング マロンの掲示板
ダイエット料理レシピ集
シャンパン・モエ
シャンパン・モエ(シャンパンの開け方)

注意点は、1、ビンを振らない。2、しっかり冷やす。ビンに振動を与えたり、よく冷えていないと、ふきこぼれやすくなります。

シャンパン・モエの材料


(ハーフサイズ)
モエ・エ・シャンドン・ブリュット・アンペリアル‥‥375ml

シャンパンでホームパーティ
シャンパン・パイパー
アンチョビのブルスケッタ
ゆべしのカナッペ
ロックフォールチーズとレーズン

ボジョレーヌーボーもいかが
ボージョレ・ヌーボー(コーディア社)
ボージョレ・ヌーボー(ブシャール・エイネ社)

ワインを使ったカクテル・スプリッツアー

おいしいビールの注ぎ方・はなまる流
おいしい缶ビールの注ぎ方

シャンパン・モエの作り方


シャンパン・モエ(シャンパンの開け方)のレシピページには手順写真もあります。どうぞご覧ください。

  1. シャンパンやスパークリングワインは、冷たい方が美味しいお酒なので、買ってきたら冷蔵庫で3時間冷やす。ワインのように寝かせておく必要はありません。立てて入れても、寝かせてもOK。

  2. 急ぐ場合は、シャンパンクーラーか、なければボウルに氷水をはり、ボトルを入れておけば30分で冷える。ステンレスかアルミ製のボウルが熱伝導率がいいです。

  3. 【キャップシールをはずす】
    コルク栓をおおっているキャップシールをはずします。コルクを押えている針金の下あたりに、ナイフでぐるりと切れ目をいれます。ソムリエナイフが欲しいところです。

  4. 引き手がついていて、グルリと回して簡単にはずせるようにしてあるものもあります。

  5. 上の部分をはがす。

  6. 【針金をゆるめる】
    ガス圧でコルク栓が飛び出さないように、親指でコルクを押えます。

  7. 針金のねじってある部分を、反対に回してゆるめていきます。ねじりがほどけたら、下の輪っかの部分を広げて針金を全部取り外します。(正式には、針金はゆるませておいて、つけたままコルク栓を抜くのだそうです。)

  8. 【布かナプキンをかぶせる】
    布かナプキンをかけ、その上から親指で押さえなおします。こうすると、万一、コルク栓が勢いよく飛び出して、人にあたるのを防ぐことができます。

  9. もう片方の手は、ボトルを底から抱えるように持ちます。

  10. 【ポイント】
    コルク栓は押さえたままで、ボトルの方をゆっくり回します。コルク栓をねじり回して引き抜きたくなりますが、やめましょう。回すのはボトルの方です。コルクは固定して、ボトルの底を回します。

  11. 少し、コルク栓がせり上がってくるのを感じます。しっかり押えてコルク栓が飛び出すのを防ぎます。

  12. 最後はコルクを少し手前に傾けます。「シュッ」とガスの抜ける音がします。ゆっくりボトルを回し、コルク栓を抜きます。できるだけ音を立てないのが正式。

  13. なお、コルク栓を抜く瞬間は、ボトルを少し斜めにしておいた方が、ふきこぼれにくいです。


  14. 【ボトルの持ち方】
    手でエチケット(ラベルのこと)が隠れないように、できるだけボトルの底を持つようにします。

  15. 底のくぼみの部分に親指を入れ、残りの指でボトルを下から抱えるように持ちます。

  16. 難しければ、手のひら全体でボトルの底をおおうように持ってもかまいません。

  17. どちらにしても女性にはかなり力が必要なので、ボトルの下の方を上から握るように持ってもOKだそうです。

  18. 【グラス】
    グラスは背が高く、口の狭いフルート型がベスト。シャンパンの泡立ちを楽しむために作られているグラスだからです。

  19. 【注ぎ方】
    グラスは持ち上げないで、テーブルに置きます。ボトルの口をグラスの縁にできるだけ近づけます。少しずつボトルを傾けて、細く静かに注ぎます。グラスの半分まで注ぐ。泡が立つので、いったん注ぐのをやめ、泡が静まるのを待つ。

  20. 泡立ちが消えたら再び注ぎ、グラスの七分目くらいまで注ぐ。

  21. 複数の場合は、次々注ぎ、泡が消えたら最初の人から注ぎ足すとよい。

  22. 【保存はきかない】
    一度栓を開けると、気が抜けて保存がききません。飲みきりサイズを買いましょう。750mlの1本が無理なら375mlのハーフサイズ、200mlのピッコロサイズもあります。

  23. 【シャンパンとスパークリングワインの違い】
    スパークリングワイン
    スパークリングワインは、発泡性ワインの総称。

    シャンパン
    シャンパン(正式にはシャンパーニュ)は、そのうちの一つ。フランスのシャンパーニュ地方で、規定の品種のぶどうを使い、醸造、発酵など定められた手法で作られたものだけが、シャンパンと呼ばれる。

    ヴァン・ムスー
    同じフランスでもシャンパーニュ地方以外の地域で作られたものはヴァン・ムスーと呼ばれる。

    カヴァ
    スペインはカヴァ

    スプマンテ
    イタリアはスプマンテ

    ゼクト
    ドイツはゼクトと呼ばれる。

  24. 【値段】
    シャンパンは手間をかけて作られていて、味も格別。1本数千円からと高価ですが、スパークリングワインは、1.000円台のものも多くあって、手頃な値段で売られています。

  25. 【モエ・エ・シャンドン情報】
    モエ・エ・シャンドンは、フランスの世界有数なシャンパン製造会社、あるいは同社が製造するシャンパンのブランド名。モエ・エ・シャンドンの歴史は古く、クロード・モエによって1743年に創立される。シャンパーニュ地方からパリまで船積みワインにしたのが始まり。ルイ15世は、スパークリングワインの需要が伸びていることに注目して、モエに18世紀末までに欧州全土やアメリカ向けの輸出用飲料として、直ちに生産を拡大させるように命じた。傘下に最高級シャンパンで有名なドン ペリニヨンを有する。
このレシピを印刷する 

Yahoo!ブックマークに登録 このレシピをYahoo!ブックマークに登録する

Top  免責事項  Blog
Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.