湯布院温泉(Pロール・夢想園)食べ歩き

ダイエット料理レシピ集


湯布院:由布岳

■感動の由布岳とB-speakのPロール

小雪がちらつく久住高原を後に、今回の食べ歩きのもう一つの目玉!湯布院に向かった。県道11号線を北上して、峠を越える。途中、感動的な由布岳の姿が見えました。大きな雪雲を支えるかのようにずっしりとそそり立ってます。標高1583メートル。その尖頭は白銀。息を呑むような風景でした。B-Speakの「Pロール」を予約した時間が迫ってる。でも感動して夢中に写真撮ってるパパに「早くぅ〜」とは言えなかった。

湯布院:B-speak湯布院でどうしても食べたかったB-speakのPロール!店の前の行列はもはや名物って言うんで、5日前から予約しておいた。夕方4:30の約束になんとか間に合った。
「由布岳をバックにどこかで写真を撮ろう!」。湯布院:夕日に映える由布岳日が傾いて由布岳が黄金色に輝いている。頂上は真っ白な雪化粧。なんという美しさ‥。今しかない。
「早くしないと日が落ちるな‥」焦るパパ‥(゜д゜;)。
と、絶好のすばらしい場所があった!

湯布院:B-speakのPロール由布岳をバックに撮ったB-speakのPロール!ね〜!おいしそーでしょ〜♪(*T▽T*) 憧れの由布岳が夕日にキラキラ輝いてる。
湯布院:B-speakのPロール肌を刺す冷たく透き通った夕風。
「風のハルカ」の一シーンが蘇った。
んんん〜‥(# ̄ ▽ ̄#) ‥口に含んだとたん、ふんわりスポンジが綿菓子みたいにシュワーって溶けた。そのあと、極上のクリームの至福の味わいが口いっぱいに広がって、脳内麻薬が体全体を駆け巡った。
あ〜来てよかった‥(;_;)

湯布院:由布岳 上品な甘さの生クリーム。地鶏を使ってるんですって。お口いっぱいに新鮮卵の香りを感じる。 プレーンとチョコの2種類。1本1050円。行列ができる超人気のお店だよ。

お宿の「山のホテル 夢想園」に着いたら、すっかり日が暮れました。


由布院と湯布院の呼び名の違いって?
昭和30年に旧由布院町と旧湯平村の合併によってついた新しい町名を「湯布院町」といいます。それまでは湯のつく地名はなかったそうです。そのため、町全体を言う時は湯布院を使いますが、昔からある地名は「由布院駅」や「由布岳」というように由の文字を使います。ちなみに2005年10月には、庄内、狭間と合併し、「由布市」となったそうです。
湯布院:湯の坪街道マップ B-speak パン工房 まきのや 櫟〔くぬぎ〕の丘 山のホテル 夢想園 金賞コロッケ 金賞コロッケ 茶房 天井棧敷 貧乏な貴族 ホテル ゆふいん七色の風 角柱本店 行きたい所をクリックすると、説明にジャンプできます♪

■ 山のホテル 夢想園

湯布院:山のホテル「夢想園」老舗旅館の夢想園、売りは広さ150畳の女性専用大露天風呂。高台に立つ宿なので雄大な由布岳を眺めながら湯につかれるという絶景のロケーション。他では味わえない開放感があります。風のハルカの撮影もこの露天風呂で行われたとか。

湯布院:山のホテル「夢想園」からみる由布院市街通していただいたお部屋は湯布院町全体が見渡せる絶景の場所。(@^▽^@) 「夜景がヤケに美しいなぁ!~(=^‥^A」なんて、もう300回も聞いたおやじギャク繰り返すパパも、許しちゃう許しちゃう。ご機嫌のマロンなのでした。

湯布院:山のホテル「夢想園」やっぱりお食事の前にご自慢の女性専用大露天風呂「空海の湯」をいただかなくっちゃね。
うわさ通りのすばらしいお湯でした。
深まる夕闇の中、微かな残り陽に縁取られた由布岳が荘厳な姿を惜しげもなく見せてくれます。顎までお湯につかって‥あ〜‥もう、言うことないよ〜‥はぁ〜(*´ο`*)‥ってちょっとお腹すいたけど‥(^_^;)

湯布院:山のホテル「夢想園」の夕食

お食事も九州名産がたっぷり

えへへ。(*^_^*) お腹もすっかり準備が整って、待ちに待ったお食事です。豊後牛の網焼きにとよのしゃも鍋とご当地名産がたっぷりで、わくわくしちゃう♪〜(*´∀`*)

湯布院:山のホテル「夢想園」の夕食

先付け

子持ち鮎の甘露煮。からすみと大根。水菜と車麩、しめじのピーナッツあえなど。豆腐のわさび漬けはクリーミーでピリッとしてて、ほんと妙味!



湯布院:山のホテル「夢想園」の夕食湯布院:山のホテル「夢想園」の夕食

ゆばしんじょとしらこのきみあえ、卯の花仕立て

う〜ん‥しらこの苦味がたまりません〜)^o^(

おつくり

鯛、まぐろ、かんぱち。おいぴ〜!幸せ〜!(*T▽T*)


湯布院:山のホテル「夢想園」の夕食湯布院:山のホテル「夢想園」の夕食

とよのしゃも鍋

新鮮な地鶏を使ったしゃも鍋。やっぱりここまでこないと食べられない一品。心地よい歯ごたえと深い味わいに感動‥。

山女の柚あん焼き

ゆずと醤油の甘味が絶妙のコラボレーションでした。

湯布院:山のホテル「夢想園」の夕食湯布院:山のホテル「夢想園」の夕食

豊後牛の網焼き

なんて、やわらかいくて香ばしいのでしょう。脂がほどよくのった、極上和牛の味わい‥。あんまりやわらかいので流動物のように咽を下りました〜!(≧∇≦)

かぶの煮物

おいしいゆず味噌に九州の晩秋を感じます。


湯布院:山のホテル「夢想園」の夕食湯布院:山のホテル「夢想園」の夕食

さわらのそばの実蒸し

最後まで楽しませていただいたお食事。もうお腹いっぱいなのに、ズルズルって入っちゃいました。(;^_^A

デザート

デザートは、ゆずのチーズケーキとマーマレードに柿と梨。ほんとうに季節を満喫させていただきました。


湯布院:山のホテル「夢想園」あ〜大満足だったお食事‥。すっかり出来上がっちゃったマロンとパパ。
でも、やっぱりもう一度夜の露天風呂に浸からなくっちゃね。肩まで浸かると、冷たい夜風が火照った顔に心地いい‥。
感動の連続だった九州食べ歩きも明日でおしまいかぁ‥。
でも、明日もまだまだ紹介したいものがいっぱい残ってますからねぇ〜!頑張らなくっちゃ!と真っ黒な由布岳に誓うマロンなのでした‥(^_^;)って‥ちょっと酔ったかなぁ‥

湯布院:山のホテル「夢想園」名物プリン湯上りに湯布院「夢想園」の名物プリン!(*^.^*)
でへっ♪~(=^‥^A 湯布院「夢想園」のもういっこのお楽しみは、このどでかい名物プリンなのだ!一日40個限定なので、予約しておいたほうがいいです。
湯布院:山のホテル「夢想園」名物プリンお部屋に運んでくれるので、湯上りに最高!(*^.^*)
マロンたちは湯布院の風景をバックに写真を撮りたかったので、もちろんお部屋でいただきました。
山の上にあるホテルの窓からは湯布院全体が見渡せます。
冷たい風とプリンのまろやかさが、湯上りの火照った体に染み渡りました。



■ 湯布院「夢想園」の家族露天風呂でのんびり‥(*^.^*)

湯布院:山のホテル「夢想園」から見る朝の由布岳夜明けの由布岳の姿をどうしても見たくて、早くから目が覚めました。
窓を開けると、そこにあったのは、言葉にもできないほど荘厳な由布岳でした。夜中に頂上付近から中腹にかけて積もった新雪が朝靄の中に浮かび上がって、銀色に輝いています。
やさしいピンク色の朝の光と薄いグレーの影が溶け合って、背景の薄青の冬の空に山を浮かび上がらせてくれています。
なんという存在感‥
湯布院:山のホテル「夢想園」家族露天風呂 これを見れただけでも、ここまで来たかいがあったっていうもんです。

湯布院:山のホテル「夢想園」家族露天風呂 さぁ〜てさて!マロンが超楽しみにしてたのは、この家族露天風呂。家族だけの貸切で入れる小さな露天風呂なのです。
「入浴中」の札を下げて、中からカギができるので、家族でゆっくりと湯布院:山のホテル「夢想園」家族露天風呂から見る由布岳プライベートな露天を楽しめます。

もちろん、ここからも由布岳がよくみえますよ。
以前、まだ湯布院がポピュラーになる前に来たときは、この家族露天風呂の垣根がなくて、遠くの畑でおじさんが農作業をしておられて、湯布院:山のホテル「夢想園」家族露天風呂少しちっちゃくなって入ったのを覚えてます。(* ・ ・*) でも、今は改装されていてほんとうに安心でした。

由布岳見ながらパパと二人ゆっくり‥。最高でした。(*^.^*)。




湯布院:由布岳 あこがれの湯布院‥あの透き通った夕風が忘れられません‥
やっぱり期待は裏切られなかった。Pロールの口の中で蒸発するような味わい‥
夢想園の文字通り夢のような露天風呂‥そして、なによりも感動の由布岳の勇姿‥
でも、まだまだありますよ!「パン工房まきのや」に「櫟〔くぬぎ〕の丘」!その2をご覧ください!

食べ歩き記リスト
とにかく、めっちゃ最高の九州・湯布院!格安の楽天トラベルで!
トップ | ブログ | 種類別検索 | 食べたい時別検索 | ダイエットページ | 食べある記 | お買いもの | お問い合わせ

Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.     免責事項Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Hatenaブックマークに追加