湯布院(天井棧敷・角柱本店・鍵屋のおはぎ)食べ歩き

ダイエット料理レシピ集


湯布院:大分川の菜の花

湯布院:大分川の菜の花

■どうしても見たかった大分川の菜の花

二年前に行ってから、すっかりはまちゃった湯布院。もう一度行きたくて、行きたくて、先回は冬の初めだったので、今度行くなら春と決めてました。なぜかって、大分川沿いの菜の花がどうしても見たかったからなのです。
今回は低気圧のど真ん中で、残念ながら由布岳は見れなかったですけど、そんなのへっちゃらです。先回しっかり見れたから。ね、憧れの菜の花はいっぱい写真に収めてきましたよ。

湯布院:大分川の菜の花花を傷めないように気をつけながら、河原にも下りて、いっぱい撮りました。朝方からの雨に濡れて、新緑をバックにしっとり輝く黄色い花。

あまりの可愛らしさに涙がでそうになりました。

ときどき由布岳から吹き降ろす強い風が河原を渡って行きます。誰もいない静かな河原。時がたつのを忘れてしまいました。


由布院と菜の花
春、大分川沿いを埋め尽くす菜の花は、元々咲いていた菜の花を土手一面に広げようと、由布院温泉旅館組合の青年部の手で河川敷に蒔かれ、大切に管理されています。
毎年9月〜10月に菜の花、6月〜7月に秋桜の種が青年部と青年部OBによって蒔かれるそうです。
回を重ねるごとに蒔き方にも工夫が加えられているそうですよ。 4月上旬から咲き始める菜の花は桜と共に由布院の春の見どころとして賑わっています。郷土を愛し、大切にする心がここにも息づいていますね。
湯布院:湯の坪街道マップ B-speak パン工房 まきのや 櫟〔くぬぎ〕の丘 山のホテル 夢想園 金賞コロッケ 金賞コロッケ 茶房 天井棧敷 貧乏な貴族 ホテル ゆふいん七色の風 角柱本店 行きたい所をクリックすると、説明にジャンプできます♪

湯布院:角柱本店の豊後牛ステーキ丼

■ 角柱本店の豊後牛ステーキ丼

霧の由布岳今回の湯布院食べ歩きは、最初からハラハラドキドキのハプニング続出でした。山陽道から九州道に入り、北九州JCTを経て、いったん国道に降り、大分道に上がったとたんに、「霧のため通行止め」の表示!「え"え"〜!( ̄[] ̄;)」西からやって来るものすごい低気圧に、もろガッチンコしちゃったのです。
やむなく、速見ICですごすご高速を降りることに。国道も霧で真っ白‥視界200m‥超低速運転。「あ〜ん!(ノД`;) これじゃ湯布院着くのお昼過ぎちゃうよ〜!」と大パニックマロン。(^_^;)
と言うのは、湯布院での最初のお目当て「角柱本店」の豊後牛ステーキ丼は、超人気一日50食限定で、売り切れご免なのです。行列ができるお店で、お昼にはもうない日も多いとか‥。

湯布院:角柱本店それでも、別府に抜けて、県道11号線で城島高原を越える頃には霧がサァ〜てうそみたいに晴れました。「もうすぐだよ」とパパ。「うひゃ〜やったぁ!間に合いそう!」ってことで、なんとか午前11時過ぎには湯布院に入れました。
B-speakパン工房まきのやを覗いて見たい気持ちをぐっと抑えて、とにかく角柱本店に直行!『もう行列できてるかなぁ‥』と思いきや!‥あれ?

湯布院:角柱本店な、な、なんと!お客さんが一人もいないのです!貸し切り状態‥。「ど、どうゆうこと?」「場所、間違えたかな‥」と、ドギマギしながらも「豊後牛ステーキ丼」を注文。待ってる間も誰も入ってこない‥。ますます不安な二人でしたが、この理由は後で分かることになります。

とにかく!さぁ!来た来た!箸でも切れると評判の柔らか豊後牛のステーキどんぶりです!



湯布院:角柱本店の豊後牛ステーキ丼お箸で切れる柔らかさ!豊後牛ステーキ丼!

でへへ。(*^_^*) も〜う!ダイエットのことも、カロリーのことも、すっかり忘れちゃいました。(^_^;) なんなのだ‥、このとろけるような柔らかさは‥。牛サーロイン独特の味わい深い香りと得も言われぬ旨みに酔いしれました。

湯布院:角柱本店の豊後牛ステーキ丼湯布院:角柱本店の豊後牛ステーキ丼 精肉店が営むとあって、肉の質、ボリュームともに大満足です。
このA5級等級の和牛サーロインが、ご飯の上にのって2700円。決して後悔させません!
カロリーは自己責任で‥(^_^;)

湯布院:角柱本店の豊後牛ステーキ丼 それにしても、どうしてこんなに空いてるんだろ‥そんなことを考えてると、隣の席にとても素敵な二人連れの中年女性が入ってこられました。
旅慣れたご様子で、湯布院のことをいろいろと楽しそうに話しておられます。
すっかり耳ダンボのマロン(^_^;)‥。湯布院:角柱本店
勇気を出して話しかけてみました。
「もう食事は済んでお腹一杯なんだけど、こんなにすいてるのはめずらしいのでつい入ってきちゃった」とのこと。おー!今日はラッキーだったんだ!やっぱりいつもは行列ができるほど混んでいて、なかなか食べられないそうです。
湯布院:なな蔵このお二人、旅のスペシャリストでした。湯布院の情報も超ディープ!
「湯布院って、来るたびに発見があって楽しいのよね」「そう、魅力的よね」「へぇ〜!どんな所がですか?」メモメモ!(^_^;) 「『なな蔵』さんの豆腐の味噌漬けはチーズのようで美味しいわよ」「『鍵屋』さんの柚子こしょうも、お肉につけて食べるとピリッとアクセントになって最高よね」。フムフム(*・ω・)、ホホー(・0・。) 、ヘー(・ω・*)ただただ感心のマロンとパパ(^_^;)‥。
とっておきのお店やマル秘お宿情報などをGetできました!豆腐の味噌漬けは、マロンも友達のお土産に3つ買って帰りましたが、大評判でしたよ!
「でも、やっぱりお湯は別府よね」「そう。だからお宿は別府で、遊びはここって決めてるの」とのこと。
いやはや勉強になりました。脱帽。<(_ _)>

湯布院:亀の井別荘「茶房 天井棧敷」

■ やすらぎの時間と空間、湯布院「茶房 天井棧敷」

湯布院:金鱗湖さて、おいしいステーキ丼をいただいた後、今回どうしても行ってみたいと思ってる「茶房 天井棧敷」に向かいました。湯布院:金鱗湖
天井棧敷は、金鱗湖の近く、あの有名な湯布院・三大名旅館の一つ、亀の井別荘の敷地内にあります。
亀の井別荘は創業大正10年。湯布院を代表する名旅館として全国に名を馳せていますね。

緑の小道を少し歩くと、タイムスリップしたような古風なお屋敷が現れます。
湯布院:亀の井別荘「鍵屋」「茶房 天井棧敷」は、亀の井別荘庭内の雑貨「鍵屋」の二階にあります。
湯布院:茶房 天井棧敷江戸時代の終わり頃の造り酒屋の建物の屋根裏を改造したということで、深い趣きのある静かな時が流れるカフェでした。

ヨーロッパ風に深い焙煎に仕立てられた、力強い味わいとほのかな甘みと評判の珈琲が楽しみです。


湯布院:茶房 天井棧敷湯布院:茶房 天井棧敷湯布院:茶房 天井棧敷店内も写真のとおり、古い木造を生かした素敵なしつらえです。

優しい光が差し込む窓際の席に案内してくださいました。なんだか詩集が読みたくなる雰囲気です。



湯布院:茶房 天井棧敷のコーヒー湯布院:茶房 天井棧敷のコーヒーわたしたちが選んだのは、「天井桟敷ブレンド」
透明感のある苦味と強いコク、鮮やかな風味が想い出に残りました。 お聞きしてみると、コロンビア豆の深煎りにこだわった四十年だそうです。少々苦くして、優しい甘味のコーヒーは、亀の井別荘の歴史の味でもあるんですね。
亀の井別荘を代表するブランドとなった天井桟敷コーヒー。頑固で寡黙な老職人のこだわりの一品に触れたような感動でした。

湯布院:茶房 天井棧敷のいちごジュース湯布院:茶房 天井棧敷のレアケーキ湯布院:茶房 天井棧敷のレアケーキそして、中津市耶馬渓町“結農園”の朝摘みいちご「森のいちご」で作ったいちごジュース。ほんとうに高原の朝の爽やかさです。

新鮮なヨーグルトとクリームチーズを合わせた冷たいレアケーキも最高でした。

あまりおいしいコーヒーなので豆を買いました。

しおりには、「お湯の温度は約85℃を基準に、温度を高くすると苦みが、低くすると甘味が出やすくなります」とありました。

大正時代のカフェに来たような店内。パパと二人、静かに流れる時間を味わいました。

■湯布院:鍵屋のおはぎ

湯布院:亀の井別荘「鍵屋」あの有名な「鍵屋」の“おはぎ”も食べたよ!(*^.^*)
でへっ♪~(=^‥^A 湯布院「茶房 天井棧敷」でおいしいコーヒーをゆっくりいただいた後は、一階の「鍵屋」のあの有名なおはぎです。(^_^;) しっとりと新緑が輝く金鱗湖近くのベンチに腰掛けて、パパと二人でいただきました。
湯布院:鍵屋のおはぎ「うん!旨いなぁ!」「さすがだ!」って、パパが感動して、あんまり繰り返すもんだから、「マロンのとどっちがおいしい?(*・へ・*)」「え?そ‥そりゃ、君のだよ‥ハハ‥(;~▼~;)」って、目が泳いでる。やさしいパパ。うそでもうれしいわ。(^_^;)湯布院:鍵屋のおはぎ
鍵屋のおはぎは、評判どおり、甘さを絶妙に抑えることにより、小豆の味わいをみごとに引き出していました。きなこと一つずつ買ったけど、やっぱり小豆が好きです。
このおはぎは、亀の井別荘のご主人、中谷 健太郎さんのおばあさまのレシピで作られていると聞きました。中谷さんと言えば、由布院を築いた人としてあまりにも有名ですね。郷土への深い愛が、この小さなおはぎにも込められていました。
→マロンのおはぎレシピはこちら‥(^_^;)

湯布院「茶房 天井棧敷」天井棧敷の窓際の席に座って、おいしい深焙煎のコーヒーを啜りながら眺める新緑は、切ないほどの美しさでした。雨に洗われた木々の緑が薄靄にやさしく溶け込み、息づいています。
着物姿の大正時代の小説家か俳人が座っていても、ちょっとも違和感のない空間‥。
「青葉揺る、旅情切なき、カフェの窓」−漫浪

食べ歩き記リスト
とにかく、めっちゃ最高の九州・湯布院!格安の楽天トラベルで!
トップ | ブログ | 種類別検索 | 食べたい時別検索 | ダイエットページ | 食べある記 | お買いもの | お問い合わせ

Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.     免責事項Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 Hatenaブックマークに追加