簡単いちご大福 - レシピ [ 作り方 ]

料理の種類で探す 食べたい時で探す ダイエット情報 食べ歩き ショッピング マロンの掲示板
ダイエット料理レシピ集
簡単いちご大福
いちご大福

生地の目安は全体に粘りや透明感が出ること。粉っぽいようならもう一度30秒ほど加熱して下さい。

いちご大福の材料


(8個分)
いちご(中粒)‥‥8粒
あずきこしあん‥‥150g
白玉粉‥‥100g
砂糖‥40g
水‥‥140cc
片栗粉‥‥適量

いちご大福の情報
いちご大福のよくある質問

いちごの関連レシピ
いちごのショートケーキ
いちごジュース
イチゴのスムージー
いちごジャム
いちごジャム(電子レンジ・パルスイート)
いちごジャム(電子レンジで作る)

いちご大福の作り方


いちご大福のレシピページには手順写真もあります。どうぞご覧ください。

  1. いちごは洗って水気をふき、ヘタをとる。苺の大きさは中粒が適しています。いちごが大きすぎると包みきれません。大きすぎる場合は、短くカットして下さい。

  2. あんこを丸めて8等分する。

  3. いちごを包んで丸めておく。(少しだけ上部を餡で覆わないようにすると、いちごの赤い部分が透けて見えてきれいです。)

  4. 耐熱容器に白玉粉、砂糖、水を入れてダマのないように泡立て器でよくかき混ぜる。

  5. ラップをして電子レンジ600Wで2分加熱する。

  6. 電子レンジから取り出し、水でぬらした竹ベラなどでよくかき混ぜる。

  7. ラップをして再び電子レンジで2分加熱する

  8. 生地につやや粘りが出るまでもう一度よくかき混ぜる。餅っぽくなってきます。

    コツ
    よくかき混ぜることで、餅につやコシが出てきます。

  9. 片栗粉を広げたバットに生地をあける。

  10. 手に粉をつけ、全体に片栗粉をまぶし棒状に伸ばす。

  11. キッチンバサミやスケッパーなどで8等分に切る。親指と人さし指を使って手でちぎってもOKです。餅が熱いので火傷に注意して下さい。

  12. 粗熱がとれたら生地を丸く広げ、いちごの頭を下にして皮にのせる。

    ポイント
    生地が冷めると扱いにくいので、手早く作りましょう。

  13. ふちを引っ張ってねじるようにしてくっつけながら上でまとめる。

  14. 形をととのえる。

  15. 包み終えた大福はまんべんなく片栗粉をつける。

  16. 大福同士がくっつかないように片栗粉を敷いた器にのせる。

  17. 食べるときは余分な粉を払って下さい。

  18. すぐに食べない時は、固くならないようにサランラップで包んでおきましょう。

    保存期間
    作りたてがおいしいですが、翌日も常温保存なら固くなっていません。 できるだけ冷蔵庫で冷やさない方がいいと思いますが、部屋が温かいなら冷蔵保存しましょう。2日以内(作った日と翌日)に食べて下さい。

  19. 【いちご大福のよくある質問】

    いちご大福に用いる粉は?
    白玉粉もち粉が使われます。砂糖が入ることで、餅のようにかたくならず、日持ちします。大福の皮に使う生地を求肥(ぎゅうひ)と呼びます。

    求肥(ぎゅうひ)とは?
    お餅の一種。白玉粉や餅粉を水で溶いてこね、蒸したあと、砂糖や水飴を入れて練り上げた餅状のもの。やわらかくて弾力があり、時間がたってもかたくなりにくい。練りきりなどの生菓子やお団子によく使われます。平安時代に中国(唐)から伝わってきた当初は、牛皮と書きました。(中国では牛脾と書いた)昔は玄米のもち米を使っていたために黒っぽく、牛の皮に似ていたことから牛皮と書かれました。肉食を嫌った仏教思想により、求肥と書き改められたといわれています。

    求肥と餅の違いは?
    どちらも餅米を用いるということでは同じですが、製法や材料が違います。餅はもち米を蒸してつくことで粘りを出しますが、求肥は餅米を粉にし、水と砂糖を加えて火にかけて練り、粘りを出します。

    大福が冷めてもやわらかいのはどうして?
    餅は冷めると固くなりますが、砂糖を練り込んだ大福や求肥は、砂糖のもつ保水性のおかげで冷めても柔らかさが保たれます。

    もち粉と白玉粉と求肥粉の違いは?
    白玉粉ももち粉も両方とも餅米を粉にしたものですが、製造工程や粒子の粗さの違いによって分けられています。

    白玉粉(しらたまこ)
    白玉粉はもち米を粉にひき、よく水で晒(さら)して乾燥させたもの。白玉粉は厳密にはお餅の粉ではありません。もち粉という商品は別にあります。白玉粉で作った求肥は、もち粉で作ったものよりも透明感があり、粘りが強い

    白玉粉
    もち米を水で洗う→水に浸けて柔らかくし水切りする→水を加えながらひいて乳液状にする→撹拌(かくはん)→沈殿→圧搾脱水→天日乾燥させたもの

    手間がかかった分、粉の粒子が小さく舌ざわりが滑らか。

    もち粉
    もち粉は求肥粉のことで、関西での呼び方です。もち粉は、米のいい香りが白玉粉よりあります。大福粉(だいふくこ)とも呼ばれる。

    もち粉の製造工程
    もち米を水で洗う→脱水→製粉→ふるい分ける→乾燥

    求肥粉
    求肥粉はもち粉と同じもので、関西ではもち粉と呼びますが、求肥粉は全国的な呼び名です。

    いちご大福の始まり・元祖は?
    三重県津市の「とらや本家」は1985年(昭和60年)頃に自社で開発したと主張しているが、元祖を名乗る和菓子屋は複数存在しており、正確な始まりは分かっていない。とらや本家の他に元祖を名乗る店は、東京都新宿区住吉町の大角玉屋。商品名は「いちご豆大福」。群馬県前橋市の金内屋、三重県伊賀市の欣榮堂、滋賀県大津市の松田常盤堂、岡山県倉敷市の甘月堂など全国各地にあり、正確なところは分からない。昭和後期に開発された商品であることは間違いない。

    いちご大福の製造法の特許は、大角玉屋(おおすみたまや)が保有している。元祖を名乗る「とらや本家」は、製造方法が他社に漏れるのを恐れて特許申請を行わなかったといいます。

    いちご大福の中身のあんは地域で違うの?
    白花豆で作る白あんと小豆で作る黒あん(こしあんや粒あん)があります。元祖いちご大福のお店を分析すると、関東は粒あん、関西は白あんが好まれるようです。楽天 白あん1kg

    大角玉屋(東京都新宿区)は粒あん
    金内屋 (群馬県前橋市)は粒あん
    とらや本家(三重県津市)は白あん
    欣栄堂(三重県伊賀市)は白あん
    松田常盤堂(滋賀県大津市)は白あん
    甘月堂(岡山県倉敷市)は白あんとこしあん

    いちごの代わりに入れたい果物は?
    栗の甘露煮、みかん丸ごと、オレンジ、桃、バナナ、パイナップル、メロン、ブルーベリーなど。缶詰の果物を使うときは、水気をよく切ること。
このレシピを印刷する 

Yahoo!ブックマークに登録 このレシピをYahoo!ブックマークに登録する

Top  免責事項  Blog
Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.