検索
梅ジュース・シロップ(はちみつ)レシピ 梅ジュース・シロップ(はちみつ)レシピ
梅ジュース・シロップ(はちみつ)レシピ 梅ジュース・シロップ(はちみつ)レシピ
梅ジュース・シロップ(はちみつ)レシピ 梅ジュース・シロップ(はちみつ)レシピ
梅ジュース・シロップ(はちみつ)レシピ
梅ジュース・シロップ(はちみつ)レシピ
梅ジュース・シロップ(はちみつ)レシピ
梅ジュース・シロップ(はちみつ)レシピ
梅ジュース・シロップ(はちみつ)レシピ
梅ジュース・シロップ(はちみつ)レシピ

蜂蜜と梅の爽やかコラボ(レシピ)はちみつ梅ジュース

カロリー:
(1杯分)63kcal
準備時間:
15分
調理時間:
11日

はちみつ梅シロップの作り方(レシピ)
はちみつ梅ジュースの作り方です。ミネラルや酵素たっぷりのはちみつで、梅シロップを作りましょう。まろやかな風味が楽しめます。長く保存したい場合は、加熱して発酵を止めます。夏は冷やして4〜5倍に薄めて飲みましょう。

材料(適量)

梅‥‥1kg
はちみつ‥‥700g〜800g

レシピ(作り方)

はちみつ梅ジュースの作り方:漬け瓶を消毒する
1.【漬けビンを消毒】
梅を漬けるビンを洗って乾かす。焼酎で内側をふいて消毒しておく。ビンの大きさは、梅が1kgなら3リットルくらいのサイズを準備しましょう。
梅を洗う
2.梅を水洗いし、ザルに上げる。
傷みやすいので梅のなり口を竹串で取り除く
3.梅のヘタは竹串を使って取り除く。
梅の水気をキッチンぺーパーでふきとる
4.梅を乾いた布巾やキッチンぺーパーで拭き、水気を取る。
梅を24時間以上冷凍する
5.ビニール袋に入れて口を閉め、冷蔵庫の冷凍室で24時間以上凍らせる。
冷凍することで、失敗せずに短期間で作ることができます。竹串で梅に穴を開けたりする必要はありません。
梅を全部ビンに入れる
6.ビンに梅を全部入れる。
ハチミツ梅シロップの作り方:蜂蜜を梅の上からかける
7.はちみつを入れる。
結露を防ぐためタオルを敷いた上にビンを置く
8.ふたをして冷暗所に置く。凍った梅が解けてくると結露します。ビンの下にタオルなどを敷いておきましょう。発酵を避けるために直射日光の当たらない涼しい場所に保存。この時点で冷蔵庫に入れると出来上がりまでに時間がかかります。
時々容器をゆすり梅をジュースで濡れさせて腐敗を防ぐ
9.数日で果汁が出てきます。はちみつは下にたまりやすいので、1日1〜2回容器をゆする。
こうすることにより、エキスも早く出ますし、梅をすみずみまでぬらすことにより、梅の表面が乾いて発酵するのを防ぎます。
10日でジュースが抽出される
10.約10日で出来上がり。梅からエキスが十分抽出されると、梅はしわしわになるので、飲み頃の目安となります。
梅の実を取り出しシロップは鍋に入れる
11.梅の実を取り出し、シロップを鍋に移す。
シロップを80度で15分加熱殺菌して発酵や腐敗を防ぐ
12.【加熱殺菌】
アクを取りながら80度で10〜15分加熱殺菌する。沸騰直前になったら、ごく弱火にして、沸き立たないように常にかき混ぜながら煮れば、80度を保てます。濁りがある場合は、殺菌する前にガーゼでこしておくとよい。これで3ヶ月は冷蔵保存できるようになります。

加熱殺菌しない場合は酢を加えると腐敗や発酵を防ぐ
13.【加熱殺菌しない場合】
加熱すると発酵が止まって保存性が高くなりますが、健康に良い酵素が失われます。加熱したくない場合は、梅とハチミツの合計重量の10%の酢を加えてみましょう。このレシピなら170〜180ccの酢を加えます。1ヶ月を目安に、酸っぱくならないうちに、早めに飲み切りましょう。
保存容器を煮沸殺菌して乾かす
14.【保存瓶を消毒】
保存ビンは、煮沸消毒して乾かしておく。
ジュースを完全に冷ましてから瓶に入れる
15.ジュースが完全に冷めてから、ビンに入れる。
原液なので冷水や牛乳や炭酸で4〜5倍に割って飲む
16.【飲み方】
冷水、牛乳、炭酸などで4〜5倍に割って飲む。蜂蜜を使っているので、腸が未発達な1歳未満の乳児には飲ませないで下さい。ボツリヌス中毒の危険性があります。

マロンのワンポイントアドバイス:はちみつは下にたまりやすいので、毎日ビンをゆすって梅とシロップをよくなじませましょう。濡れていることでカビ防止にもなります。

冷蔵庫で1カ月保存可能
【保存方法】
冷蔵庫で保存。加熱殺菌すれば3ヶ月位は保存が可能です。殺菌、滅菌、管理状態がよければさらに長期保存も可能です。加熱殺菌しない場合は1ヶ月を目安に、できるだけ早く飲み切りましょう。
残った漬け梅でジャムを作る
【梅ジャム】
取り出した梅の実は、捨てないで梅ジャム作りに利用しましょう。
紀州産南高梅使用梅のシロップ
【はちみつ梅ジュース】
作るのが大変な方は美味しいはちみつ梅ジュースがありましたのでこちらをどうぞ。楽天でのご購入は→【紀州産南高梅使用】(梅シロップ、梅ジャム、梅ソース)爽やかモーニングセット
和歌山県紀州産冷凍青梅・梅ジュース用
【冷凍梅】
冷凍梅ならいつでも好きな時に梅シロップが作れます。楽天でのご購入は→ ☆和歌山県紀州産青梅 冷凍梅(梅酒用・梅ジュース用) 1kg(500g×2袋

おすすめコンテンツ

サイト内の他のレシピや関連情報もご覧ください。

ユーザーレポート

投稿をお願いします!作ってみた感想、工夫してみたこと、ご提案、エピソードなどぜひ教えてください!この欄に掲載させていただきます。マロンと一緒においしいレシピを完成させましょ〜♪\(^▽^)/

お名前(ニックネーム)*
メールアドレス*
お料理名*
メッセージ*

おすすめコンテンツ

サイト内の他のレシピや関連情報もご覧ください。

関連レシピ

このレシピを見た人はこんなレシピも見ています

ダイエット・健康情報

レシピに関連したダイエットと健康の情報です

よくある質問

はちみつ梅シロップに関連したよくある質問の答えです

どうして梅を冷凍するの?
梅を冷凍すると、細胞内の水分が凍って体積が増加し、細胞壁を破ります。そのため果汁が出やすくなります。失敗が少なく短期間でできる。梅ジュースを早く出すことによって、酸味の効いたサッパリした味に仕上がるのだそうです。
冷凍しないレシピもある?
はちみつの場合は冷凍しないというレシピもありました。その場合は梅1kgに対し、はちみつを同量の1kg、漬ける期間を1カ月にするとよいようです。
はちみつ梅シロップ作りに適した梅は?
青くて固い梅が適していますが、少し熟した梅でも大丈夫です。ただし、ブヨブヨと熟しすぎた梅は、潰れて液が濁ったり、アルコール発酵しやすい。青梅は酸味が強く、すっぱい香りがする。少し熟した梅は甘い香りがする。
砂糖に比べてハチミツを入れる分量は?
多くのレシピは、梅1kgに対しはちみつは同量の1kgを入れるとありましたが、蜂蜜は甘みが強い分、砂糖の7〜8割の分量に抑えることもできます。甘さ控えめがお好きな方は、7〜8割で作ってみて下さい。
ダイエット向きのハチミツは?

ブドウ糖よりも果糖の多いはちみつの方が、血糖値を上げにくいので太りにくくなります。見分け方は結晶しにくいはちみつ。ブドウ糖が多いほど結晶しやすいからです。アカシアが一番果糖が多くてほとんど結晶しません。楽天でのご購入は→【山田養蜂場】熟成アカシア蜂蜜(ルーマニア産) 1kgビン入

シロップに泡が出たけど飲めるの?
発酵したと思われます。飲むことはできますが、アルコール化しているので、お酒の弱い方や子供さんはご注意下さい。
梅エキスはハチミツより砂糖で作った方がよく出るの?
浸透圧の関係で、水分のある蜂蜜よりも砂糖の方が、梅のエキスを引き出す力が強いです。でもハチミツで作った場合は梅にエキスが多く残るので、残りの梅で梅ジャムにするとおいしいです。
砂糖で作った梅ジュースとはちみつ梅ジュースの味の違いは?
白砂糖で作る定番の梅ジュースは、すっきりとした味ですが、はちみつ梅ジュースはまろやかな風味が楽しめます。
はちみつ梅ジュースは何故濁りやすいの?

砂糖で作った梅ジュースは、透明感のある琥珀色(左写真)をしていますが、はちみつの場合は不透明だったり、濁り(右写真)が出ます。蜂蜜は糖分以外にミネラルなどの不純物が多いからです。

砂糖で作った梅ジュースは透明だがハチミツで作った梅ジュースはミネラルが多いので濁る

はちみつ梅シロップのカロリーは?
完成品の重量を計測し忘れたので正確には分かりませんでした。砂糖で作った梅ジュースを参考にしました。はちみつは砂糖に比べて25%カロリーが低くなるのを考慮して、1杯分、40ccを63kcalとみなしました。