焼き餃子(低カロリーレンコン入り) - レシピ [ 作り方 ]

料理の種類で探す 食べたい時で探す ダイエット情報 食べ歩き ショッピング マロンの掲示板
ダイエット料理レシピ集
焼き餃子(低カロリーレンコン入り)
レンコン入り焼き餃子

レンコンを少し粗めに切って、食感を楽しみましょう。

レンコン入り焼き餃子の材料


(30個分)
餃子の皮‥‥30枚
豚ミンチ‥‥80g
キャベツ‥‥150g(約葉3枚)
玉葱‥‥50g
レンコン‥‥60g
ニラ‥‥5本
おろししょうが‥‥1/2かけ
おろしニンニク‥‥1かけ

【A】 醤油‥‥大さじ2/3
       オイスターソース‥‥大さじ2/3
       酒‥‥大さじ2/3
       胡椒‥‥少々

餃子の関連レシピ
エビ入り餃子
水餃子
食べるラー油
えごま油の食べてやせるラー油

レンコン入り焼き餃子の作り方


レンコン入り焼き餃子のレシピページには手順写真や動画もあります。どうぞご覧ください。

  1. 【始めに】
    ためしてガッテンでは、皮はもちもち、底はパリッとして、中身はジューシーな焼き餃子作るコツが紹介されました。それをダイエット用にアレンジしました。焼き1個31kcalの低カロリーなレンコン入り餃子です。食べても太りにくく、おいしいので、ぜひ作ってみて下さい。

  2. 【餡(あん)の下ごしらえ】
    キャベツは、皮をはずして、ラップなしで、電子レンジ500Wで3分加熱する。キャベツの甘味が出ます。

  3. 粗みじん切りにする。

  4. コツ1
    ペーパータオルに包んで野菜の水気を絞る。2枚重ねると絞りやすいです。

  5. 玉葱はみじん切りにした後、ペーパータオルに包んで水気を絞る。

  6. ニンニクをすりおろし、生姜は皮をむいてからすりおろす。

  7. ニラは5mm幅に切る。

  8. レンコンはみじん切りにする。食感を楽しむために、少し粗めに刻んでみて下さい。

  9. 【練る】
    コツ2
    最初はミンチだけでよくこね、その後【A】の調味料を加えて、白っぽくなって粘りが出るまでよく練る。野菜を入れる前に、肉だけでよくこねることが大事。粘り気が出るので、焼いても野菜の水分を逃さず、ジューシーになります。

  10. 肉に野菜を加える。

  11. ニンニクと生姜のすりおろしも加える。

  12. コツ3
    野菜を加えてからは、軽く混ぜる。野菜の水分が出ないようにするためです。

  13. 【包む】
    包み方やヒダの寄せ方は、決まった方法があるわけではありません。三種類の方法をのせましたので、やりやすい方法で行ってみて下さい。

    手のひらに餃子の皮を1枚のせ、あん(具)を等分して、中央にのせる。バターナイフなどで平らな円形にならす。

  14. 皮のフチの周りに、指先で水をつけます。水はのりの役目をします。市販の餃子の皮は固いので、水をつけるとやわらかくなって、くっつきます。

  15. ヒダの寄せ方その1
    手前、右から左にヒダを寄せる方法です。皮を半分に折って(口はふさぎません)、右端を右手の親指とひとさし指でつまんで閉じる。

  16. 左手のひとさし指を、皮と皮の間に入れ、親指と一緒に押し出すようにヒダを作り、右手の親指と人さし指でつまんで閉じる。

  17. 最後まで繰り返し行って、ひだを作っていきます。

  18. 最後にヒダをギュッとつまんで、皮と皮をしっかりとめる。

  19. ひっくり返して、手前をぐっと押し、三日月形に整えておくと、すわりがよくなります。

  20. ヒダの寄せ方その2
    上記の要領で、手前、左から右へヒダを作っていく方法です。

  21. ヒダの寄せ方その3
    向こう側にヒダを寄せる方法です。左手の人差し指を、皮と皮の間に入れて、薬指と一緒に押し出すようにヒダを作り、右手の親指と人さし指でつまんで閉じる。

  22. くっつかないように間隔を置いて、皿に並べる。焼くまでに時間がかかりそうな時は、皿にラップを敷くか、片栗粉を敷いて、その上に餃子を並べると、皿にくっつきにくくなります。

  23. 【焼く】
    テフロンのフライパンに、餃子同士がつかないように並べる。6個を2列(12個)がちょうどいい感じです。放射状にぐるりと並べてもいいです。

  24. コツ4
    80ccの熱湯を入れる。目安は5mmくらいの高さです。たくさん入れ過ぎると、焼き上がりの皮が、ベチャッとします。

  25. ふたをして強火で3分焼く。

  26. 水気がなくなったらふたを取り、空いたところに小さじ1のごま油をひく。油は餃子にはかけないで、フライパンの空いたところに回し入れましょう。ごま油は代謝を良くするので、サラダ油より太りにくいです。

  27. またふたをして、2分くらい焼く。

  28. フライパンを動かしながら焼くのもポインです。

  29. ヘラで餃子の端を少し持ち上げて、焼き色を確認する。餃子の底がカリッときつね色になっていたら火を止める。

  30. ヘラで餃子をフライパンからはがしておく。フライパンの内径よりも一回り小さい皿をかぶせて、手でしっかり押さえ、フライパンごとひっくリ返す。

  31. 【たれ】
    たれは、醤油1:酢2の割合で混ぜ合わせて作り、餃子につけながらいただく。お好みで練り辛子や、一味唐辛子を添える。

  32. ふっくらジューシーな具の作り方(ためしてガッテン流)
    材料(4〜5人分)

    豚ひき肉…400g
    塩…小さじ1と1/2
    調味料(こしょう少々、ごま油大さじ1、ラード大さじ3、醤油大さじ2、砂糖大さじ2、酒大さじ1、うまみ調味料少々、溶き卵1個分)
    キャベツ(粗みじん切り)…350g
    ニラ(みじん切り)…大さじ2
    長ねぎ(みじん切り)…大さじ2
    餃子の皮…40〜50枚
    塩、サラダ油…適量

    1、最初に肉に塩だけを加えてよくこねてから調味料を加える
    ひき肉に塩を加えてよくこね、調味料を加えたら、全体が白っぽくなって粘りが出てくるまで、さらによくこねる。持ち上げて軽くふっても落ちなくなればOK。

    2、野菜を加えて軽く混ぜる
    キャベツは粗みじんに切り、塩小さじ2/3をふって5分おき、しんなりしたらもんで水気を絞っておく。1にこのキャベツ、ニラ、長ねぎを加えて全体を軽く混ぜたら具にラップをかけて冷蔵庫で2時間冷やす

    具を包んでモチモチにゆでる
    1、ひだを寄せて閉じる
    皮のふちに水をつけ、ひだを寄せてくっつけていく。具は皮の衷心より右に寄せて置くと、ひだを作るときに具がずれずに中心におさまる。

    2、熱湯を注いで3分ゆでる
    油はひかずに、ギョウザの高さの半分まで熱湯を注ぎ、フタをして強火で3分ゆでる。(冷凍ものは4分)

    3、湯を捨てサラダ油を加えて1分半焼く
    3分ゆでたらフタのすきまから湯を捨てる。サラダ油大さじ1を回し入れ、フタをして約1分半、焼き目がついてパリッとするまで焼く。1分半はあくまで目安。美味しそうな焼き目がついたら、できあがりです。

このレシピを印刷する 

Yahoo!ブックマークに登録 このレシピをYahoo!ブックマークに登録する

Top  免責事項  Blog
Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.