鰻のひつまぶしレシピ(食べ方) | だし汁の作り方・蒲焼の温め方

ダイエット料理レシピ集
種類別主な項目 > 和食 >
鰻のひつまぶしレシピ(食べ方) | だし汁の作り方・蒲焼の温め方

ひつまぶしのおいしい食べ方(レシピ)

鰻のひつまぶしの作り方、食べ方です。ひつまぶしは一回目は蒲焼で食べ、二回目はねぎや海苔などの薬味をかけて食べ、三回目はかつお節と昆布でとっただし汁をかけて食べます。蒲焼の温め方はフライパンで簡単にできます。
(2人分)
鰻のひつまぶしレシピ(食べ方) | だし汁の作り方・蒲焼の温め方 うなぎのかば焼き‥‥1尾
炊き立てのご飯‥‥1.5合分
酒‥‥大さじ1
かば焼きのたれ‥‥大さじ3
刻み海苔‥‥適量
万能ねぎ‥‥適量
わさび‥‥適量

【だしの材料】
水‥‥500ml
だし昆布‥‥5cm
かつお節‥‥10g
上写真:ひつまぶしは三回楽しめるよ
下写真:サラサラッとして「うみゃ〜」
薄口醤油‥‥小さじ1
塩‥‥小さじ1/2

まずはひつまぶしの作り方を動画でご覧下さい。

● 関連レシピ

うな丼(ためしてガッテン流)の写真うな丼(ためしてガッテン流)

鰻のひつまぶしのダイエットヒント


うなぎの脂は体脂肪を燃焼します。適量を食べましょう。 詳しくは


うなぎのビタミンEは血行をよくします。 詳しくは


わさびのスルフィニルは強力なデトックス、若返り効果が。 詳しくは


ねぎの臭い成分とうなぎのビタミンB1が一緒になると、糖質の分解が進みます。 詳しくは
  1. だし汁を作る
    昆布は固く絞った濡れ布巾で汚れをふきとる。
    ひつまぶしの作り方

  2. 鍋に500mlの水を張り、昆布を入れて火にかける。中火でゆっくり加熱するとだしがよく出ます。
    昆布を水に張る

  3. 昆布を沸騰直前にとりだす。
    沸騰直前になったら昆布を取り出す

  4. かつお節を入れて10秒ほど煮る。
    かつお節を入れて少し煮る

  5. 火を止めて5分ほど置く。
    火を消して5分そのまま置く

  6. キッチンペーパーでこす。ギュッと絞らない。
    ひつまぶしのだし汁の作り方

  7. もう一度火にかけ塩、薄口醤油で味付けをする。
    だしを塩と薄口醤油で味付けする

  8. うなぎを温める
    うなぎを1cm幅に切る。
    うなぎは1cm幅にカット

  9. アルミホイルにのせ酒大さじ1をふる。お酒を加えると、うなぎが柔らかくなり、ふっくらと温まります。
    うなぎをアルミホイルにのせて酒をふる

  10. アルミホイルを包む。
    うなぎのひつまぶしのレシピ

  11. フライパンに置き、中火で2〜3分、アルミホイルの中で蒸し焼きにする。
    フライパンに置いて蒸し焼きする

  12. タレは小鍋で温めるか、ラップをして電子レンジで温める。10〜20秒を目安に。蒲焼のたれを手作りしたい場合はかば焼きのたれをご覧下さい。
    たれを温める。

  13. 炊き上がったご飯にタレを入れてかき混ぜる。
    炊き立てのご飯にたれをかけて混ぜる

  14. 器にご飯を盛り、うなぎ1/2をのせる。
    お茶碗にご飯を盛って、うなぎをのせる

  15. ひつまぶしの食べ方
    1回目:そのまま食べる
    お好みで粉山椒をふって下さい。1/3を食べます。
    ひつまぶしの食べ方

  16. 2回目:薬味で食べる
    もう1/3は刻みネギと海苔をかけていただきます。
    ねぎと海苔をかけて食べる

  17. 3回目:ダシ汁をかける
    だしを温めて急須に入れ、うな丼にかけます。薬味にわさびとねぎと海苔をトッピングして下さい。こうして最後はお茶かだし汁をかけて、お茶漬け風にして食べます。
    最後はだし汁をかけお茶漬けにして食べる

  18. 【ひつまぶしのよくある質問】

    ひつまぶしとは?
    うなぎの蒲焼を細かく切ってご飯に混ぜて食べる料理のこと。名古屋市の郷土料理でもある。おひつから茶碗によそい、1杯目は蒲焼でそのまま、2杯目はねぎやわさびなどの薬味をのせて食べ、3杯目に薬味をのせたものにお茶漬けかだし汁をかけて食べるのが一般的です。

    ひつまぶしの発祥、歴史は?
    ひつまぶしは明治時代から作られるようになりましたが、発祥については諸説あります。一つはうなぎ専門店の「いば昇」に由来する説です。冬にうなぎの皮が固くなるので、それを小さく切ってご飯に混ぜて、まかない料理としてお茶漬けにして食べていたのが始まりという説です。もう一つの説は、会席料理「蓬莱軒」に由来します。大きなおひつにうなぎをまぶして、お座敷で女中さんが小分けして出したとのが最初だという説です。

    ひつまぶしの名前の語源、由来は?
    1、おひつのご飯にうなぎの蒲焼をまぶすという説が有力です。散りばめる意味の「まぶす」から「まぶし」となったと考えられています。

    2、京阪地方ではひつまむしとも呼ばれます。そのため、まむし(鰻飯)がなまったものという説もあります。関西では鰻飯(まんめし)や「飯(まま)蒸し」がなまってまむしといいます。しかしながら、名古屋周辺では「まぶす」ことを「まむす」とも言うことから京阪地方の「まむし」説はあまり関係ないと思われます。

    ひつまぶしの元祖は?
    名古屋でひつまぶしといえば「あつた蓬莱軒」「いば昇」と言われています。どちらもひつまぶしの老舗ですが、ひつまぶしの商標登録はあつた蓬莱軒が取得しています。

    いば昇の特徴は?
    いば昇では、鹿児島物など九州産うなぎを使用。蒸さないで備長炭の直火で焼く関西風。外はパリッと香ばしく、中はふんわりしているのが特徴。最後のお茶漬けはだしではなく煎茶をかけていただきます。

    ひつまぶし発祥のエピソードは?
    ひつまぶしは、明治6年創業の蓬莱軒(ほうらいけん)の2代目鈴木甚三郎が考案したといわれます。蓬莱軒はうなぎ専門ではなく、割烹料亭。お品書きの一つとして鰻料理を出していました。熱田地区は鰻が名物ということもあって、鰻丼は出前でもよく食べられていました。しかし店員が器を回収して持ち帰る際に器同士がぶつかって、よく壊していました。困った主人の甚三郎に、女中の中心的存在だったお梅さんが、割れないお櫃で運ぶことを提案。当初は一度に3〜4人分も運べるように大きなお櫃を用いましたが、ご飯だけが残りがちでした。そこでまたお梅さんが、鰻を細かくしてお櫃の中でまぶすことを提案したところ、それからは全員に平等に行きわたるようになり、ご飯が残ることはなくなりました。お櫃に細かく切った鰻をご飯に混ぜる食べ方は、蓬莱軒の名物となりました。おひつの中で、混ぜて(まぶして)食べることから、「ひつまぶし」と名付けられるようになったといいます。蓬莱軒は料亭だったので、会席料理の最後にひつまぶしを一膳ずつ出したところ、お客に好評でした。食事の締めによくお茶漬けを食べる名古屋の習慣を応用したところ、お茶では少し生臭さが残りましたが、鰹だしにすることで生臭さが消えました。こうして3通りの食べ方が誕生しました。

    お店での正式な食べ方は?
    人分のお櫃で運ばれてきたものを、まず十字に4等分します。
    1、最初は茶碗に1膳とってそのままで食べます。
    2、二膳目はねぎなどの薬味のみ。
    3、三膳目は薬味をのせたものにだし汁をかけてお茶漬け風でいただきます。
    4、最後は、この三種類の食べ方の中で、一番気に入った食べ方でいただきます。

    ひつまぶしのカロリーは?
    このレシピのひつまぶしのカロリーは1人分が659kcalですが、ご飯の量が多いので量を減らせばもっとカロリーダウンできます。

    このレシピをYahoo!ブックマークに登録 このレシピをYahoo!ブックマークに登録

ひつまぶしのだしの作り方レシピ:ユーザーレポート

▼ 作ってみられた感想や工夫したことなど教えてください!投稿はこちらから!

投稿をお願いします!作ってみた感想、工夫してみたこと、ご提案、エピソードなどぜひ教えてください!この欄に掲載させていただきます。みんなでおいしいレシピを完成させましょ〜♪\(^▽^)/

お名前:

メールアドレス:

お料理名

メッセージ:

ひつまぶし‥‥浜松名古屋の郷土料理・名物料理!




● おいしい物いっぱい!お買い物ページへ →

昆布は苦味が出るので沸騰直前に取り出しましょう。
レシピを印刷


ひつまぶし‥‥温かいご飯に混ぜるだけで簡単にひつまぶし!



A4サイズの紙にレシピを印刷できます。
トップ | ブログ | 種類別検索 | 食べたい時別検索 | ダイエットページ | 食べある記 | お買いもの | お問い合わせ

Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.     免責事項Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録  Hatenaブックマークに追加