コーヒーの入れ方−ダイエット料理レシピ

ダイエット料理レシピ集
種類別主な項目 > お菓子・デザート >
コーヒーの入れ方

コーヒーの入れ方(レシピ)

ためしてガッテン流のおいしいコーヒーの入れ方です。コーヒーの苦味はおこげ。よいおこげと悪いおこげがあって、キレとコクを与えるよいおこげだけを抽出する方法です。
(適量)
コーヒーの入れ方 コーヒー‥‥適量
ペーパーフィルター
ドリッパー
サーバー
注ぎ口の細いポット

● コーヒー関連レシピ

自家焙煎コーヒーの写真自家焙煎コーヒー
上写真:セントラルパークで飲むコーヒーは美味しい……なんちゃって
下写真:大切な人とカフェしてね…ガッテン!

● ダイエットティー関連レシピ

杜仲茶の写真杜仲茶
ゴーヤー茶の写真ゴーヤー茶
梅醤油番茶の写真梅醤油番茶
紅茶のおいしい入れ方の写真紅茶のおいしい入れ方
生姜紅茶の写真生姜紅茶

● コーヒーに合うデザートレシピ

マロングラッセの写真マロングラッセ
モンブランケーキの写真モンブランケーキ
いちごショートケーキの写真いちごショートケーキ
いちごロールケーキの写真いちごロールケーキ
抹茶ロールケーキの写真抹茶ロールケーキ
しっとりシフォンケーキの写真しっとりシフォンケーキ
シュークリームの写真シュークリーム

● ケーキのまとめ・レシピ集

ケーキのレシピ集の写真ケーキのレシピ集

コーヒーの入れ方のダイエットヒント


コーヒーは交感神経を刺激して脂肪燃焼を促進します。詳しくは


コーヒーにはダイエット中のリラックス効果もあります。詳しくは


コーヒーを飲んで運動しましょう。詳しくは


コーヒーをダイエットに活かすポイントは?詳しくは


コーヒーの欠点は体を冷やすこと。詳しくは
  1. 【コク】
    苦味や酸味など、コーヒーの「味」がしっかり感じられること。深い味わい、複雑な味わい、濃厚、フルボディ。

  2. 【キレ】
    特に苦味が、あとをひかずサッパリと感じられること。爽やか、キレ味、軽快。

  3. 【コツ】
    注ぎ口の細いポットで、「の」の字を描くように注ぐのがコツ。

  4. 【のの字に注ぐ理由】
    コーヒーをおいしく入れるには、粉の中に含まれているおいしさだけを抽出すればいい。そのためには「粉がお湯に包まれている時間」が重要なポイント。お湯を注いだときに、粉の山が陥没や噴火せずに、キレイに膨らめば上手に注げている証拠。これを実現するために、お湯を注ぐ勢いを一定に保つ方法が、「の」の字なのです。

  5. 【よいおこげと悪いおこげ】
    苦味には「よい」と「悪い」がある。コーヒーの味の決め手となる「苦味」は、生豆に含まれるアミノ酸や糖分が焙煎時によって結合したもの。つまり「おこげ」です。おこげにも「よい」と「わるい」があります。「よいおこげ」はサラリとした苦味で、コーヒーにキレとコクを与えてくれます。一方の「悪いおこげ」は、舌に残って渋みやえぐになってしまいます。

  6. 【ペーパーフィルターを折る】
    まずペーパーフィルターの側面を外側に折り、次に底を内側に折り曲げる。(同じ側ではなく、互い違いに折り返すということ。)
    コーヒーの入れ方:手順写真06

  7. フィルターをドリッパーにフィットするようにセット。
    コーヒーの入れ方:手順写真07

  8. 【粉を入れる】
    粉を人数分入れる。粉の量は、1人分なら10グラム。ドリッパー付属のスプーンで、ちょうど1杯。2人分以上の時は、少しずつ量を減らす必要があります。次の量を目安にしてください。2人分:18g、3人分:25g、4人分:32g、5人分:40g。
    コーヒーの入れ方:手順写真08

  9. 【粉を入れてならす】
    粉を入れたらドリッパーを軽くゆすってならす。
    コーヒーの入れ方:手順写真09

  10. 【お湯の温度は80〜90度】
    お湯の温度は80〜90度。沸騰したヤカンから、コーヒー専用の注湯ポットにお湯を移し変えると、ちょうど適温になります。コーヒーポットがない場合は、きゅうすがおすすめです。
    コーヒーの入れ方:手順写真10

  11. 【中心から周囲へと湯を注ぐ】
    1回目のお湯は、粉を均一に膨らませるように。注ぎ方は、中心→周辺→中心の順番。粉の中心から湯を注ぎ始め、「の」の字を描くようにゆっくり周囲へ向けて回しかける。濾紙に直接お湯を当てると、お湯が漏れて薄いコーヒーになるので注意。
    コーヒーの入れ方:手順写真11

  12. 粉全体に湯がしみわたり、ドリッパーからコーヒーがポタポタ落ち始めたら、注ぐのを止める。
    コーヒーの入れ方:手順写真12

  13. 【30秒ほど蒸らす】
    粉が膨らんでぷっくりと山型に盛り上がってきたら、そのまま30秒ほど蒸らす。
    コーヒーの入れ方:手順写真13

  14. 【2回目のお湯を注ぐ】
    2回目以降のお湯は、粉を呼吸させるように。注ぎ方はやはり中心→周辺→中心。「の」の字をかくように。1回目の膨らみの上限ライン以上にお湯を注がないこと。粉の中央がへこんできたときが2回目のお湯を注ぐタイミング。1回目と同じように中心から周囲へとまんべんなく静かに。
    コーヒーの入れ方:手順写真14a コーヒーの入れ方:手順写真014b

  15. 粉がある程度へこんだら、次(3回目)のお湯を注いでゆく。3回目のお湯以降は、早め早めのタイミングで注いでゆく。
    コーヒーの入れ方:手順写真15a コーヒーの入れ方:手順写真15b

  16. 泡が消えないうちに4回目のお湯を注ぐ。これを繰り返すと粉が呼吸をするように上下動を繰り返す。
    コーヒーの入れ方:手順写真16a コーヒーの入れ方:手順写真16b

  17. 適量が出たら終わり。適量はサーバーの目盛りで判断。1人分の抽出量はおよそ150〜180ml。
    コーヒーの入れ方:手順写真17

  18. ドリッパーのお湯は最後まで落ちきらせず、早めに取り去る。(泡はコーヒーの雑味成分なので、最後まで落ちきらせず、早めに取り去って苦味を入れないようにします。)
    コーヒーの入れ方:手順写真18

  19. 【最後に軽く混ぜる】
    全体を軽く混ぜてから温めたカップに注ぐ。
    コーヒーの入れ方:手順写真19

  20. 【感想:豆は自分で挽く】
    既に挽いてある粉を使ってもいいのですが、膨らみ方は挽きたてに比べて今ひとつ。豆の膨らみや呼吸を実感したい場合は、お手持ちのミルでお好みに挽いて下さい。
    コーヒーの入れ方:手順写真20a

    細挽き…細かいほど豆の間をお湯が通過する時間がかかるので、しっかりと濃い目に出る。
    コーヒーの入れ方:手順写真20b

    中細挽き…ペーパードリップ向き。
    コーヒーの入れ方:手順写真20c

    粗挽き…粗いものだとえぐみが出にくく、さらっとした飲みやすい味になります。
    コーヒーの入れ方:手順写真20d

    このレシピをYahoo!ブックマークに登録 このレシピをYahoo!ブックマークに登録

コーヒーの入れ方レシピ:ユーザーレポート

▼ 作ってみられた感想や工夫したことなど教えてください!投稿はこちらから!

投稿をお願いします!作ってみた感想、工夫してみたこと、ご提案、エピソードなどぜひ教えてください!この欄に掲載させていただきます。みんなでおいしいレシピを完成させましょ〜♪\(^▽^)/

お名前:

メールアドレス:

お料理名

メッセージ:

コーヒーポット‥‥おいしいコーヒーは細口ポットから!





● おいしい物いっぱい!お買い物ページへ →

お湯を注いだときに山型に膨らまずに粉の中心が陥没したら、膨らみが不十分という合図です。
レシピを印刷


NHKガッテン本‥‥ためしてガッテン、計るだけダイエット!

A4サイズの紙にレシピを印刷できます。
トップ | ブログ | 種類別検索 | 食べたい時別検索 | ダイエットページ | 食べある記 | お買いもの | お問い合わせ

Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.     免責事項Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録  Hatenaブックマークに追加