しょうが湯の作り方(動画付き)−ダイエット料理レシピ

ダイエット料理レシピ集
種類別主な項目 > 健康 >
しょうが湯の作り方(動画付き)

冷え性改善効果のあるしょうが湯の作り方(レシピ)

しょうが湯の作り方です。しょうが湯は風邪のひき始めに効果的。ぬるま湯で飲むのがおすすめです。しょうがのショウガオールが体温を上げるので、冷え症やダイエットにも効果的。その場合は熱くして飲むのがおすすめです。
しょうが湯の作り方(動画付き)

生姜湯の作り方

普通のしょうが湯のレシピ
葛粉を使って作るしょうが湯のレシピ

生姜の効能

保温効果で冷え症改善?
生食すれば免疫力がアップする?
食べる直前にすりおろす
ダイエットや冷え性には加熱?
風邪をひいたらぬるめのしょうが湯?
保存方法は?
上写真:寒気がしたら飲んでね
下写真:毎日飲めば冷え症にも効くよ

● 風邪予防・免疫力アップの関連レシピ

新型インフルエンザ予防・風邪対策の写真新型インフルエンザ予防・風邪対策
高麗人参酒の写真高麗人参酒
にら卵雑炊の写真にら卵雑炊
梅醤番茶の写真梅醤番茶
生姜粉末の写真生姜パウダー
生姜紅茶の写真生姜紅茶
マサラチャイの写真マサラチャイ
カリン酒の写真カリン酒
カリンのハチミツ漬けの写真カリンのハチミツ漬け

しょうが湯のダイエットヒント


生姜のジンゲロール、ショウガオールの保温効果により、冷え症を改善します。 詳しくは


冷え症と、免疫力アップのW効果なら、ぬるめの生姜湯がおすすめ。 詳しくは


ハチミツはマグネシウムが豊富で、ダイエット中のイライラを防止。 詳しくは


紅茶生姜湯にすれば、脂肪燃焼効果は2倍に。 詳しくは


無理なダイエットは風邪をひきやすくなります。レモンのビタミンCは白血球の働きを強めて免疫力をアップします。 詳しくは
  1. 一般的なしょうが湯のレシピ
    材料
    しょうがのおろし汁‥‥小さじ1〜2
    熱湯‥‥150cc
    ハチミツ‥‥小さじ1
    レモン汁‥‥少々

  2. 生姜を皮つきのまま、おろし金ですりおろす。
    生姜をおろし金ですりおろす

  3. 茶漉しでこす。なければクッキングペーパーで包み、ギュッと絞って汁をカップに入れる。
    生姜のエキスを濾してカップに入れる クッキングペーパーで包んで絞ってもよい

    便利:ショウガをすりおろして、冷凍保存袋に平らにならして冷凍しておきましょう。使うときに必要な分だけ割って入れると便利です。

  4. ハチミツを入れる。ハチミツには抗菌、抗炎症作用があり、のどの痛みやイガイガを緩和してくれます。免疫力アップの酵素も多い。
    はちみつを加える

  5. 熱湯を注ぐ。
    熱湯を注ぐ

  6. スプーンでかき混ぜる。
    かき混ぜる

  7. レモン汁を加えて完成。
    レモン汁を加えてしょうが湯の完成

    注意:しょうが湯は、血管を拡張して体を温め、寒けや熱、吐き気を鎮めてくれます。ただし、悪寒など風邪のひき始めには効果がありますが、症状が進んでが出ると、温めることが逆効果になることもあるので控えましょう。

  8. 葛粉を使って作るしょうが湯のレシピ
    材料
    葛粉‥‥小さじ1
    水‥‥小さじ1
    熱湯‥‥180cc
    しょうがのおろし汁‥‥小さじ1〜2
    ハチミツ‥‥小さじ1
    レモン汁‥‥少々

  9. カップに熱湯を注ぎ、温めてから湯を捨てる。(カップを温めておかないと湯の温度が下がり、葛が溶けないので透明になりません。)
    カップを温めておく カップの湯を捨てる

  10. 葛粉をカップに入れ、小さじ1の水で溶かす。(水で溶かしておかないと熱湯を注いだ時、ダマになります。)
    葛粉をカップに入れる ダマにならないように水で葛粉を溶かしておく

  11. 熱湯を注ぎ、透明になるまでよくかき混ぜる。(透明にならない場合は電子レンジで加熱して下さい。)
    熱湯を注ぐ 透明にならなかったら電子レンジで加熱する

  12. 生姜の絞り汁、ハチミツ、レモン汁を加えてかき混ぜる。
    生姜の絞り汁やハチミツ、レモン汁を入れる 混ぜたら葛粉で作る生姜湯の完成

    葛粉を使ってしょうが湯を作る様子を動画で見る。


  13. 【生姜の効能】

    保温効果で冷え症改善?
    辛味成分であるジンゲロール、ショウガオールは血管を拡張させる働きがあります。ホルモンに作用して体の中で熱を作るので、保温効果により冷え性を改善します。また新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きもあります。健胃、抗酸化作用にも優れていますので頻繁に利用しましょう。

    生食すれば免疫力がアップする?
    辛味成分のジンゲロールが血管に入ると、敵と勘違いした免疫細胞が数を増やし強化する。免疫力がアップして、風邪のウイルスなどを撃退しやすくなる。ジンゲロールは細菌に直接攻撃をしかける殺菌作用も持っている。ただし熱を加えるとジンゲロールは減るので、免疫力を望むなら生食がおすすめ。

    食べる直前にすりおろす
    酸素にふれるとジンゲロールの効力が落ちる。3分置いておくだけで半分に激減。おろす時は食べる直前が望ましい。ジンゲロールやしょうが独自の成分のほとんどは、皮の近くに多く含まれるので皮は剥がない。

    ダイエットや冷え性には加熱?
    ジンゲロールは加熱することによりショウガオールという成分に変化する。ショウガオールは血管を拡張し、血行をよくする。そもそも人間の血管はプロスタグランジンという物質が、血管の収縮性や血小板の粘着性を高めている。しかしそのバランスが崩れてしまうと血管が細くなりすぎたり、血小板の粘り気が強くなりすぎたりする。寒い時期には特にこうした状態になりやすく、様々な悪影響を及ぼす。ショウガオールは血管を拡げたり、血小板の粘着性を高めているプロスタグランジンの働きを弱め、血液の流れをよくしている。ショウガオールを摂れば身体の隅々まで血液が行き渡るようになり、身体が温まるということ。

    風邪をひいたらぬるめのしょうが湯?
    免疫力を高めるジンゲロールと、身体を温めるショウガオールのWの効果が得られるので、風邪をひいたらぬるめのしょうが湯がおすすめです。

    保存方法は?
    熱帯生まれなので10度以下になるとジンゲロールが減る。冷蔵庫には入れないで、湿った新聞紙に包み、日のあたらないところに置く。 

    このレシピをYahoo!ブックマークに登録 このレシピをYahoo!ブックマークに登録

免疫力向上や体温を上げるしょうが湯のレシピ:ユーザーレポート

▼ 作ってみられた感想や工夫したことなど教えてください!投稿はこちらから!

投稿をお願いします!作ってみた感想、工夫してみたこと、ご提案、エピソードなどぜひ教えてください!この欄に掲載させていただきます。みんなでおいしいレシピを完成させましょ〜♪\(^▽^)/

お名前:

メールアドレス:

お料理名

メッセージ:

▼ 作り方もわかりやすくそして簡単でおいしいです。夫もうまいうまいと飲んでいます。ありがとうございました。 ...続きを読む バレンシア

はじめまして!冷蔵庫に昨年から眠っていた生姜をなんとかしなくては・・・
「あっそうだ生姜湯を作ろう!」と作り方を検索してこのHPを開きました。作り方もわかりやすくそして簡単でおいしいです。夫もうまいうまいと飲んでいます。ありがとうございました。

マロン:わ〜〜♪バレンシアさん、ありがとうございま〜す!(*^▽^*)
すっごくうれし〜です〜♪
眠っていた生姜が目覚めましたね〜♪\(^▽^)/
ご主人さんもおいしいと言ってくださったなんて、なんてうれしいのでしょ〜!
実は、うちのパパは生姜が苦手で、紅茶にも入れさせてくれないのですよ〜 こんなにおいしくて、体が温まるのに〜!
超冷え性のマロンは、毎日毎日生姜三昧です。乾燥生姜をパウダーにしているので、とっても便利です。 よかったら、作ってみてください。
乾燥生姜粉末の作り方(レシピ)

生姜湯‥‥黒糖入り生姜湯!





● おいしい物いっぱい!お買い物ページへ →

ハチミツの代わりに、ミネラルの多い黒砂糖でも。
レシピを印刷


カップスルー‥‥カップの中ですりおろせる!


A4サイズの紙にレシピを印刷できます。
トップ | ブログ | 種類別検索 | 食べたい時別検索 | ダイエットページ | 食べある記 | お買いもの | お問い合わせ

Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.     免責事項Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録  Hatenaブックマークに追加