麹甘酒(栄養・効能・カロリー) - レシピ [ 作り方 ]

料理の種類で探す 食べたい時で探す ダイエット情報 食べ歩き ショッピング マロンの掲示板
ダイエット料理レシピ集
麹甘酒(栄養・効能・カロリー)
炊飯器で作る本格麹甘酒

お米でもできますが、餅米の方がでんぷんが多いのでさらに甘く仕上がります。

麹甘酒(栄養・効能・カロリー)の材料


(原液で180mlのコップ約6杯分)
もち米(お米でも)‥‥1合
乾燥米麹‥‥200g
水‥‥400cc
炊飯器
温度計

麹の関連レシピ
塩麹の作り方
塩麹の使い方・料理レシピ
スルメの麹漬け

発酵の関連レシピ
ヨーグルトの作り方
ケフィアの作り方

麹甘酒(栄養・効能・カロリー)の作り方


甘酒のレシピページには手順写真やダイエット情報もあります。どうぞご覧ください。

  1. 【炊飯器で作る甘酒レシピ】
    【お粥を炊く】
    もち米(お米でも)を洗って炊飯器にセットし、2倍の水分量(2合の目盛)にしてお粥状に炊く。

  2. 乾燥板状麹や生麹の場合はボウルに麹を入れ、手でほしておく。

  3. ご飯が炊きあがったら内釜を取り出し、水を1カップ位加えて混ぜ、温度を60度まで下げる。おかゆが熱すぎると、酵素が死滅してうまく発酵しません(甘くならない)。目安として60℃ぐらいまで冷ましましょう。

  4. 米麹を加えて混ぜる。

  5. 残りの水は少し温めて(60℃を超えないように)から加え、混ぜる。

  6. 【保温する】
    内釜を炊飯器にセットし、保温スイッチを押す。間違って炊飯スイッチを押さないで下さい。

  7. 中の温度を50〜60度前後に保ち、フタを開けた状態で竹ざるをのせる。炊飯器の保温機能や室温に応じて、必要ならタオルをかける。

  8. 隙間から温度計を差し込んで、時々温度をチェックしましょう。50℃以下では酸っぱくなります。60℃以上では甘くなりません。できるだけ55〜60℃を保てるようにしましょう。

  9. 2〜3時間おきにかき混ぜて発酵ムラを防ぐ。

  10. 8時間するとトロッとしたお粥のようになり、甘い香りがして完成。

  11. 【冷ます】
    そのまま常温に置くと発酵が進んで酸味が出ます。出来上がった甘酒は内釜ごと冷水に浸けて冷ますか、保存容器に移し、冷蔵庫に入れて冷ましょう。

  12. 冷蔵庫で一週間程度保存できます。

  13. 【火入れ】
    酸味が進むのを抑えたり、雑菌の繁殖を防ぐために加熱殺菌をすることを火入れといいます。火入れを望まれる方は、完成直後のまだ温かい甘酒を鍋に移し、焦げ付かないようにかき混ぜながら80度(沸騰直前)に上げ、5分ほど温めて下さい。粗熱をとってから冷蔵保存します。保存期間は約10日。

  14. 【飲み方】
    出来上がったのは甘酒の素です。糖度が高すぎるので、お好みに合わせて薄めて飲んで下さい。 甘酒と同量の水で薄めて一煮立ちさせたら、生姜の絞り汁を入れて飲むと体が温まります。

    酵素を期待して火入れしていない場合は、酵素が壊れないように60℃くらいのお湯でのばしましょう。

  15. 【ヨーグルトメーカーで作る甘酒レシピ】
    タニカのヨーグルティアで麹甘酒を作った場合は、一定して60℃が維持できるので、常に温度を管理しなければならない炊飯器と違って温度管理が楽になります。失敗はありません。忙しい方は利用されると便利です。楽天 ヨーグルティア

    【容器を消毒する】
    内容器に50ccの水を入れる。

  16. 付属のヨーグルトスプーンを立て、内ぶたをして乗せる。

  17. そのまま電子レンジで容器を加熱する。目安は500W〜600Wで約1分30秒。

  18. お湯を捨て、1〜5番で作ったお粥と麹を混ぜた物を消毒した内容器に入れる。

  19. 内容器に内ぶたをはめ、ネジぶたをしっかり閉める。

  20. 本体に内容器を入れ、外ぶたをかぶせる。

  21. 発酵温度を約57度に設定する。

  22. 発酵時間を8時間に設定する。

  23. スタートボタンを押す。

  24. 発酵の途中、2回かき混ぜる。発酵を均一にして甘くします。

  25. 8時間後味見をしてみて下さい。お粥のようにトロリとして甘くなっています。発酵完成です。

  26. 容器を氷水につけて粗熱を取り、冷蔵庫に保存する。
このレシピを印刷する 

Yahoo!ブックマークに登録 このレシピをYahoo!ブックマークに登録する

Top  免責事項  Blog
Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.