たたき(牛) - レシピ [ 作り方 ]

料理の種類で探す 食べたい時で探す ダイエット情報 食べ歩き ショッピング マロンの掲示板
ダイエット料理レシピ集
たたき(牛)
牛のたたき

焼酎は肉を柔らかくします。

たたき(牛)の材料


(5人分)
牛もものブロック‥‥400g
牛脂(サラダ油でも)‥‥適量
ブラックペッパー‥‥適量
塩‥‥適量
青ネギ(刻む)‥‥5〜6本
プリーツレタス‥‥適量
ポン酢醤油‥‥適量
七味唐辛子‥‥適量

【A】 焼酎‥‥適量
       ニンニク(おろす)‥‥2〜3かけ
       生姜(おろす)‥‥1かけ

炊飯器で作るローストビーフ
魚焼きグリルで作るローストビーフ
ビーフジャーキー
牛しゃぶ鍋

たたき(牛)の作り方


牛のたたきのレシピページにはダイエット情報もあります。どうぞご覧ください。

  1. 牛肉を食べやすい大きさのブロックに切る。

  2. ビニール袋に1と【A】を入れ、2〜3分もんだ後7〜8分漬け込む。

  3. 肉をビニール袋から取り出してブラックペッパーをきかせ、塩をしてすり込む。

  4. 強火にしたフライパンに牛脂を薄くひいて肉を転がし、レアに焼き上げる。

  5. 皿にプリーツレタスを敷き、薄く切った肉を並べる。

  6. ネギやおろしニンニク、七味唐辛子を添えてポン酢醤油でいただく。

  7. 【牛のたたきのよくある質問】

    牛のたたきの中が半生なのは大丈夫?
    O157などの食中毒菌は、牛肉の表面にしかいません。ブロック肉のような筋肉の内部には存在しません。たとえ表面に菌がいたとしても、75度で1分以上加熱すれば死滅します。たたきやステーキをレアで食べられるのはこのためです。強火で焦げ目をつけて旨みを逃さないようにしますが、同時に表面を殺菌することにもなるので、大丈夫です。ただし、出来た時点では無菌でも、温かいので菌が繁殖しやすい状況にあります。出来上がり次第、すぐに食べましょう。特にスライスすると、菌の繁殖が進むので、早く食べ切りましょう。夏場や梅雨時は、中までよく加熱する料理を食べるようにしましょう。

    二次汚染に注意?
    食中毒事故で多いのは、生肉を切ったまな板を洗わずに、サラダ用の野菜を切り、そこで汚染を受けて食中毒という二次汚染が多い。

    できればまな板や包丁を、肉用、野菜用と分けましょう。分けられない場合は、先に生野菜などの加熱しない食品を切り、生の肉は後で切りましょう。まな板はやかんで沸騰させた熱湯をまんべんなく注いで殺菌しましょう。
このレシピを印刷する 

Yahoo!ブックマークに登録 このレシピをYahoo!ブックマークに登録する

Top  免責事項  Blog
Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.