電子レンジで作る苺ジャム(超簡単) - レシピ [ 作り方 ]

料理の種類で探す 食べたい時で探す ダイエット情報 食べ歩き ショッピング マロンの掲示板
ダイエット料理レシピ集
いちじくジャム(低糖度:砂糖2割)
電子レンジいちごジャムの作り方

途中で1〜2度かき混ぜて、加熱ムラや砂糖の溶け残りを防ぎましょう。

果実の残った苺ジャムの材料


(完成約180g分)
いちご‥‥200g
グラニュー糖‥‥60g
レモン汁‥‥小さじ2

いちごの関連レシピ
いちごジュース
イチゴのスムージー
いちご大福

ジャムの関連レシピ
いちごジャム
いちごジャム(電子レンジ・パルスイート)
いちじくジャム
夏ミカンマーマレード
梅ジュースの残りで作る梅ジャム

果実の粒がおいしい超簡単苺ジャムの作り方


いちごジャムのレシピページには動画や手順写真もあります。どうぞご覧ください。

  1. 【下準備】
    いちご200gを準備する。いちご1パックは300gくらいです。計りがない場合は2/3パック分を目安にして下さい。

  2. いちごは、水洗いして水気をふく。

  3. ヘタを取る。

  4. レモン汁をしぼる。種があるので茶濾しでこしておきましょう。

  5. 深くて大きめの耐熱ボウルにいちごを入れる。

  6. 砂糖をいちごの上にふりかける。

  7. レモン汁をふりかける。

  8. ラップをかけずに電子レンジ(600W)で6分加熱する。500Wの場合は、加熱時間を20%(1分10秒)増やして下さい。

  9. いったん取り出し、アクを取り除く。容器が熱くなっているので注意して下さい。

  10. 全体をかき混ぜる。

  11. 再び電子レンジで4分加熱する。500Wの場合は、加熱時間を20%(50秒)増やして下さい。

  12. 【ビンに詰める】
    ジャムを煮沸殺菌したビンに詰める。まだジャムとビンが熱いうちに瓶に詰めましょう。火傷しないようにゴム手袋をはめましょう。

  13. ジャムが冷めたら、ビンについた汚れを洗い流し、水気をふきとる。

  14. 計量したところ、約180gのジャムができました。冷蔵庫に入れて、一週間以内に食べ切りましょう。


  15. 【ビンを煮沸殺菌する方法】
    鍋にビンとフタを入れ、たっぷりかぶる位の水を入れて火にかける。沸騰したら10分煮る。必ず水から入れて煮沸しましょう。急激な温度変化でビンが割れることがあります。ふたにゴム素材が使われているなら、劣化を防ぐため、3分位煮沸しましょう。

  16. トングなどで湯から引き上げる。

  17. 清潔な布巾やキッチンタオルの上に、ビンの口を下に伏せて乾かす。

  18. 小さいビンなら、上にむけておいても余熱ですぐに乾きます。すぐに食べきるジャムの場合は、少々お湯が残っていても大丈夫です。

  19. いちごを1パック(300g)全部でジャムを作りたい場合
    材料
    イチゴ‥‥300g
    砂糖‥‥90g
    レモン汁‥‥大さじ1

    作り方
    作り方は11番までは一緒です。

  20. 量が多い分、ジャムとしては加熱がまだ十分ではありません。実はこれはいちごソースです。まだジューシーさの残るフレッシュな果実が味わえます。これはこれでおいしいので、この段階で止めてもいいです。

  21. ジャムにしたい場合は、もう数分加熱時間を増やしましょう。ムラになって十分加熱されていないイチゴもあるので、電子レンジから取り出し、もう一度かき混ぜます。

  22. ふきこぼれに注意して、1分ずつ様子を見ながら加熱します。全部で4〜5分でいいです。一気に4分加熱するとふきこぼれるかもしれないので、1分ずつ加熱して下さい。

  23. 【ビンに詰める】
    ジャムを煮沸殺菌したビンに詰める。

  24. ジャムが冷めたら、ビンについた汚れを洗い流す。水気をふきとり、冷蔵庫に保存。冷蔵庫に入れて、一週間以内に食べ切りましょう。

  25. 1分ずつ合計4分追加して加熱したところ、約280gのジャムができました。


  26. 【電子レンジで作るいちごジャムのよくある質問】

    いちごジャムのカロリーは?
    一般的な高糖度ないちごジャムの場合、小さじ1杯7gで18kcal。低糖度のいちごジャムで1杯7gで14kcalあります。このレシピでは、180gで303kcal。ゆるい分、小さじ1杯にすると12kcalになりました。

    どうしてアクを取るの?
    見栄えの良いジャムになりますし、アクには苦み、エグ味などの雑味があります。

    どうして一度に加熱しないの?
    一度に加熱しないのは、加熱むらや、砂糖の溶け残りのむらを防ぐためです。途中で取り出したら、全体をかき混ぜておきましょう。

    ふきこぼれを防ぐには?
    レンジ内が吹きこぼれると掃除が大変です。下記のポイントを試してみて下さい。

    1、底が深くて大きめの器に入れる。
    2、いちごを粗くつぶして、加熱時間を短くする。
    3、サラダ油を少量加える。
    4、加熱しすぎに注意。最後の方は、様子を見ながら1分ずつ加熱を増やしてみる。

    できあがりがゆるい気がする?
    完成直後はジャムはさらさらでゆるく感じますが、冷めるととろみが出てきます。でも鍋で煮詰めて作ったジャムに比べると、いちごソースのようにゆるい感はたしかにあります。その分、果実のフレッシュ感が味わえるのが魅力でもあります。

    とろみを増すには?
    電子レンジにかける時間を長くすると、とろみが増します。もう少し固めがいいと思ったら、次回から加熱時間を少し多くしてみて下さい。

    おすすめの食べ方は?
    ヨーグルトにかけたり、アイスクリームパンナコッタスムージーにも合います。

    電子レンジが500Wの場合は?
    500Wの加熱時間に0.8かけた時間が600Wの加熱時間になります。つまり、600Wの1.2倍、言いかえれば20%増した時間が500Wの加熱時間です。
このレシピを印刷する 

Yahoo!ブックマークに登録 このレシピをYahoo!ブックマークに登録する

Top  免責事項  Blog
Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.