ティー紅茶(缶・ポット・ティーバッグ)おいしい入れ方 - レシピ [ 作り方 ]

料理の種類で探す 食べたい時で探す ダイエット情報 食べ歩き ショッピング マロンの掲示板
ダイエット料理レシピ集
ティー紅茶(缶・ポット・ティーバッグ)おいしい入れ方
おいしい紅茶の入れ方

ティーポットは必ずふたをして蒸らしましょう。うまみの成分が出て、香りも逃しません。

ティー紅茶(缶・ポット・ティーバッグ)おいしい入れ方の材料


(適量)
紅茶(茶葉やティーバッグ)‥‥適量
水‥‥適量

ティー関連レシピ
生姜紅茶
生姜粉末
コーヒーの入れ方
自家焙煎コーヒー

紅茶に合うデザートレシピ
マロングラッセ
モンブランケーキ
いちごのショートケーキ
いちごのロールケーキ
抹茶ロールケーキ
しっとりシフォンケーキ
シュークリーム

ケーキのまとめ・レシピ集
ケーキのレシピ集

ティー紅茶(缶・ポット・ティーバッグ)おいしい入れ方の作り方


おいしい紅茶の入れ方のレシピページには動画や手順写真もあります。どうぞご覧ください。

  1. 【リーフティーでおいしい紅茶を入れる方法:ためしてガッテン流】

    ポットを温める
    お湯を沸かす前に、ポットを温めておく。水はなるべぐ軟水を使用。

  2. 茶葉を入れる
    湯が沸き始めたらポットの湯を捨てて茶葉を入れる。

  3. 湯を95℃まで沸かす
    表面が激しく波立って、大小の泡が浮かんできたら火を止める。(やかんがヒューヒュー、ボコボコ、ピーピーと沸騰するまで沸かします。)

  4. ポットに湯を注ぐ
    勢いよく注ぎ込むのがきれいな対流を起こすコツ。

  5. ジャンピング

    蒸気が逃げないように、お湯は注ぎ口の付け根まで入れる。

  6. 茶葉が沈むのを待つ
    ジャンピングがおさまり茶葉が沈んだら飲みごろサイン。

  7. 最後にひと混ぜ
    うま味は底にたまっているので、スプーンでそっとひと混ぜする。

  8. カップに注ぐ

  9. 【ティーバッグでおいしい紅茶を入れる方法:ためしてガッテン流】

    まず、深めのカップを用意します。一般的なティーカップではジャンピングするための深さが足りないのです。

  10. カップにお湯を注ぐ。

  11. ティーバッグを静かに入れる。

    ティーバッグの中でも、お湯の対流によって、茶葉が浮き上がってジャンピングをしているのがわかります。

  12. 沈んでいたティーバッグが一度浮いて、しばらく置いてもう一度沈んだら飲みごろです。

  13. 【紅茶のためしてガッテン情報】

    紅茶は茶葉を機械でもんで作ります。その過程で茶葉は丸まって細くよられた状態になっています。この茶葉が浮いたり沈んだり(ジャンピング)することによって徐々に開いていき、閉じ込められていた香りやうま味がお湯の中に放たれるのです。茶葉をきれいにジャンピングさせるには、対流しやすい丸型ポットを使い、95℃前後のお湯で入れるのが最適です。

    1人分の紅茶の分量は?
    小さい茶葉の場合、ティースプーン中山盛り1杯、湯量は150〜170ml、蒸らし時間は2分半〜3分。

    大きい茶葉の場合、ティースプーン山盛り1杯、湯量150〜170ml、蒸らし時間3〜4分。

  14. 【おいしい紅茶の入れ方のよくある質問】

    ためしてガッテン以外からの補足情報です。

    紅茶に適した水は?
    紅茶に適した水は軟水。ミネラルウォーターは硬水なので適しません。日本の水道水は軟水なので、大丈夫です。くみたての水道水は、空気をたくさん含んでいるのでジャンピングさせるのに適しています。カルキ臭が気になる場合は、沸騰後2〜3分沸かし続ければ抜けます。

    浄水器は?
    カルキ臭や鉄分が抜けている方がいいので、浄水器があれば使いましょう。浄水器を通した水道水を汲んですぐ、やかんで沸かして使用するのがベストです。

    紅茶に適さない水は?
    沸かし過ぎや二度沸かし、くみ置きの水は酸素が抜けていることがあります。また、沸騰ポットでも長時間保温すると温度が下がり、空気も抜けてしまうため、おいしい紅茶が入れられません。

    ジャンピングとは?
    ジャンピングとは、紅茶の茶葉が上下に舞うように踊り、やがて底に沈む現象をいいます。丸まった茶葉が開き、味と香りがお湯に溶け出します。

    これは、ポットに注がれたお湯に含まれた空気が対流を起こすことから生まれます。お湯を注いだ勢いで茶葉がクルクルと回ることではありません。汲みたて、沸かしたての新鮮な空気をたっぷり含んだ水を使うことが大切です。

    ジャンピンさせるコツは?
    1、95℃の熱湯を用いること。
    2、少し高めの位置から一気に注ぐ。
    3、対流のおこりやすい丸型ポットが最適。

    ティーポットは温めておいた方がいい?
    ティーポットが冷たいとお湯の温度が下がります。紅茶を十分蒸らすことはできません。

    ティーコジーで保温?
    寒い時期はティーコジー(お茶帽子)をかぶせると、紅茶が冷めないように保温することができます。

    鉄器のやかんはだめ?
    鉄製のやかんは、お湯を沸かすのにむきません。紅茶のタンニンは鉄分と結合しやすいので味が悪くなり、色も黒くなります。

    注ぎ方は?
    ティーポットからカップに注ぎ分ける前に、ポットを軽くゆするか、スプーンでひと混ぜしましょう。カップが2個以上の時は、均等になるように注ぎ分けます。

    ゴールデンドロップとは?
    最後の一滴まで注ぎましょう。ティーポットの最後の一滴は、紅茶で一番おいしい部分でゴールデンドロップといわれます。

    レモンティーの飲み方は?
    レモンティーは日本では一般的ですが、欧州ではまれにしか飲まれないようです。レモンティーには紅茶の渋みを抑えた方があうので、紅茶はあまり濃く入れないようにしましょう。レモンスライスは早めに取り出しましょう。入れたままにしておくと、レモンの皮の渋みが出ます。

    ティーバッグのおいしい入れ方は?
    1、ティーバッグが空気で浮かび上がらないように、カップの縁からすべらせるように静かに入れる。

    2、お湯の温度を下げないように、小皿やソーサーなどでふたをして蒸らす。

    3、ティーバッグをゆっくりふってなじませてから、静かに取り出す。スプーンで絞ると苦みや渋みが出ます。

    テトラパックのティーバッグ
    テトラ(四面体)パックのティーバッグは、茶葉がジャンピングするように工夫されています。

    ティースプーンはコーヒースプーンよりも大きい?
    ティースプーンは、コーヒースプーンよりもやや大きめのサイズです。
このレシピを印刷する 

Yahoo!ブックマークに登録 このレシピをYahoo!ブックマークに登録する

Top  免責事項  Blog
Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.