検索
杜仲茶の作り方と飲み方 杜仲茶の作り方と飲み方
杜仲茶の作り方と飲み方 杜仲茶の作り方と飲み方
杜仲茶の作り方と飲み方 杜仲茶の作り方と飲み方

成分・効能 | 健康効果(血圧・血糖値)杜仲茶の作り方(飲み方)

カロリー:
(1杯分)0kcal
準備時間:
数分
調理時間:
10〜15分

杜仲茶の作り方と効能(レシピ)
杜仲茶の作り方と効能です。メタボリックシンドロームといえば杜仲茶。杜仲茶の効能には、血圧や血糖値の正常化、体脂肪の燃焼、血行促進、便秘解消などがあり、ダイエットに適したお茶です。免疫力を強化して風邪やインフルエンザ予防にも。

材料(1リットル分)

杜仲茶(ティーバッグやリーフ)‥‥3g
水‥‥1リットル

レシピ(作り方)

市販の杜仲茶の入れ方と飲み方

市販の杜仲茶は、ティーバッグやリーフ(茶葉)が多いと思います。基本的には中国茶や紅茶などと同じようにして飲むことができます。健康効果やダイエット効果を期待する場合は、色濃く煮出します。その場合は、少し飲みにくいと感じるかもしれません。

ダイエット杜仲茶の入れ方:1パック3gの茶葉を1リットルの沸騰したお湯に入れて、10〜15分煮出す
1.【杜仲茶の入れ方】
1リットルの水に1パック(3g)を目安にし、10〜15分色濃く煮出す。通常のお茶として飲む場合は、杜仲茶葉3gで2リットル。リーフの場合も同じようにします。
杜仲茶は温めても冷たくしても飲める
2.【杜仲茶の飲み方】
熱くても冷たくしても飲めます。

自家製杜仲茶の作り方と入れ方

収穫した杜仲茶の葉
【自家製杜仲茶】
生の杜仲茶の葉が手に入る方は、天日に干して数日乾燥させて下さい。茎も捨てないで一緒に干します。5月下旬〜7月下旬に茶葉を採取すると、有効成分のゲニポシド酸が多いと言います。写真は10月頃に採取したものです。
自家製杜仲茶の作り方:収穫した杜仲茶の葉をザルに敷き、風通しの良い場所で乾かす
1.【天日干し・乾燥】
通気性の良いザルに置き、風通しの良い場所で乾かす。
時々上下を入れ替えながら、2〜3日干してしっかり乾燥させる
2.たまに上下を入れ替えながら、2〜3日干してしっかり乾燥させます。
成分がより抽出できるよう葉を細かくちぎる
3.ここがポイント【葉をちぎる】
葉を適度にちぎりましょう。成分をより抽出できます。
やかんにたっぷりの水と一つかみの茶葉を入れて10〜15分煮出す
4.【煮出す】
やかんにたっぷりの水と一つかみの茶葉を入れて10〜15分煮出す。自家製なのでアバウトですが、お茶の色で茶葉の量を加減して下さい。焙煎していませんが、癖がなくて飲みやすいです。
【焙煎して飲む場合】乾燥させた茶葉をフライパンに乗せ、弱火でじっくり炒る
【焙煎して飲む場合】
乾燥させた茶葉を、フライパンで弱火にして炒る。炒りすぎるとお茶にしたとき苦くなるので、ほどほどに。より成分が出るように、冷めたら手で細かくほぐしておくと良いでしょう。
煮出さないで、熱湯を注ぐだけでも美味しく飲める
【煮出さない】
煮ださないで、熱湯を注ぐだけでも美味しくいただけます。急須に茶葉を入れ、数分蒸らし、お好みの色、香りになったら湯呑に注ぎます。
【感想】
乾燥させただけで緑色がまだ残っている葉は、少し生臭さがあるかもしれせん。焙煎したものは、香ばしいので、熱湯を注ぐだけでも美味しく飲めました。良い成分をたくさん摂取しようとして、濃く煮出しても飲みにくくなります。毎日飲むことが大事なのでお好みの方法で飲んで下さい。お通じに効きます。利尿作用も強いです。ほっとするリラックス感もあります。ノンカフェインなので夜でも飲めます。ダイエッターには欠かせないお茶です。
動画:自家製杜仲茶の作り方
自家製杜仲茶作りの全工程を動画で見る。

マロンのワンポイントアドバイス:ゲニポシド酸を抽出するために、しっかり煮出しましょう。

福岡県産がぶのみ杜仲茶
【がぶのみ杜仲茶】
安心の国産杜仲茶♪ 楽天でのご購入は→がぶ飲み福岡県産杜仲茶3g×50包
杜仲茶ティーバッグ
【杜仲茶ティーバッグ】
飲むダイエット! 楽天でのご購入は→杜仲茶 ティーバッグ 100包送料無料!メガ盛り杜仲茶♪
長野県産杜仲茶パウダー
【杜仲茶パウダー】
お水やお湯を注ぐだけですぐ飲める♪ 楽天でのご購入は→★長野県産 杜仲茶パウダー40g 無農薬 無添加

杜仲茶の効能とダイエット効果

杜仲茶の主な効果

血圧降下、血行障害改善の改善、利尿作用、メタボリックシンドローム予防、関節痛の改善、肝機能の向上、鎮痛効果、ストレスの緩和など。

杜仲茶がメタボリックシンドロームにいい理由

杜仲茶は肥満やコレステロール、中性脂肪、内臓脂肪蓄積、インシュリン抵抗性を改善する効果や、アディポネクチンを増加させる効果があるなど、トータル的にメタボリックシンドロームに対する効果が期待できると言われています。

杜仲茶がダイエットにいい理由

アディポネクチン
アディポネクチンを増やして体内の脂肪を減少させ、肥満を抑える働きが確かめられています。アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌されるホルモンで、血液中にある糖の取り込みを促進し、脂肪を燃えやすくする働きがあります。傷ついた血管を修復する働きもあります。

体脂肪を減少
肝臓にとても強い抗酸化能力を発揮するゲニポシド酸(イリドイド化合物)やピノレジノール・ジグルコサイド(リグナン化合物)などの成分が、脂肪分解や処理など、脂質代謝に深く関わっている肝臓機能を上昇させ、体脂肪の減少を促すよう働きかけます。補強された肝臓は、大腸のぜん動運動を活発にし、脂肪やコレステロールを素早く分解、再吸収を抑制し、過剰な栄養なども素早く分解。こうして老廃物を多く排出する事によって体脂肪を減少。

便秘解消
ゲニポシド酸により大腸のぜん動運動が亢進、便秘解消。

利尿作用
ピノレジノール・ジグルコサイドの作用により、体内の余分な水分や塩分を排出。腎臓や肝臓にかかる負担を軽減し、むくみをとります。

リラックス効果
ゲニポシド酸は副交感神経を活性化させ、緊張感を緩和、リラックスさせてくれます。ストレス解消や自律神経失調に。イライラを抑えてダイエットを継続しやすい状態に導いてくれます。

今話題の胆汁酸ダイエット!

基礎代謝が上がる
たまった脂肪を燃焼させるためには、「肝臓」、「筋肉」、「褐色脂肪細胞」の三つの代謝を高めることがポイントとされます。「胆汁酸」は、食事の時に胆のうから小腸で分泌される消化液のこと。胆汁酸は、血液の中でホルモンのような働きをして、脂肪の燃焼を促進させます。血中の胆汁酸量が増えれば、熱産生により基礎代謝が上がります。肝臓や筋肉、さらにたまった脂肪を燃やす働きのある褐色脂肪細胞の代謝に働きかけ、痩せやすい体を作ります。基礎代謝向上による体重減少効果は、ウォーキング1時間と同じ消費カロリーになるそうです。詳しくは日本杜仲研究会

新しい胆汁酸に更新
胆汁酸が長く腸内にとどまっていると、機能が低下します。そのため、基礎代謝をアップさせるためには、古い胆汁酸を排泄して新しい胆汁酸を血中に増やすことが大切になります。杜仲茶に含まれるアスペルロシド(イリドイド化合物)という成分が、胆汁酸の分泌を促し、血液中の胆汁酸の量を増やしてくれます。新しい胆汁酸が増えることによって、体脂肪が減って肥満の改善につながります。

やせるホルモン「GLP-1」の分泌を促進
さらに胆汁酸は、膵臓でインスリンの分泌をサポートして「GLP-1」の分泌を促進することが分かりました。GLP-1は痩せるホルモンとしても注目されています。GLP-1は、すい臓でインスリンの分泌を促進する他にも、すい臓の細胞が疲弊するのを防いだり、グルカゴンという血糖値を上げるホルモンの分泌を抑制することから、糖尿病の治療薬として使われています。

杜仲茶が血圧を下げる仕組み

杜仲茶に含まれるゲニポシド酸は、副交感神経に作用します。この神経は末端の動脈とつながっており、動脈の筋肉(平滑筋)を弛緩させ、末梢血管の血流抵抗を低下させて血圧を下げます。

鎮痛効果

例えば腰痛、腰痛は脊髄静脈のうっ血によることが多いと考えられています。うっ血は血液中の老廃物により、血栓やコレステロールが血管壁に付着し、そのため血流が悪くなった状態を指します。杜仲のピノレジノール・ジグルコサイドには、抹消血管を拡張する働きがあり、血栓やコレステロールを溶かし除去。除去された老廃物は尿となって排泄され、新しい血液を送り込むことができます。こうしてうっ血が解消、血流がよくなって腰痛も軽くなります。

注意:お茶として通常量を摂取する場合は、特に問題はないとされますが、杜仲茶はカリウムを含んでいるので、カリウムの摂取制限を受けている方や腎臓病の方は、必ず担当医の先生と相談してから飲むようにしましょう。念のため、高齢者や妊婦さんも。

おすすめコンテンツ

サイト内の他のレシピや関連情報もご覧ください。

ユーザーレポート

投稿をお願いします!作ってみた感想、工夫してみたこと、ご提案、エピソードなどぜひ教えてください!この欄に掲載させていただきます。マロンと一緒においしいレシピを完成させましょ〜♪\(^▽^)/

お名前(ニックネーム)*
メールアドレス*
お料理名*
メッセージ*

おすすめコンテンツ

サイト内の他のレシピや関連情報もご覧ください。

関連レシピ

このレシピを見た人はこんなレシピも見ています

ダイエット・健康情報

レシピに関連したダイエットと健康の情報です

杜仲茶のよくある質問

レシピに関連したよくある質問の答えです

杜仲茶の基本情報
杜仲は、中国西南部からベトナムにかけて育つ落葉高木。20年〜30年で高さ15〜20mもの巨木になり、樹皮は漢方薬の原料として、若葉はお茶として用いられます。中国では、漢方薬の中でも最も高貴なものとされてきました。分類上は、近縁種のいない「一科一属一種」とされます。親戚や近縁の種族が途絶えた中で、生き抜いた生命力のある木である為、「生きた化石」と呼ばれています。
杜仲茶の歴史は?

漢方の上薬
中国には「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」という、草木の薬効を調べた最古の本があります。(1600年前)当時収録されていた365種類の生薬の中でも杜仲は、「毎日服用すれば長生きでき、副作用の心配もない」という上薬に分類されました。

名前の由来
400年前の中国の薬学書「本草綱目(ほんぞうこうもく)」も、杜仲について触れており、漢方薬としての、その効能や用法が記載されています。また、名前の由来についても記述があり、杜仲という人が最初に口にしたことから「杜仲」と名づけたとしています。

平安時代
日本では平安時代に書かれた「本草和名(ほんぞうわみょう)」(918年頃)にも杜仲という名前が出ており、貴族の間で不老長寿のために飲まれていたようです。しかしながらこれは、「ニシキギ科」の「マサキ」を「和杜仲」と称して用いていたようです。

長野県で栽培
本物の杜仲は、大正7年に渡来しており、現在、長野県で栽培されています。

杜仲茶は漢方薬なの?

漢方の上薬
中国では古代から滋養強壮の漢方薬として珍重されてきました。健康成分のゲニポシド酸は、特に杜仲の樹皮に多く含まれているため、中国で杜仲茶というとこの樹皮のお茶を指します。日本では、この杜仲の樹皮は医薬品成分に指定されています。漢方では杜仲に強壮、鎮痛、血圧降下作用があるとされ、虚弱体質の改善、関節痛の緩和や血圧降下を改善する目的で漢方に配合されます。

処方
杜仲が含まれる漢方処方には杜仲丸(とちゅうがん)、大防風湯(だいぼうふうとう)、加味四物湯(かみしもつとう)などがあります。

杜仲茶の主成分は何?
主成分はゲニポシド酸(イリドイド化合物)、アスペルロシド(イリドイド化合物)、ピノレジノール・ジグルコサイド(リグナン化合物)、グッタペルカ、アルカロイド、ビタミンC、タンニン、そして、リン、カリウム、マグネシウム、鉄分、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれています。
なかでも特徴的成分は?
強い抗酸化作用のあるゲニポシド酸。血圧降下に有効とされます。
ゲニボシド酸とは?

血圧下降作用
ゲニポシド酸はイリドイド配糖体の一つで、優れた血圧下降作用が認められています。それにより、血行障害の改善、利尿作用、高コレステロールの軽減、関節痛の改善、ストレスの緩和などの効能が得られます。

トクホ
杜仲配糖体(ゲニポシド酸)が、血圧を調節する機能成分であるとして、特定保健用食品、トクホに指定されています。この機能はゲニポシド酸独自のもので、血圧に良いとされる他の特定保健用食品とは、全く違った作用メカニズム です。

肌のアンチエイジング
ゲニポシド酸には、コラーゲンの合成を促進してくれる効果もあると言われます。

コレステロール
ゲニポシド酸には、コレステロールの吸収を抑えてくれる働きも。

美肌効果
ゲニポシド酸の血行促進作用から、冷え性の緩和に。肌の新陳代謝が高まって、くすみやハリの改善にも。

ストレスの緩和
ゲニポシド酸は副交感神経を優位にして、ストレスを緩和する効果があります。ストレス性の自律神経失調症の改善効果もあります。

杜仲茶の旬は?
ゲニポシド酸は、5月下旬〜7月下旬に採取された茶葉に多く含まれます。
ダイエット効果を高める杜仲茶の入れ方は?
ポイントはしっかり煮出すことです。ゲニポシド酸を抽出するためです。
グッタペルカって何?

生の葉をちぎると白いネバネバした糸を引きます。これは、グッタペルカという杜仲茶独自の繊維です。虫の口にからまるため、これを嫌って害虫が寄り付かないといいます。これにより無農薬の有機栽培が可能。

グッタペルカというネバネバした糸

グッタペルカは、ゴム質の成分で、熱すると柔らかくなり、冷えるとそのままの形で硬くなる可塑性を持っています。歯科医療で、歯に詰める充填剤として用いられます。

イリドイドで認知症予防?
杜仲茶に含まれるイリドイドは、強い抗酸化作用を持っており、記憶力の低下や認知症の予防効果が期待されています。イリドイドとは植物がつくるテルペン(精油成分)の一種です。
鎮痛作用のアルカロイド
杜仲茶に含まれるアルカロイドやタンニンには、鎮痛作用があるとされています。血流を良くしたり、脳の疲労回復にも効果が期待されています。アルカロイドというのは、植物由来の麻酔性を持つ化合物。例として、アヘンから抽出されるモルヒネ。医薬品として有用。タンニンというのは渋み成分のこと。
二日酔いにもいいの?
利尿作用やゲニポシド酸やピノレジノール、ジグルコサイド、ビタミンCの肝機能強化によりアルコールをすばやく体外へ排出。アルカロイドが神経を鎮静させることで頭痛や不快感を和らげてくれる。
冷え性にもいいの?

ゲニポシド酸の血行改善作用は、冷え性や肩凝り、片頭痛、リウマチ、関節痛、神経痛、生理痛にも。

注意:片頭痛の人は、痛みがある時には血行を良くすると痛みが増します。お風呂に入っても悪化するほどです。杜仲茶は血管を拡張させるので、片頭痛がある時には痛みが悪化します。その時は杜仲茶を飲むのは控えましょう。

副作用はあるの?
カフェインは交感神経を緊張させて、不眠やイライラの原因にもなります。また、カフェインを含む緑茶やコーヒーは、飲みすぎると血圧を上げてしまうこともありますが、杜仲茶はカフェインを含まず、副作用もありません。むしろゲニポシド酸によるリラックス効果など、子供から妊婦さんまで安心して飲めます。ただし、杜仲茶の飲み過ぎはお腹がゆるくなるので注意です。
ダイエットに効果的な飲み方は?

食前や食事中
杜仲茶を食前や食事中に飲むと、脂肪やコレステロールの吸収を抑えるだけでなく、吸収された脂肪分の消費も進みます。また、満腹感を得やすいので、食事量を無理なく減らすこともできます。

 

茶葉6g
胆汁酸研究の第一人者・渡辺光博教授によると、杜仲茶葉6gを1.5リットル程度の水に煮出して作った濃い杜仲茶を、3度の食事中に合わせて飲むのがベストだそうです。1時間のウォーキングと同じ脂肪燃焼効果が得られるそうです。

舞茸&大麦
食物繊維を多く含む大麦や、MXフラクションという胆汁酸の排出を促す特有成分を持つ舞茸とともに摂ることで、胆汁酸の排泄作用が高まり、内臓脂肪を減らすことができます。詳しくは世界一受けたい授業