検索
ローストビーフ(炊飯器で作る簡単レシピ) ローストビーフ(炊飯器で作る簡単レシピ)
ローストビーフ(炊飯器で作る簡単レシピ) ローストビーフ(炊飯器で作る簡単レシピ)
ローストビーフ(炊飯器で作る簡単レシピ) ローストビーフ(炊飯器で作る簡単レシピ)
ローストビーフ(炊飯器で作る簡単レシピ)
ローストビーフ(炊飯器で作る簡単レシピ)
ローストビーフ(炊飯器で作る簡単レシピ)
ローストビーフ(炊飯器で作る簡単レシピ)
ローストビーフ(炊飯器で作る簡単レシピ)
ローストビーフ(炊飯器で作る簡単レシピ)

炊飯器で作る簡単レシピ | ソースの作り方・温度ローストビーフの作り方

カロリー:
(100g分)196kcal
準備時間:
1時間(肉を常温に戻す時間)
調理時間:
1時間

炊飯器で作るローストビーフの作り方(レシピ)
ローストビーフを炊飯器で作る簡単レシピです。肉をジップロックに入れてお湯につける真空調理は、簡単で失敗なし。炊飯器の保温機能を使えば、肉がやわらかくて、ソースもおいしいですよ。レシピは、はなまるマーケットを参考。

材料(5人分)

牛モモ肉ブロック‥‥500g
塩‥‥適量
粗挽き黒こしょう‥‥適量
サラダ油‥‥大さじ1
ジップロック‥‥1枚
ストロー‥‥1本

【たれ】
酒、醤油、みりん‥‥各大さじ2
砂糖‥‥小さじ1

レシピ(作り方)

炊飯器で作るローストビーフ(レシピ)

炊飯器で作るローストビーフの作り方:肉は冷蔵庫から取り出して室温に戻しておく
1.ここがポイント【室温に戻す】
肉は1時間前には冷蔵庫から取り出して、常温に戻しておく。冷蔵庫から出したての肉は中心部が冷たく、中まで火が通りにくいからです。
肉に塩・胡椒をすり込む
2.牛肉に塩、コショウをすりこむ。
サラダ油を熱したフライパンで肉に焼き色をつける
3.【焼き目をつける】
フライパンにサラダ油を熱して肉を入れ、強火で肉の表面に焦げ目をつける。
焼き色がついたら回して、各面をしっかり焼く
4.途中で回して全面を焼きつけます。
ジップロックに酒、醤油、みりん、砂糖を入れる
5.【ジップロックに入れる】
ジップロックに【たれ】の調味料を入れる。袋は耐熱性であることを確認して下さい。
簡単ローストビーフのレシピ:肉をジップロックに入れる
6.そこに肉を入れる。
ポリ袋をよくもむ
7.よくもむ。
袋にストローを差し込み、空気を吸って真空にし口を閉じる
8.ここがポイント【空気をしっかり抜く】
ストローで空気を吸って真空状態にし、しっかり口を閉じる。真空状態にすることが、ローストビーフ作りのポイントです。ストローを抜いたら、空気が戻らないように、素早くチャックを閉じましょう。
肉の入った袋を炊飯器に入れる
9.【保温する】
肉を炊飯器に入れる。
肉の八分目の高さまで熱湯を入れる
10.肉の八分目くらいまで熱湯を注ぐ。
蓋を閉めて保温ボタンを押し、40分置く
11.炊飯器のふたを閉めて、保温のスイッチを押し40分待つ。間違って炊飯のスイッチを押さないで下さい。
肉をラップに包んで落ち着かせる
12.ここがポイント【休ませる】
40分たったら肉を取り出し、ラップに包んで冷ます。出来立てをすぐに切ると、肉汁が流れ出し、旨みが逃げてしまいます。ラップして乾燥を防ぎながら、肉汁を落ち着かせます。

肉汁をフライパンで軽く煮詰めてソースを作る
13.【ソース】
漬け汁は、フライパンで軽く煮詰めてソースにする。
肉の繊維を断ちきるように薄くスライスする
14.ここがポイント【繊維を断つ】
牛肉を薄くスライスする。繊維を断つように切ると食感が柔らかくなり、食べやすくなります。薄く切りたい時は、冷蔵庫で冷やしましょう。肉が締まって薄切りがしやすくなります。
付け合わせの野菜を添えて皿に盛りつける
15.付け合わせの野菜とともに皿に盛り付ける。クレソン、フライドポテト、ベビーコーン、ミニトマトを添えてみました。ソースをつけてどうぞ!塊のまま冷蔵庫に入れておけば、2〜3日は持ちます。
動画:ローストビーフを切り分ける様子
ローストビーフを切り分ける様子を動画で見る。
動画:ローストビーフの作り方全行程
ローストビーフの作り方全行程を動画で見る。

マロンのワンポイントアドバイス:おいしいローストビーフを作るコツは、ジップロックの中を、できるだけ真空状態にすることです。

ローストビーフの切り落し
【ローストビーフ切り落し】
たっぷり使えてお買い得!楽天でのご購入は→訳ありローストビーフ切り落し 200g×5パック アウトレット おつまみサンドイッチにも
真空パック調理器・スーヴィード
【真空パック調理器】
高級レストランの味が家庭で作れる♪ 楽天でのご購入は→真空低温調理器 スロークッカー スーヴィード
川平秀一シェフの簡単真空調理レシピ
【ポリ袋レシピ】
川平秀一シェフの簡単真空調理レシピ! 楽天でのご購入は→★ポリ袋レシピ(2) 油を使わずヘルシー調理!

魚焼きグリルで作るローストビーフ(レシピ)

魚焼きグリルで作るローストビーフのレシピです。ローストビーフを魚焼きグリルで焼けば簡単。遠赤外線効果で短時間に焼けます。ローストビーフのコツは、中心部にほんのり赤みがあるように焼くことです。

魚焼きグリルで作るローストビーフ

材料(3人分)

牛もも肉のブロック‥‥400g
サラダ菜‥‥適量
ブラックペッパー‥‥適量
塩‥‥適量
練りわさび‥‥適量
醤油‥‥適量

【A】
焼酎‥‥適量
ニンニク(おろす)‥‥2〜3かけ
生姜(おろす)‥‥1かけ

レシピ

  1. 牛肉を食べやすい大きさのブロックに切る。(厚みがあり過ぎると、焼き上がるのに時間がかかります。)
  2. ビニール袋に肉と【A】を入れ、2〜3分もみこんだ後7〜8分漬け込む。
  3. ブラックペッパーをきかせ、塩をしてすり込む。
  4. グリルを強火で5分温めてから肉を入れ、強火のまま上を7分焼き、ひっくり返して5分焼く。(ローストビーフのコツは、中心部にほんのり赤みがあるように焼くことです。肉の厚みやグリルのカロリーで焼く時間が違ってくるので、加減してみて下さい。)
  5. 皿にサラダ菜かプリーツレタスを敷き、薄く切った肉を並べる。
  6. わさび醤油でいただく。(お好みでポン酢醤油と七味唐辛子でも味わってみて下さい。)

マロンのワンポイントアドバイス:グリルはオーブンより簡単ながら、遠赤外線と対流効果で短時間でよく焼けます。レアに焼き上げシンプルなタレがおいしいですよ。

よくある質問

ローストビーフの中が半生なのは大丈夫?
O157などの食中毒菌は、牛肉の表面にしかいません。ブロック肉のような筋肉の内部には存在しません。たとえ表面に菌がいたとしても、75度で1分以上加熱すれば死滅します。ステーキをレアで食べられるのはこのためです。強火で焦げ目をつけて旨みを逃さないようにしますが、同時に表面を殺菌することにもなるので、大丈夫です。ただし、出来た時点では無菌でも、温かいので菌が繁殖しやすい状況にあります。出来上がり次第、すぐに食べましょう。特にスライスすると、菌の繁殖が進むので、早く食べ切りましょう。夏場や梅雨時は、中までよく加熱する料理を食べるようにしましょう。
二次汚染に注意?
食中毒事故で多いのは、生肉を切ったまな板を洗わずに、サラダ用の野菜を切り、そこで汚染を受けて食中毒という二次汚染が多い。
できればまな板や包丁を、肉用、野菜用と分けましょう。分けられない場合は、先に生野菜などの加熱しない食品を切り、生の肉は後で切りましょう。まな板はやかんで沸騰させた熱湯をまんべんなく注いで殺菌しましょう。

おすすめコンテンツ

サイト内の他のレシピや関連情報もご覧ください。

ユーザーレポート

投稿をお願いします!作ってみた感想、工夫してみたこと、ご提案、エピソードなどぜひ教えてください!この欄に掲載させていただきます。マロンと一緒においしいレシピを完成させましょ〜♪\(^▽^)/

お名前(ニックネーム)*
メールアドレス*
お料理名*
メッセージ*
ユーザーレポート
user-icon

Iris

早速作りました!もう感動の出来でしたよ〜☆ お店で食べるようなバラ色のお肉!ジューシーで柔らかな食感!!... 続きを読む

早速作りました!もう感動の出来でしたよ〜☆
お店で食べるようなバラ色のお肉!ジューシーで柔らかな食感!!家であんなにおいしいのが作れるとは思いませんでした(しかも超簡単!)。家族にも好評でしたよ(^^♪

最初、普通のフリーザーバッグ(余っていたので)でやったのですが、熱湯を注いだ瞬間袋に穴が(@_@)最終的にはジップロックに入れ替えて無事調理ができましたが、ジップロック以外でやるときは耐熱性をよくチェックする必要がありますね。

あと、ストローは細めの方がいいかもしれません。はじめ「きっと一気に空気が抜けるだろう!」と思ってタピオカドリンクとかにくっついている太めのストローでやったのですが、抜けるのが早い分逆流も早く・・・;;確実性をとるなら牛乳とかにくっついてるストローが一番良いと思います。切るときには普通のナイフよりパン切りナイフが重宝でした。肉汁の流出を抑えられます。

今回、私はお酒の代わりに赤ワインを加え、香り付けにセロリの葉とにんじんの皮も加えました。ちょっと空気を抜くのが大変になりますが、香りも良くなっておすすめです。

ではでは☆

マロン:キャーッ!(≧▽≦) ローストビーフさっそく作ってくださったんですね〜♪
超ウレピー♪ヽ(*^◇^*)/♪ マロンは、Irisさんのレポートに感動です〜!(*T▽T*)
いつもながら、すごすぎっていうか、その湯水のように湧き上がるアイデアはいったいどこから??
ストローについても、ナイフについても、「あ〜やる前に聞いてたらよかったな〜」と叫んでしまいましたよ〜(^_^;)

お酒の代わりに赤ワインを加え、香り付けにセロリの葉とにんじんの皮‥
う〜ん!いいですね〜!(* ̄▽ ̄*)
想像しただけで生唾ものです♪ ほんとうに、センスが光ってるな〜♪♪♪

このローストビーフのレポートは、みなさん、きっとすっごく参考になられるでしょうね! ほんとうに、ありがとうございま〜す♪ 最高にうれしいレポートでした〜♪(*^▽^*)♪
ぜひぜひ、また教えてくださいね〜☆

user-icon

purinzuki

何とか上手に出来ました。あまりにも美味しかったので完食してしまいました... 続きを読む

何とか上手に出来ました。あまりにも美味しかったので完食してしまいました^^。また参考にさせていただきます。有り難うございました(。・`ω´・。)ゞ

マロン:わ〜♪ありがとうございます〜♪\(^▽^)/すっごくすっごくうれしいです〜♪この真空調理法は簡単ですし、ローストビーフの旨味や風味をより際立たせてくれる気がします。あ〜♪マロンもまた食べたくなった〜♪(≧▽≦)

おすすめコンテンツ

サイト内の他のレシピや関連情報もご覧ください。

関連レシピ

このレシピを見た人はこんなレシピも見ています

ダイエット・健康情報

レシピに関連したダイエットと健康の情報です

  • もも肉の赤身は、脂肪分が少ない部位です。詳しい情報を読む
  • たんぱく質が不足すると、肌のトラブルを招きます。詳しい情報を読む
  • ダイエットを成功させる鍵は、筋肉です。たんぱく質を食べましょう。詳しい情報を読む
  • 肉などのたんぱく質が不足すると、冷え症が悪化します。詳しい情報を読む
  • 筋肉トレーニングの後はたんぱく質を食べて筋肉をつけましょう。詳しい情報を読む
  • 赤身肉は脂肪を燃やすL-カルニチンが豊富。詳しい情報を読む
  • 原形をとどめた肉は、加工したものに比べて消化にエネルギーがかかり、脂肪が燃えやすい。詳しい情報を読む
  • もも肉は低カロリーなので安心して食べられます。ちょっとお高くなりますが、もっと低カロリーでおいしいところをと望む方にはフィレ肉がおすすめです。詳しい情報を読む

真空調理のよくある質問

レシピに関連したよくある質問の答えです

真空調理法とは?
フランスのシェフにより、フォアグラのテリーヌのために開発された調理法の一つ。焼く、蒸す、煮るに次ぐ第4の調理法といわれています。ホテルの真空調理は、専用パックに食材を入れ、真空にして大型加熱器などで70〜95度で時間をかけて温めます。
炊飯器の真空調理法は?
フランス料理のシェフ・川平秀一氏は、真空調理を家庭の炊飯器に置き換えた家庭版「真空調理」を考案。食材や調味料をポリ袋に入れて空気を抜き、炊飯器で加熱。大型加熱器の代わりに家庭の炊飯器を使います。炊飯器は米を炊くと内部が100度以上になりますが、保温モードなら70度前後。これは肉や魚の調理に適した温度です。
真空調理法のメリットは?
  1. 空気を抜くと、熱伝導率が上がり、むらなく加熱できる。
  2. 真空にすると、浸透圧効果により、味の染み込みが早くなり、調味料の量も少なくてすみます。
  3. 密封するので栄養の流出を防ぎ、素材の旨味や風味を逃さない。
肉がやわらいかい理由は?
たんぱく質は高温で調理すると収縮して固くなり、肉汁が流出してしまいます。真空調理法は、低温調理なので、肉があまり縮みません。肉汁もあまり流れ出ないで中に残るので、やわらかくなります。
芯温度は?

たんぱく質は、65℃以上で固くなり始め、肉が縮んで旨みの肉汁も逃げ、パサパサになっておいしくなくなります。しかし58℃以下だと、食中毒の危険が生じます。70℃以上で芯まで加熱すると、食中毒菌は死滅します。

炊飯器の保温機能は、釜の内部を70〜80℃に保って菌の増殖を防ぐようになっています。炊飯器による真空調理は、やわらかくジューシーな仕上がりと、なおかつ食中毒菌を死滅させることができる両方の温度設定なのです。

ローストビーフの中が半生なのは大丈夫?
O157などの食中毒菌は、牛肉の表面にしかいません。ブロック肉のような筋肉の内部には存在しません。たとえ表面に菌がいたとしても、75度で1分以上加熱すれば死滅します。ステーキをレアで食べられるのはこのためです。最初に高温で焦げ目をつけて旨みを逃さないようにしますが、同時に表面を殺菌することにもなるので、大丈夫です。ただし、スライスすると、菌の繁殖が進むので、早く食べ切りましょう。夏場や梅雨時は、中までよく加熱する料理を食べるようにしましょう。
真空調理法の食中毒の心配は?

様々な情報によると、加熱そのものよりも、前後の取り扱いに注意する必要があるようです。

家庭では業者が行うような完全な真空パックはできないので、厳密にいえば、炊飯器による真空調理は、低温調理だそうです。鶏料理が例にとりあげられていましたが、食材の中心温度が65℃近辺で1時間近く加熱されているのであれば、加熱としては十分。しかしながら、炊飯器ごとに保温の設定が異なることが予想される。

業者が行う真空調理の場合、加熱後急速冷却を行います。細菌が増殖しやすい温度帯(20〜60℃)を急速に通過させることで、食中毒のリスクが低下します。しかし家庭の炊飯器による低温調理の場合、加熱終了時の温度が、細菌の増殖温度帯に近いため、仮に加熱調理において菌が死んでいたとしても、その後に二次汚染を受けると、菌にとっては格好の条件となることが心配。でき上がり次第すぐ食べるならあまり問題にならないかもしれませんが、作ってすぐ食べない場合は注意が必要かもしれないとのこと。

鶏肉に関連した食中毒事例としては、鶏肉を切ったまな板を洗わずに、サラダ用の野菜を切り、そこで汚染を受けて食中毒という事例がある。

できればまな板や包丁を、肉用、野菜用と分けましょう。分けられない場合は、先に生野菜などの加熱しない食品を切り、生の肉は後で切りましょう。まな板はやかんで沸騰させた熱湯をまんべんなく注いで殺菌しましょう。

ローストビーフの付け合わせは?
アメリカではマッシュポテト、イギリスではヨークシャープディングが定番です。ポテトサラダシーザーサラダもどうぞ。
他にソースは?
わさび醤油や、ポン酢醤油に七味唐辛子などでも食べてみて下さい。
ローストビーフのカロリーは?
一般的なもので、100gが196kcalです。上記には、この一般的なカロリーを表記しておきました。