検索
肉じゃがの作り方 肉じゃがの作り方
肉じゃがの作り方 肉じゃがの作り方
肉じゃがの作り方 肉じゃがの作り方
肉じゃがの作り方
肉じゃがの作り方
肉じゃがの作り方
肉じゃがの作り方
肉じゃがの作り方
肉じゃがの作り方

ガッテン流 | 炒めないレシピ・動画付き肉じゃがの作り方

カロリー:
(1人分)227kcal
準備時間:
5分
調理時間:
25分

おいしい肉じゃがの作り方(レシピ)
肉じゃがの作り方です。ためしてガッテンの肉じゃがレシピ(小林カツ代流)を、ダイエット向きにアレンジしました。油で炒めず、肉をゆでることで余分な脂肪をカット。煮崩れさせたい人も、煮くずれさせたくない人もおいしい肉じゃがが作れますよ。

煮崩れさせない(ホクホク)肉じゃがの作り方

  1. 下準備
  2. 作り方

材料(4人分)

煮崩れさせない(ホクホク)肉じゃが
牛肉(薄切り)‥‥200g
じゃがいも‥‥500g
玉ねぎ‥‥1個
糸こんにゃく…100g
砂糖‥‥大さじ1
みりん‥‥大さじ1
醤油‥‥大さじ2と1/2
水‥‥200cc

煮崩れさせる(トロ〜リ)肉じゃが
牛肉(薄切り)‥‥200g
じゃがいも‥‥500g
玉ねぎ‥‥1個
糸こんにゃく…100g
砂糖‥‥大さじ2
みりん‥‥大さじ1
醤油‥‥大さじ4
水‥‥300cc

レシピ(作り方)

煮崩れさせない(ホクホク)肉じゃがの作り方

下準備

煮崩れない肉じゃがの作り方:じゃが芋は皮をむいて縦に半分に切る
1.じゃが芋は皮をむいて縦に半分に切る。
3〜4つの乱切りにする
2.3〜4つの乱切りにする。
たまねぎは皮をむいて縦半分に切り、芯を三角に切り落とす
3.たまねぎは皮をむいて縦半分に切り、芯を三角に切り落とす。
4つのくし形に切る
4.4つのくし形に切る。
牛肉は長さを3つに切る
5.牛肉は1枚を3等分に切る。
肉を湯に通して余分な脂肪とアクを取る
6.沸騰したお湯に肉を入れ、色が変わるまで湯がく。余分な脂肪とアクを取ります。アクを取らないと、えぐみが口に残ります。
ザルにあげて水気を切る
7.ザルにあげて水気を切る。
糸こんにゃくは、ざっと水で洗って2か所ほどザクザクと切る
8.糸こんにゃくは、ざっと水で洗って2か所ほどザクザクと切る。
糸こんにゃくを水からゆで、ザルに上げて水気を切る
9.鍋に水から入れて軽くゆで、ザルに上げて水気を切っておく。

作り方

じゃがいも以外の具材をフライパンにのせる
1.ここがポイント【フライパンを使用】
じゃがいも以外の具材をフライパンにのせる。底が広いフライパンを使うと、具材同士が重ならないため火の通りがよく、煮崩れもしにくくなります。
砂糖、みりん、醤油の調味料を加える
2.砂糖、みりん、醤油を加える。
軽く炒めて先に味をつける
3.ここがポイント【先に味をつける】
火をつけ、軽く炒めて下味をつけておく。肉に先に味をつけておくことで、短時間の煮込みでも味がしっかり感じられます。
最後にじゃがいもを平らにのせる
4.じゃがいもを平らにのせる。
200ccの水を加える
5.水1カップ(200cc)を入れる。
ふたをして強火で5分蒸し煮する
6.ここがポイント【蓋をして強火で煮る】
ふたをして強火で5分煮る。最初から最後まで強火で煮ます。煮崩れる前に一気に煮るわけです。また、つゆが多いと水っぽく味がボケますが、少ない水で炒め蒸しするので、素材の旨みが凝縮して美味しくなります。
火を止めて上下に混ぜ返し、味をからめる
7.火を止めて一度上下に返すように混ぜる。
ふたをして再び強火で5分煮る
8.ふたをして、さらに強火で5分煮る。
もう一度混ぜ返す
9.ここでもう一度混ぜる。
火を止め、ふたをして5分蒸らせば、ほくほく肉じゃがの完成
10.火を止め、ふたをして5分蒸らせば完成。
ほくほく肉じゃがの完成動画
ほくほく肉じゃがの完成動画を見る。
動画:煮崩れしない(ホクホク)肉じゃがの作り方の全工程
煮崩れしない(ホクホク)肉じゃがの作り方の全工程を動画で見る。

マロンのワンポイントアドバイス:肉を調味料で炒めて先に味をつけておきましょう。わずか10分の煮込みでも味がしっかり感じられます。

味染み肉じゃが
【味染み肉じゃが】
ゴロっとじゃがいも♪ 楽天でのご購入は→【ゆうメール出荷】味染み肉じゃが600g(200g×3袋)
ロングライフシリーズの肉じゃが
【肉じゃが】
常温保存3年!保存食や非常食に! 楽天でのご購入は→肉じゃが 200g×5袋セット(常温で3年保存可能)ロングライフシリーズ
シャトルシェフ
【シャトルシェフ】
肉じゃがも時短でおまかせ♪ 楽天でのご購入は→サーモス 真空保温調理器シャトルシェフ オレンジ 2.8L

煮崩れさせる(トロ〜リ)肉じゃがの作り方

肉やじゃがいもなどの具材は「煮崩れさせない(ホクホク)肉じゃがの作り方」と一緒ですが、煮る必要があるので、調味料を少し多くして煮汁を増やしています。ご家庭のお好みの味つけでもかまいません。

煮崩れた肉じゃがを作る方法:じゃがいも以外の具材を鍋に入れる
1.ここがポイント【深鍋を使用】
じゃがいも以外の具材を鍋に入れる。浅い鍋やフライパンは、芋がこすれにくいので煮崩れしにくいです。深鍋を使いましょう。
砂糖、みりん、醤油を具材に加える
2.砂糖、みりん、醤油を加える。
軽く炒めて味をからめる
3.火をつけ、軽く炒めて下味をつけておく。
300ccの水を加える
4.水300ccを入れる。
沸騰した煮汁にじゃがいもを入れる
5.ここがポイント【沸騰してから入れる】
煮汁が沸騰したらじゃがいもを加える。煮汁が沸騰してから入れると、ペクチンが分解されて短時間で煮崩れを起こします。芋の種類も、メークインより男爵芋の方が崩れやすいです。
ふたをして中強火で煮る
6.ふたをして中強火で煮る。
途中で上下を返してムラなく混ぜる
7.途中で一度上下に返すように混ぜる。
蓋をして煮汁が半分になるまで煮る
8.ふたをして、煮汁が半分くらいになるまでさらに煮て完成。
動画:煮崩れさせた(トロ〜リ)肉じゃがの作り方
煮崩れさせた(トロ〜リ)肉じゃがの作り方を動画で見る。

作ってみた感想:「煮崩れさせる(トロ〜リ)肉じゃが」の動画では煮崩れ系の男爵芋を使いました。見た目にはあまり煮崩れたように見えないかもしれませんが、かき混ぜると煮崩れてきます。今回使用したじゃがいもは、でんぷん量が少なかったのかもしれません。でんぷんが多いときは、よそうのに困るくらい煮崩れます。反対にしっかり系のメークイーンでもよく煮くずれることもあります。芋によってでんぷん量のバラツキがあるからです。でもこの方法なら、たいがい食感はとろっとやわらかくなるので、煮くずれ派の方は是非お試しください。

知って得する「肉じゃが」情報

味をしみ込ませたい場合は?

  1. じゃがいもに火が通る寸前に火から下ろし、鍋全体を新聞紙3枚とタオル2枚で包む。

    肉じゃがの味をしみ込ませるには鍋全体を新聞紙とタオルで包む

  2. 座布団の上で保温します。

    鍋を座布団の上に置いてゆっくり冷ませば味がしみ込む

じゃがいもは、温度が下がるときに煮汁を吸いこんで味がしみ込みます。できるだけゆっくり冷ますほど味がしみ込むのです。これはプロのおでん屋さんのテクニックです。楽天でシャトルシェフを購入する

肉じゃがの味をしみ込ませる方法を動画で見る。

動画:肉じゃがの味をしみ込ませる方法

味をしみ込ませたくない場合は?

あまり味を染み込ませたくないときには、じゃがいもがやわらかくなるまでそのまま煮ればOK!

人参を入れたい場合は?

じゃがいもを減らしてその分量の人参を、レシピの作り方1番に加えて下さい。最後にグリンピースや絹さやなど青い色どりになるものを加えてサッと煮るときれいです。

おすすめコンテンツ

サイト内の他のレシピや関連情報もご覧ください。

ユーザーレポート

投稿をお願いします!作ってみた感想、工夫してみたこと、ご提案、エピソードなどぜひ教えてください!この欄に掲載させていただきます。マロンと一緒においしいレシピを完成させましょ〜♪\(^▽^)/

お名前(ニックネーム)*
メールアドレス*
お料理名*
メッセージ*
ユーザーレポート
user-icon

txdofaf08

濃すぎず、薄すぎずの調度いい味で自分で言うのもあれなんですけど、すごくいい仕上がりでした。... 続きを読む

肉じゃがを作る際にmarrnrecipeさんの動画を参考にさせていただきました!(*´ω`*)
味の方は濃すぎず、薄すぎずの調度いい味で自分で言うのもあれなんですけど、すごくいい仕上がりでした。ありがとうございます!

マロン:わ〜い\(^▽^)/ ありがとうございま〜す!肉じゃがの動画を参考にしてくださったんですね〜!超うれぴ〜♪
ぜひ、また遊びに来てくださいね〜♪

おすすめコンテンツ

サイト内の他のレシピや関連情報もご覧ください。

関連レシピ

このレシピを見た人はこんなレシピも見ています

ダイエット・健康情報

レシピに関連したダイエットと健康の情報です

肉じゃがのよくある質問

レシピに関連したよくある質問の答えです

肉じゃがとは?
肉じゃが(にくじゃが)とは日本料理のひとつである。豚肉または牛肉、じゃがいも、玉ねぎ、糸こんにゃくなどを醤油、砂糖、みりんで甘煮にしたものである。肉は東日本では豚肉、西日本では牛肉を使うのが一般的である。
肉じゃがの発祥は?

日本海軍
明治時代に、ビーフシチューのレシピを元にして日本海軍で作られた物が起源とされる料理である。栄養価が高く、栄養バランスもよく、またカレーライスと同じ素材を使うために補給の都合がよく、水兵の食事として全国的に導入された。

発祥の地論争
京都府舞鶴市が1995年10月に「肉じゃが発祥の地」を宣言。1998年3月に広島県呉市も「肉じゃが発祥の地?」(最初に宣言した舞鶴市に配慮して"?"をつけた)として名乗りを上げた。(Wikipediaより)

煮くずれさせたい場合は?

沸騰
煮汁は水ではなく熱湯で。だし汁は沸騰させて使います。

温め直す
一度冷ましてから、再び温め直すと煮崩れします。味もよく染みます。

煮崩れさせたくない場合は?
煮込む前に、弱火にして10分間、汁の温度を60〜70℃に保ちます。つまり、煮くずれさせたくない場合は、ぬるま湯で10分煮ます。
煮崩れしない理由は?
じゃがいもを60〜70℃の温度でしばらくおくと、酵素の働きによって細胞と細胞の間にあるペクチンが変化し、細胞間の結合が強まります。このため煮くずれしにくくなるのです。逆に、煮くずれさせたいときにはこの温度帯を通過する時間を短くすればいいのです。
男爵系のじゃがいもなのに煮崩れないことがあるのはどうして?
一般的にメークイーンよりも男爵のほうがでんぷん量が多く、煮くずれしやすいといわれています。ただし、芋によってバラツキもあります。同じ畑で作った同じ品種でもでんぷんの量に違いがあるのです。そのため、男爵でも煮くずれしなかったり、メークインでも煮くずれしてしまうことがあります。
煮くずれ系と煮くずれない系を見分ける方法は?

それを見分けてくれるのが塩水です。水1リットルに塩120gを溶かした食塩水を作ります。じゃがいもの浮き沈みで、煮くずれするかしないかが分かります。

沈む
じゃがいもが沈むのはでんぷんの量が多い芋→煮くずれしやすい。

浮く
浮くのはでんぷんの量が少ない芋→煮崩れしにくい。

男爵とメークイーン、それぞれに向いている料理は?

でんぷんが多い芋はホクホク感が強いが煮崩れしやすく、でんぷんが少ない芋は煮崩れしにくいのが特徴。

男爵
ですから、男爵は粉ふき芋、マッシュポテト、ジャガバター、ポテトフライなど、ホクホクさせたいときに。

メークイーン
一方、しっかり系のメークイーンはカレー、グラタン、煮物など、煮くずれさせたくない料理に向いています。

ほくほくとは?
男爵芋のようにでんぷんが多く、粉をふくようなじゃがいものことをホクホクすると表現します。煮崩れしやすい芋です。
肉じゃがのダイエット料理の工夫は?
油で炒めないことで大さじ1杯約120kcalのカロリーをカットできます。また肉をゆでることで余分な脂肪を落としましょう。牛もも肉薄切りなら約9%のカロリーカットができます。また、低カロリーな糸こんにゃくを加えて芋の量を減らしましょう。
肉じゃがのカロリーは?
このレシピの肉じゃがの1人分のカロリーは227kcalです。
だしで煮る場合は?
このレシピはだしではなく水だけですが(考案者小林カツ代さん)、とってもおいしいのです。出汁で煮たい場合は、二番だしで十分です。だしの取り方をご覧下さい。
肉じゃがの残りで何が作れる?

油で揚げない焼きコロッケを作りましょう。揚げないとんかつも参考にしてみて下さい。

焼きコロッケの作り方

  1. パン粉をフライパンできつね色になるまで炒める。
  2. 油を少し加えて混ぜておく。
  3. じゃがいもはつぶし、その他の具材は細かく刻む。
  4. 炒めて汁気をとばす。種がやわらかいようなら、冷凍かぼちゃを電子レンジでチンして加えると水分を吸ってくれます。
  5. 成形したら、小麦粉をつけ、卵液にくぐらせ、パン粉をまぶす。
  6. オーブントースターで焼く。
皆の好みの肉じゃがは?

ためしてガッテンでは、「好みの肉じゃが」を1270人にアンケート。その結果、好みはバラバラでした。

使う肉
牛5割・豚4割・鶏1割。その他の1割には、合挽肉・ソーセージ・ベーコン・ツナ

煮くずれ度合
煮くずれたい人7割、煮くずれたくない人3割

味つけ
甘辛い味5割、薄味5割

汁ありなし
汁あり5割、汁なし5割

ためしてガッテンの肉じゃがのレシピは?

このレシピはためしてガッテンで紹介された肉じゃがのレシピや情報をもとに、ダイエット用にアレンジしました。

フライパンを使ったレシピ「小林カツ代流 肉じゃが」
フライパンで11分汁なしの肉じゃがを手早く作るには、フライパンを使って「いため蒸し」すること。水1カップという最低限の水で、ふたをしていためることで蒸す効果も!味つけを先にしておくことで、短時間加熱でも、しっかり味を感じられます。汁ありが好きな人は、水の量を2〜3カップにしてください。

材料(4人分)
ジャガイモ(食べやすい大きさに切る)…600g
たまねぎ(くし切り)…1個
牛肉(薄切り)…200g
サラダ油…大さじ1
砂糖…大さじ1
みりん…大さじ1
しょうゆ…大さじ2と2分の1
水…1カップ

作り方

  1. フライパンに油をしき、タマネギをいためる。
  2. 肉を加えていため、砂糖、みりん、しょうゆを順に入れる。ここで全体の味を決めるのがポイント!(肉に先に味をつける)
  3. じゃがいもを平らにのせ、水1カップをいれてふたをする。
  4. 強火で5分後、火を止めて一度上下に返すように混ぜる。
  5. さらにふたをして強火で5分。ここでもう一度混ぜる。
  6. 火を止めてふたをし、5分蒸らせば完成。
じゃがいもの保存方法は?

冷暗所
じゃがいもの保存方法は、「冷暗所」が基本です。やってはいけないのは光を当てること。じゃがいもに光を当てると「ソラニン」という毒が発生するのです。太陽の光だけではなく蛍光灯でも発生するので注意が必要です。

ソラニン
ソラニンのできたじゃがいもはとても苦くなり、たくさん摂ると腹痛や下痢を引き起こします。よく「じゃがいもの芽が毒」などといわれますが、ソラニンは伸びた芽だけではなく緑色に変色したジャガイモの表面全体にできています。逆に芽の部分がへこんでいるだけなら無毒ですから、あまり神経質にえぐる必要はありません。