検索
酢飯の作り方(レシピ) 酢飯の作り方(レシピ)
酢飯の作り方(レシピ) 酢飯の作り方(レシピ)
酢飯の作り方(レシピ) 酢飯の作り方(レシピ)
酢飯の作り方(レシピ)
酢飯の作り方(レシピ)
酢飯の作り方(レシピ)
酢飯の作り方(レシピ)
酢飯の作り方(レシピ)
酢飯の作り方(レシピ)

ガッテン流 | 寿司飯の炊き方・合わせ酢酢飯の作り方(レシピ)

カロリー:
(寿司飯20g)32kcal
準備時間:
5分
調理時間:
10分(炊飯時間や昆布を浸け置く時間を除く)

合わせ酢がおいしい寿司飯の作り方(レシピ)
おいしい酢飯の作り方、ためしてガッテン流です。寿司飯の炊き方のコツは水加減を少なくすること。合わせ酢は煮立てず、ご飯が熱々のうちに酢合わせします。ご飯は切るように混ぜ、酢合わせをした後で冷ませばおいしい寿司飯に!

酢飯(寿司飯)の作り方

  1. 【ポイント1】米は少なめの水で炊く
  2. 【ポイント2】合わせ酢は煮立たせてはダメ
  3. 【ポイント3】ボウルを使い、切るように混ぜる
  4. 【ポイント4】冷ますときは、大皿に移して扇風機で

材料(合わせ酢4合分)

米‥‥4合
酢‥‥70ml
砂糖‥‥40g
塩‥‥20g
昆布‥‥10cm片

レシピ(作り方)

【ポイント1】米は少なめの水で炊く

お米を洗ったら、あとで酢を混ぜることを考えて、水加減は5〜10%ほど減らして炊きます。合わせ酢を吸った時、ちょうどよい堅さになります。普通の水加減で炊くと、酢と合わせた時にご飯が水っぽくなってしまいます。

寿司飯の作り方:水加減は白飯より少なめにし、固めの水加減にする

【ポイント2】合わせ酢は煮立たせてはダメ

砂糖と酢と塩を、とろ火で溶かす
1.酢に砂糖と塩を入れて、とろ火にかけて溶かします。このときのポイントは煮立たせないこと。酢の香りが飛んでしまいます。
溶けたら火を止めてだし昆布を入れ、30分浸け置く
2.溶けたら火を止めてだし昆布を入れて30分ほど置きます。

【ポイント3】ボウルを使い、切るように混ぜること

合わせ酢をしゃもじに伝わせるようにして全体にまわしかける
1.ご飯は炊きあがって10分以内に酢合わせをします。まず、炊飯器のご飯をボウルに移し、合わせ酢をしゃもじに伝わせながら、ご飯全体にかけます。熱々のご飯は酢をよく吸いますが、冷めるとご飯のデンプンが固まって酢がしみ込まず、美味しい酢飯になりません。
ご飯をしゃもじで切るように混ぜる
2.次に、しゃもじで横に切るようにして手早く混ぜます。目標は45秒以内。このとき、うちわは使いません。混ぜながらあおぐと温度が下がり、ご飯が粘ります。また、切るように混ぜることで、やはり粘り気が出るのを抑えます。
【ボウルを使う理由】
素人が最初からすし桶で合わせると、温度がどんどん下がって酢がなじみません。ボウルの方が手早く混ぜられるので、温度が下がる前に合わせることができ、美味しい酢飯になるそうです。

【ポイント4】冷ますときは、大皿に移して扇風機で

酢合わせをしたら寿司桶に移す
1.酢合わせをしたら、すし桶か大皿に移します。ボウルのままでは、底に水分が残ってベチャベチャするからです。
扇風機かうちわで冷ます
2.扇風機かうちわで冷まします。扇風機が便利です。
湿らせたペーパータオルをかけて酢飯の乾燥を防ぐ
3.巻くまでの間は、湿らせたペーパータオルをかけて乾燥を防ぎましょう。
動画:ご飯と酢を混ぜ合わせる様子
ご飯と酢を混ぜ合わせる様子を動画で見る。
手巻き寿司の作り方(ためしてガッテン流)
この寿司飯で手巻き寿司(ためしてガッテン流)を巻いてみて下さい。

マロンのワンポイントアドバイス:うちわであおぐ時は、サッと裏返し下の熱も取りましょう。

握り寿司メーカー
【握り寿司メーカー】
とびだす寿司皿でへいおまち! 楽天でのご購入は→とびだせ! おすし 回転ずしVer パーティーセット♪
パリパリのり切り隊
【パリパリのり切り隊】
海苔が噛み切りやすくなる♪ 楽天でのご購入は→★当店イチオシ★《メール便で送料無料》パリパリのり切り隊
手巻き寿司セット
【手巻き寿司セット】
サーモンの専門店!大きくてジューシー♪ 楽天でのご購入は→★手巻き寿司セット イクラ、筋子など6点盛り 送料無料

おすすめコンテンツ

サイト内の他のレシピや関連情報もご覧ください。

ユーザーレポート

投稿をお願いします!作ってみた感想、工夫してみたこと、ご提案、エピソードなどぜひ教えてください!この欄に掲載させていただきます。マロンと一緒においしいレシピを完成させましょ〜♪\(^▽^)/

お名前(ニックネーム)*
メールアドレス*
お料理名*
メッセージ*

おすすめコンテンツ

サイト内の他のレシピや関連情報もご覧ください。

関連レシピ

このレシピを見た人はこんなレシピも見ています

ダイエット・健康情報

レシピに関連したダイエットと健康の情報です

寿司飯をおいしく作るワザ

ためしてガッテンで紹介されたプロの職人技

酢合わせは、炊きたて10分以内の熱々ご飯が鉄則
プロの職人の寿司飯は、お米の中まで酢がしみ込んでいるためにおいしいのです。ポイントは酢合わせの温度。炊きたてで熱々のご飯は、表面から内部に向かって網目があり、ここを通って酢がしみ込んでいきます。ところが冷めたご飯は、表面の編み目がかたまったデンプンでふさがれてしまし、酢がしみ込んでいかないのです。
酢合わせはボウルで、水分を飛ばすときはすし桶で

酢がなじんだおいしい寿司飯にするためには、温度が下がる前に手早く合わせる必要があります。プロの職人さんならすし桶を使いこなせますが、素人は簡単に合わせられるボウルを使うことをおすすめします。

ガッテンで研究したところ、一般の人にすし桶を使って寿司飯を作ってもらったところ、混ぜ終えたときのご飯の温度は48℃。一方、ボウルを使ったときは66℃でした。ただし、そのままでは余分な水分が残っており、ベタベタの原因に。合わせたあとは、すみやかにすし桶か大皿に移して広げ、扇風機かうちわを使って余分な水分を飛ばします。