カレー鍋の作り方・動画付き(おいしい具材&出汁)−ダイエット料理レシピ

ダイエット料理レシピ集
種類別主な項目 > 和食 >
カレー鍋の作り方・動画付き(おいしい具材&出汁)

和風だしとカレー粉で作るカレー鍋の作り方(レシピ)

カレー鍋の作り方、動画付きです。スープを最後の一滴まで飲みたくなるおいしいカレー鍋です。ポイントは、昆布とかつお節の和風出汁とカレー粉のスパイスの風味。サラッとしていて、具材たっぷりでもヘルシーなカレー鍋です。
(3人分)
カレー鍋の作り方・動画付き(おいしい具材&出汁) だし‥‥1200cc
牛もも薄切り肉‥‥100g
豚もも薄切り肉‥‥100g
ウインナー‥‥6本
餃子‥‥9個
白菜‥‥1/4株
水菜‥‥1束
玉ねぎ‥‥1個
長ねぎ‥‥1本
えのき茸‥‥1袋
糸こんにゃく(しらたき)‥‥1袋
油揚げ‥‥1枚
上写真:豚肉、牛肉どちらもおいしいよ
下写真:カレー鍋で温まろう!
豆腐‥‥1/2丁

【調味料】
カレー粉‥‥大さじ3
醤油‥‥大さじ3
みりん‥‥大さじ3
鶏ガラスープの素‥‥大さじ1
ケチャップ‥‥大さじ1
ヨーグルト‥‥大さじ1

【水溶き片栗粉】
片栗粉‥‥大さじ1
水‥‥大さじ3

まずはカレー鍋の完成動画をご覧下さい。


● カレーの関連レシピ

本格インドチキンカレーの写真本格インドチキンカレー
マサラチャイの写真マサラチャイ
パンプキンカレーの写真パンプキンカレー
ほうれん草カレーの写真ほうれん草カレー
夏野菜のスープカレーの写真夏野菜のスープカレー
芋煮の残りで作るカレーうどんの写真芋煮の残りで作るカレーうどん
カレーうどんの写真カレーうどん
レストランカレーの写真レストランカレー

● 鍋の関連レシピ

醤油ちゃんこ鍋の写真醤油ちゃんこ鍋
塩ちゃんこ鍋の写真塩ちゃんこ鍋
一番だしの取り方の写真一番だしの取り方
牛しゃぶ鍋の写真牛しゃぶ鍋
豚しゃぶ鍋の写真豚しゃぶ鍋
塩麹豚しゃぶ鍋の写真塩麹豚しゃぶ鍋
コンビニおでんの写真コンビニおでん
トマト鍋の写真トマト鍋
ふぐちりの写真ふぐちり
水炊きの写真水炊き
石狩鍋の写真石狩鍋
キムチの写真キムチ鍋
モツ鍋の写真もつ鍋
圧力鍋で作るもつ鍋の写真圧力鍋で作るもつ鍋
湯豆腐の写真湯豆腐
とろとろ温泉湯豆腐の写真とろとろ温泉湯豆腐
かにすき鍋の写真かにすき鍋
芋煮の写真芋煮

カレー鍋のダイエットヒント


市販のカレールーは高カロリーです。カレー粉を使いましょう。詳しくは


肉はゆでて余分な脂肪を落としましょう。詳しくは


カレー粉の香辛料が血行を良くして体温を上昇、発汗を促して体脂肪を燃焼します。詳しくは


赤身肉は脂肪が少なく、L-カルニチンが豊富で脂肪燃焼効果が高い。詳しくは


キノコキトサンが豊富なえのき茸は、鍋料理の脂肪やコレステロール対策に最適のきのこ。詳しくは
  1. 一番だしでも二番だしでもいいので、かつおと昆布のおいしいだしをとって下さい。水1500ccと、昆布15g、花かつお30gでだしをとると1200ccくらいの量のだしがとれます。最後まで汁を飲みたくなるようなおいしいカレー鍋を作る最大のポイントです。詳しいレシピはだしのとり方をご覧下さい。
    カレー鍋の作り方

  2. 豚肉と牛肉は半分に切る。
    豚肉と牛肉を食べやすい大きさに切る

  3. 熱湯にくぐらせて、肉の臭みと余分な脂分を取っておく。豚もも肉で24%、牛もも肉で9%のカロリーカットができます。
    熱湯にくぐらせて臭みと余分な脂肪をとる

  4. 油揚げは熱湯をかけて油抜きをし、横に1cm幅に切る。
    油揚げに熱湯をかけて油抜きする

  5. 糸こんにゃくはゆでて臭みを抜く。
    糸こんにゃくはゆでる

  6. 1/2丁の豆腐を4等分に切る。
    豆腐をやっこに切る

  7. えのき茸は石づきを切り落としてほぐしておく。
    えのき茸をほぐす

  8. 長ネギは1cm幅の斜め切り。
    長ネギを斜め切りする

  9. 水菜は根っこを切り、3等分する。
    水菜は3等分する

  10. 白菜は3cm幅に切る。
    カレー鍋の具材はキャベツより白菜が合う

  11. 玉ねぎは縦半分に切り、繊維と直角の方向に1cm幅に切る。
    玉ねぎを1cm幅に切る

  12. 鍋にだしを入れ、煮立てる。
    昆布とかつおだしを煮立てる

  13. カレー粉、醤油、みりん、鶏ガラスープの素、ケチャップ、ヨーグルトを入れてよく混ぜる。
    カレー粉や醤油、みりんで調味する

  14. 片栗粉を水で溶き、鍋に入れて薄めのとろみをつける。(片栗粉1:水3の割合)
    水溶き片栗粉でカレーに薄いとろみをつける

  15. 肉などの具材や水菜以外の野菜を入れて煮る。
    火が通るまで肉や野菜の材料を加えて煮る

  16. 最後に水菜を加え、サッと火を通したら完成。
    最後に水菜を加える

  17. 煮えたものから、スープごと器に取り分けていただく。

    カレー鍋の作り方の全工程を動画で見る。

  18. カレー鍋の最後のしめは、ラーメンがおすすめです。固めにゆでた中華麺を残り汁に入れて一煮立ちさせる。
    カレー鍋のしめはラーメンがおすすめ

    カレー鍋の最後のしめのラーメンを動画で見る。

  19. 【カレー鍋のよくある質問】

    カレー鍋とは?
    カレー鍋とは、カレー味のスープを使った鍋料理。具材にこれといった決まりはありません。ポイントは和風だしのうまみとスパイスの風味。かつお節と昆布でとった出汁にカレー粉を加え、みりんや醤油を加え、水溶き片栗粉で薄くとろみをつけます。そこに肉や野菜などお好みの具材を入れて煮込みます。最初はサラッとしていますが、煮込むにつれ、具材から引き出された旨みとだしが溶けあってコクと旨みを増します。だしやしょうゆの味が利いた、まろやかな味の和風カレー鍋です。

    カレー鍋の始まりは?
    兵庫県姫路市に本店のある「伝心望」でもともと従業員のまかない料理でしたが、好評だったことから店のメニューに加えられたといいます。

    だしは何を使ったらいいの?
    だしは何を使ったらいいの?鰹ぶしと昆布でとった和風だしをベースにして、つくねや骨付き肉を加えて鶏だしにしたり、魚介類の旨みを加えてもおいしいです。

    カレー鍋のカロリーは?
    1人分622kcalです。しめで入れる中華麺のカロリーは、1玉重さ120gで337kcalあります。

    ゆでると肉の脂肪はどれくらい落ちるの?
    今回使用した肉は、もも肉といっても脂肪が倍以上多い肉でした。冷めてから固まった脂肪を計ると17gありました。カロリーにして約156kcal。
    一般的には、ゆでることによって豚もも肉100g183kcalは、139kcalに落ちて、24%のカロリーカット。牛もも肉100gは209kcalが190kcalに落ちて9%カロリーカットできるそうです。カレー鍋専門店では、肉はしゃぶしゃぶのようにして食べますが、ダイエット中の人はやはり下ゆでしてから食べた方が安心です。
    カレー鍋に入れる肉はゆでて脂肪を落とす

    具材は他に何を入れたらいい?
    カレー鍋専門店で食べたときは、他にもやし、餅きんちゃく、つくね、うずら卵、エリンギ、しめじ、しいたけなどもトッピング材料としてメニューにありました。つくねは鶏のおいしいだしが出るので、多くのカレー鍋レシピで使われています。

    カレールーを使ってカレー鍋を作る方法は?
    だし汁、みりん、醤油でスープを作り、その中にカレールーをピーラーで薄く削りながら入れます。サラッとしたスープが特徴なので、入れ過ぎに注意します。カレールーが多すぎると普通のカレーになってしまいます。

    夏に食べてももおいしい?
    カレー鍋は、夏にビールを飲みながら食べるのもまたおいしいです。

    このレシピをYahoo!ブックマークに登録 このレシピをYahoo!ブックマークに登録

最後の一滴までスープがおいしいカレー鍋の作り方:ユーザーレポート

▼ 作ってみられた感想や工夫したことなど教えてください!投稿はこちらから!

投稿をお願いします!作ってみた感想、工夫してみたこと、ご提案、エピソードなどぜひ教えてください!この欄に掲載させていただきます。みんなでおいしいレシピを完成させましょ〜♪\(^▽^)/

お名前:

メールアドレス:

お料理名

メッセージ:

元祖カレー鍋‥‥「伝心望」のカレー鍋がついに登場!




● おいしい物いっぱい!お買い物ページへ →

コンソメより鶏ガラスープの素があいます。大さじ1杯位しっかり入れた方がおいしくなります。
レシピを印刷


ホーロー土鍋‥‥レシピで使った写真と同じもの。IH対応!




A4サイズの紙にレシピを印刷できます。
トップ | ブログ | 種類別検索 | 食べたい時別検索 | ダイエットページ | 食べある記 | お買いもの | お問い合わせ

Copyright © 2005 marron-dietrecipe. All Rights Reserved.     免責事項Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録  Hatenaブックマークに追加